[CML 015506] 3/8(木)原子力資料情報室公開研究会「原子力規制庁のありかたを問う」のご案内(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 3月 6日 (火) 05:20:18 JST































紅林進です。
 
4月に設立されることになっている「原子力規制庁」の在り方
が問題になっておりますが、その問題を問う「原子力情報室」
の公開研究会が明後日3月8日(木) に総評会館にて開催
されますので、そのご案内を転載させていただきます。
 
先ほどやはりご案内を転載させていただいた「福島農家の
“今”に触れる〜福島視察・全国集会事前勉強会」と開催
日時が重なってしまいますが・・・。 
 
 
(以下転載)
 
原子力資料情報室 連続公開研究会
福島第一原発事故から1年

福島第一原発事故から1年が経とうとしています。事故の「収束」宣言が
大きな疑問となるなか、4月には「原子力規制庁」が設立されようとして
いますが規制能力や独立性・透明性をどのように確保してゆくのか、
厳しく問われています。一方で、電力会社は電力不足や価格上昇への
不安を煽り運転再開への世論づくりを進めようとしています。

原子力資料情報室では3つのテーマで公開研究会を開催します。
ぜひご参加ください。

(第75〜77回 原子力資料情報室公開研究会)

【機杆胸厠狼制庁のありかたを問う

日時:2012年3月8日(木) 午後6時30分〜9時

会場:総評会館 2階 204会議室

講師:竹村 英明さん(環境エネルギー政策研究所顧問)
   西尾 漠(原子力資料情報室 共同代表)



【供枴‥臑莪豸業事故 わかっていること、わかっていないこと

日時:2012年3月15日(木) 午後6時30分〜9時

会場:総評会館 2階 201会議室

講師:上澤 千尋(原子力資料情報室)



【掘杆業がなくても電力は足りる−廃炉への道

日時:2012年3月22日(木) 午後6時30分〜9時

会場:総評会館 2階 201会議室

講師:飯田 哲也さん(環境エネルギー政策研究所所長)
   山口 幸夫(原子力資料情報室 共同代表)


資料代:各回1,000円

・予約は不要です。原子力資料情報室会員以外の方もご参加いただけます。

・各回とも原子力資料情報室によるインターネット中継を予定しております。
 中継画面: http://www.ustream.tv/channel/cnic-news

・取材をご予定の際は事前にご連絡ください。

会場:総評会館2階
http://www.sohyokaikan.or.jp/access/
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
JR中央線・総武線 御茶ノ水駅
聖橋口より徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅
都営地下鉄新宿線 小川町駅
B3出口


主催:特定非営利活動法人 原子力資料情報室
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8番5号 曙橋コーポ2階B
TEL.03-3357-3800 FAX.03-3357-3801
[Email] 
http://www.cnic.jp/

 
 
 


CML メーリングリストの案内