[CML 015493] ◆(再送)「私はこうして冤罪を作りました」元“暴言検事”が実名告白:著者 市川寛(弁護士)

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2012年 3月 5日 (月) 21:04:31 JST


(CML送信では,かなり削り、全体を短くしております) 

 nakata です。
メールをいつもありがとうございます。

  下記
 (転送拡散歓)
■------------------------------------------------------------------------------------■
  ◆「私はこうして冤罪を作りました」元“暴言検事”が実名告白。2月27日発売。
  ●検察庁の内部・教育体制を暴く、“冤罪加害者”による衝撃ノンフィクションが登場。
■------------------------------------------------------------------------------------■
 ● 著者 市川寛(弁護士、元検事)@TriggerJones42氏のツイートとみなさんのRT。
【togetter でまとめられた 下記ツイート】少量抜粋ご紹介です。 

★↓下に行くほど新しいツートです。郷原信郎さん、
  八木啓代nobuyoyagi さん、キャスターの長野智子nobuyoyagi さんなど、他皆さんツイート。
すごい内容もあります。慣れないと読みにくいと思います、どうぞ流し読みください。

 (貼り付け開始)
**************************************************************************
【togetter でまとめられた ツイート】

▲「著者 市川寛(弁護士、元検事)@TriggerJones42氏のツイート、RTを中心にまとめました
-----------------------------------------------------------------------------------------------
★『検事失格』 市川 寛 著   (毎日新聞社刊)

内容紹介
「私はこうして冤罪を作りました」元“暴言検事”が実名告白。
検察庁の内部・教育体制を暴く、“冤罪加害者”による衝撃ノンフィクションが登場!
誰もが待っていた「本当の検察本」。
刑事裁判有罪率99%の裏側。
小沢氏の裁判の行方が注視される中、メディアには決して伝えられない、
不当逮捕・違法捜査が生まれる真の理由が明らかに。

私たちには真実を“知る権利”があり、すべての冤罪被害者のために“知る義務”がある

----------------------------------------------------------------------------------------------
拙著「検事失格」(毎日新聞社刊)は、27日には東京高裁・地裁地下の書店と弁護士会館地下の書店にも並ぶそうです(厚かましい宣伝すみません・・・)。
TriggerJones42 2012/02/24 

270位に!RT @massa27: 現在449位! RT @nobuyoyagi: すげえ RT @massa27: @TriggerJones42 『検事失格』、まだ予約段階のアマゾンで早くもトップ1000入りしているではないの。 http://t.co/WeCUtYWs
sig_horie 2012/02/24 


それにしても凄いタイミング。「市川検事」が上司に命じられたことは、検察2.26事件の最前線で虚偽公文書突撃をさせられた田代検事と同じ。 RT @TriggerJones42 25日には都内の主な書店、27日はその他の地域の書店にも並びます。 拙著「検事失格」(毎日新聞社刊)
返信する RTする ふぁぼる 
nobuogohara 2012/02/24 

--------------------------------------------------------------------------------
「小沢氏公判での証拠却下決定、注目すべきは、虚偽公文書作成の犯意と偽証の認定、特捜部の組織的な不当取調べの認定」と題して、ツイブログにまとめました。⇒http://t.co/aEd5ek4L
返信する RTする ふぁぼる 
nobuogohara 2012/02/17 

私も、今回明らかになった事実経過に照らせば、小沢公判は、公訴棄却で終わらせるのが相当だと思います。現時点では材料不足ですが、虚偽の捜査報告書に加えて、審査補助弁護士の証人尋問を行えば、公訴棄却の判断の根拠が得られるのではないかと思います。@crusing21 @ffmatrix
返信する RTする ふぁぼる 
nobuogohara 2012/02/21 

「虚偽報告書」の検事聴取 小沢氏公判、立件可否判断へ http://t.co/4HbABEyN 風雲急を告げてきたな。
返信する RTする ふぁぼる 
TriggerJones42 2012/02/24  


市川寛著『検事失格』:来週から発売。著名な?ヤメ検。我が会のシンポで昨年爆弾発言をして爆発的に受けました。その検事時代を赤裸々に実録。こうして冤罪は作られる、がよく分かります。道具を使った物理的拷問をしないだけで、戦前の特高とほとんど同じ。http://t.co/XQUUfrRG
yasushi61 2012/02/24  


検察当局が、田代検事やその上司への事情聴取を開始し、できるだけ早期に事実を解明して刑事立件の可否を判断との朝日新聞の報道。いよいよ動き出した。逮捕者が出るか注目だ。−−「虚偽報告書」の検事聴取 小沢氏公判、立件可否判断へ(朝日新聞)http://t.co/ObI4tfto
返信する RTする ふぁぼる 
crusing21 2012/02/24 


私は田代検事と同じ職場にいたことがあり、彼の優れた能力も円満な人となりも知っています。彼を「つぶした」特捜部、検察庁には「おれの可愛い後輩になんてことをしてくれたんだ」と言ってやりたい。でも、それがかつての自分の過ちを弁護しているように受け取られるから二重に苦しいのです。
返信する RTする ふぁぼる 
TriggerJones42 2012/02/25 

本が出たらこのように袋叩きに遭うことは先刻承知しておりました。私は検察庁という組織にしか所属したことがないので検察庁について書きましたが、「組織人」にはそれなりに普遍的な現象ではないかと思って書いたつもりでもあります。
返信する RTする ふぁぼる 
TriggerJones42 2012/02/25 

@TriggerJones42 本は買うつもりです。これからも、本を出したり、ツイッターでさえずったり、どんどんやって欲しいです。ただし、マイナスと思われる意見もじっくりと聞いて欲しいです。
返信する RTする ふぁぼる 
papillon234 2012/02/25  

拙著に対しては、圧倒的にご叱責、ご批判が多かろうと覚悟しております。ですからそのようなご意見もありがたく頂戴するつもりです。ただ、宣伝でもなんでもなく、お読みにならずしてのご意見は勘弁していただきたいのです。
返信する RTする ふぁぼる 
TriggerJones42 2012/02/25 


ザ・スクープで顔と名前を公表し、被害者に謝罪をした。検察という組織に身を置いた中、そんな勇気と自分のしたことへの責任をもった元検事はかつていなかったと私は敬意を持ってます。“@TriggerJones42: 拙著をお読みいただかずしてのご意見なら一切。RT @hiyochann
返信する RTする ふぁぼる 
nagano_t 2012/02/25 


@TriggerJones42 はじめまして、私は検察志望の大学1年生です。市川先生の著書『検事失格』を読ませていただきました。先生は、「僕は検事になるべきではなかった」と書かれていますが、私は先生のような「良心に基づき悩むことができる」人こそが検事になるべきだと思います。
返信する RTする ふぁぼる 
tarorin38 2012/02/25 

「検事失格」大阪地検時代までを読了。検察修習前の修習生や検事志望者こそぜひ読むべき一冊。
返信する RTする ふぁぼる 
chuben_ben 2012/02/26 

拙著を偶然手にとって読んでくれた大学の後輩からメールをもらいました。 (cont) http://t.co/WSK8xEeT
返信する RTする ふぁぼる 
TriggerJones42 2012/02/26 

「検事失格」という本を出すことを助言したのは私ですが、大変な決断と辛い執筆だったと思います。昨日のツイートを見るとよくわかります。よく頑張りました。RT @TriggerJones42 拙著を偶然手にとって読んでくれた大学の後輩からメール http://t.co/fX7V3r2k
返信する RTする ふぁぼる 
nobuogohara 2012/02/26 

弁護士・市川寛さんのノンフィクション『検事失格』が届く。おや、毎日新聞社の刊行なんだ。市川さんが「検事失格」となった事情については、昨年、明治大学での検察問題シンポジウムにご本人が出席したときに聴いた。衝撃的な告白でしたね。
返信する RTする ふぁぼる 
sasakijoh 2012/02/26 

帯から。「私はこうして冤罪をつくりました」「特別公務員暴行陵虐罪をやるんだよ!」「割れ! 立てろ!」「やくざと外国人に人権はない!」 市川寛『検事失格』は毎日新聞社、1,600円。
返信する RTする ふぁぼる 
sasakijoh 2012/02/26 08:38:05 

 木谷明元裁判官 最終講義「強すぎる検察(「検察官司法」)と裁判員制度」 http://t.co/3RU7FcNs 目下、使い物にならなくなっている頭で拝読したが、それでも感じ入るものが多々あった。
返信する RTする ふぁぼる 
TriggerJones42 2012/02/26 18:22:30 

木谷「(前略)刑事事件の判断などバカでもできる。そう言われてきた。」←これは検察内部で、捜査畑の上司が公判検事に対しても言っていた言葉です。「公判なんかバカでもできる」。私はこういう「捜査検事が偉いんだ」という検察庁が嫌いだったのです。
返信する RTする ふぁぼる 
TriggerJones42 2012/02/26 

木谷「321条1項2号後段の特信性判断について、現実は、証言と調書が食い違った時点で簡単に特信性を認め、調書を採用する。許されるべきはない。」←研修所刑事弁護教官の言葉「反対尋問に成功すればするほど検事調書が出しやすくなるのはどういうことだ!」。今でも忘れません。
返信する RTする ふぁぼる 
TriggerJones42 2012/02/26 

市川寛「検事失格」(毎日新聞社)ゲット。これは凄まじいね。被疑者への暴行の武勇伝を語る刑事部長や「これはお前の調書ではない。俺の調書だ。署名しろ。」という決め台詞とか。検察怖すぎ。
返信する RTする ふぁぼる 
kamatatylaw 2012/02/27 

「起訴した検事が検察庁の幹部になっているから絶対に無罪にはできない」という行動原理があるのだね。
返信する RTする ふぁぼる 
kamatatylaw 2012/02/27 

「殺してでも割ってやる」「こいつがぶっ倒れるまで怒鳴ってやる」という気持ちで狂犬のような拷問を続けたら警察の捜査担当者から「あそこまでやる検事さんを見たのは何年ぶり」とほめられたくだりは凄まじい。
返信する RTする ふぁぼる 
kamatatylaw 2012/02/27 

佐賀市農協背任事件の捜査の大罪は次席と検事正なんだね。捜査した検事全員が不起訴を主張するのに「否認している奴を不起訴にするわけにはいかない」と述べ,勝手に起訴状を書いて決済印まで押して,市川元検事に署名させたのか。
返信する RTする ふぁぼる 
kamatatylaw 2012/02/27 

市川寛「検事失格」読了。検察庁は,現場が上に「ダメなものはダメです」と正直に言える組織に変わらないと,災厄に見舞われると述べているね。久々に度肝を抜かれてしまいましたよ。
返信する RTする ふぁぼる 
kamatatylaw 2012/02/27 

佐賀市農協背任事件の全責任は、被疑者にとてつもない暴言を吐いて自白を強要した上、起訴した私が負います。ただ、「言い訳」でなく、「事実」を伝えたいというのが該当部分の主眼です。
返信する RTする ふぁぼる 
TriggerJones42 2012/02/27 

裁判官が判決について弁明しないのと同じく、本来なら本を書いた以上、それについて弁明するのは人間のやることではありません。ですが、私は現在、あの事件について一切「責任逃れ」をするつもりはありません。お見苦しいツイートをお許し願います。
返信する RTする ふぁぼる 
TriggerJones42 2012/02/27 

市川寛さんの「検事失格」、当会のシンポジウムがきっかけで出版の運びになった本とあって、執筆段階から一部は読ませていただいていた。なぜ検察がいまみたいなことになったのかがわかるだけではなく、単に検察問題だけではない「組織と人間」の問題を考えるのに重要な1冊。広く読まれるべきと思う
返信する RTする ふぁぼる 
nobuyoyagi 2012/02/27 

市川寛弁護士(元検事)著、「検事失格」裏話。1.「市民の会」於:明治大学シンポ出席がキッカケ。著書タイトル名づけ親は岩上安身さん。(八木啓代さんのメールより)
返信する RTする ふぁぼる 
impulse92 2012/02/27 


ああ、刑裁起案の、「「証拠が完全でなくても、めげることなく果敢に有罪を認定する力」を養うのがこの科目の目的に感じられた。」というのは、わかるなぁ。
返信する RTする ふぁぼる 
terayasan 2012/02/27 

市川寛さんが、「検事失格」のあとがきで、佐賀農協事件の副島さんの著書「いつか春が」を紹介しておられるのに、心打たれた。なかなか出来ないことである。(続)
返信する RTする ふぁぼる 
1961kumachin 2012/02/27 

(続)「いつか春が」は、刑事司法に素人の人が書いたにしては、本当によく書けている。市川さんがカミングアウトする前の本だが、副島さんは起訴を決定した会議で、検事正と次席以外は起訴に消極だったことまで突き止めて、本に盛り込んでいる。もちろん、情報源は市川さんではない。
返信する RTする ふぁぼる 
1961kumachin 2012/02/27 

書籍は年に数冊しか買わない自分が読みたい、いや今読まなければいけないと思う書に出会えた気がする。『検事失格』市川 寛 著( @TriggerJones42 ) 目次内容を見ただけでも想像出来る、悪しき組織権力集合結社的な検察庁。 http://t.co/ZkN6D77X
返信する RTする ふぁぼる 
takagamitsutomu 2012/02/27 

自身,検察修習では貴重な体験をさせてもらったという感謝の気持ちはある。市川先生は修習中身柄事件を担当されなかったようだが,自分は,身柄事件も担当した。この身柄事件を捜査した体験は,「検察の考え方」を学ぶいい機会だった。(続く)
返信する RTする ふぁぼる 
terayasan 2012/02/28 00:57:06 

(続き)その身柄事件は,送致直後から自分が担当した。詳しくは言えないけれど,送致事実自体は,まあ修習生にやらせる程度の軽いものだった。しかし,捜査を進めていったら,送致事実とは全然違う,組織的犯罪に。しかも,銀行の取引履歴を調べたら,他の検事が現在捜査中の被疑者の名前が。(続く
返信する RTする ふぁぼる 
terayasan 2012/02/28 01:04:50 

(続く)結局,行方不明の共犯者の分まで捜査して,行方不明のまま共同正犯で起訴できるよう警察と相談しながら裏をとり,指導担当検事,部長,次席,検事正の決裁をもらいに行って起訴。後日,指導担当検事からは「すまん,蓋を開けたら新任明けの検事の腕試しにやるような事件だった。」と言われた。
返信する RTする ふぁぼる 
terayasan 2012/02/28 01:13:52 

色々ときつかったが,他の修習生よりも多くのことを体験できたという意味では,とてもよかった。起訴した日,指導担当検事や部長から検察にならないかと勧誘を受けたが,もちろん,なる気はゼロだった。あんな組織であんなこと毎日やってられるかーーw
返信する RTする ふぁぼる 
terayasan 2012/02/28 

自分の実務修習同期で,検事志望は当初10人を超えていたが,検察修習を終えた後,検事志望は軒並み進路を変更したw
返信する RTする ふぁぼる 
terayasan 2012/02/28 

「検事失格」読了。これを書ききるのは途轍もない勇気がいったのではないかと思います。
返信する RTする ふぁぼる 
chuben_ben 2012/02/27  

『検事失格』一気に読了。ここまで読ませるのは、私が弁護士だからなのかしら? 要反芻。心に残ったシーンは、ギリギリまで示談を待って不起訴にしたところと、最後の検事正との対話。著者市川弁護士@TriggerJones42は、もっとお若い方かと勝手に勘違いしていました。
返信する RTする ふぁぼる 
kyoshimine 2012/02/28 


元検事の市川寛弁護士から著書「検事失格」を頂きました。佐賀地検で取り調べ中に暴言を吐き、自白を強要。検事を辞めてから当時の関係者に謝罪したという市川弁護士。なぜ暴言を吐いたのか、冤罪被害者が出るのか、インチキ検察の内情がよくわかった。 http://t.co/qH3QlxPj
返信する RTする ふぁぼる 
maido_osaka 2012/02/28 

市川寛先生(元検事)は,寺西判事補事件の寺西判事と,同期なんですね。
返信する RTする ふぁぼる 
hKodama 2012/02/28 

よく覚えていらっしゃいますね。そのとおりです。RT @hKodama 『検事失格』を読んでいて、当時放送されていた「きょうの出来事」見ていたのを思い出した。確か、カメラに追われてたときは、ベージュのトレンチコートだった気がする。(RT者の略あり)
返信する RTする ふぁぼる 
TriggerJones42 2012/02/28 

@triggerjones42 すっかり忘れていたのですが,読んでいて,あーーっと映像がよみがえってきました。おだいじにされてください。
返信する RTする ふぁぼる 
hKodama 2012/02/28  

検事失格を読んでいて思った事。これこそ芝居、ドラマにしたら面白い。こういう事を、もっと一般国民は知らなければいけない。検察庁は一度起訴された被疑者が、仮に無関係だったとしても無罪にする気など全く無いという真実を。
返信する RTする ふぁぼる 
hironobu_fumi 2012/02/28 

拙著をドラマにしたら、冤罪被害者の方々が気の毒にすぎると思います・・・おっしゃりたい意図は理解しておりますが。
返信する RTする ふぁぼる 
TriggerJones42 2012/02/28  

--------------------------------------------------------------------------------
ログ・日記 メモ 
警察は告訴状を受け取らない 弁護士らのつぶやき 
@o2441 弁護士
@TriggerJones42 弁護士(元検事)
@terayasan 弁護士
@hKodama 弁護士
@Yu_TERASAWA ジャーナリスト
twitterプロフィールから引用

**********************************************************************


CML メーリングリストの案内