[CML 015467] Re: 君が代・日の丸について

hagitani ryo liangroo at yahoo.co.jp
2012年 3月 4日 (日) 23:24:58 JST


佐藤さん、萩谷です。
 おっしゃることは、私の日頃思っていることと重なる点がいろいろあります。
 
 まず、どんなにけっこうなものでも、強制は困ります。
 とくに、日本は人権意識の低さが際立つ国なので、いけません。
 がんらい東洋人はネガティヴなのですが、日本はそれが江戸時代から明治時代
にかけて極端になりました。国を閉ざし、強大な支配者のもとで暮らし たため
でしょう。
 私は、日本の支配階級は、まさにこの強制、そして卑下と遠慮の文化を尊びた
く、それを人々に、なかんずく女性に押しつけたいのだと思っていま す。だか
らなおさら許せません。
 
 国旗が国籍識別のためにあるという限りにおいては、日の丸は優れたデザイン
です。覚えやすく、目立つからです。私は以前、日の丸はよくないと決 めてい
たのですが、ある女性から「あれって、ほんとはデザインとしてはよくできてる
よね、私は人前じゃ言わないけど」と言われて、目が開けたので す。フェミニ
ストの女性でした。
 でも、掲揚して遙拝するというのは、いただけません。
 ここは1960年代に西欧の宗主国から独立を勝ち取ったアフリカの旧植民地
ではないのですから、国の独立と国民の団結を確認して感動にひたる必 要はあ
りません。
 それにアフリカの人たちは、その反面で自由なさばけた考え方をもっていて、
権利の意識もちゃんともっていると思います。アフリカは戦争貧困飢餓 エイ
ズ、なんていう見方は貧しいものです。
 アフリカの話をするのがメインではないので、あまり説明できなくて残念です
が、そのうち個人ブログに書きます。
 ともかく、日本人は国旗を掲揚、遙拝する必要はないと私は思います。
 
 西洋の大国はみな、他の小国を支配してきた歴史をもっていますから、彼らも
自分達の旗を恥じるべきです。ユニオンジャック、星条旗、三色旗な ど、みな
血塗られた旗で、日の丸どころではありません。
 カトリックの人には申し訳ないが、天皇よりローマ教皇のほうがずっと悪で
す。日本の進歩派は、こういうところで、権威主義的なそらぞらしさを感 じさ
せる、と私は思います。

 君が代は、もとは雅楽ののんびりした歌だったのですが、明治に入って、2つ
の変化を被りました。
 ひとつは、西洋人の音楽家に頼んで和音をつけたことです。西洋の歌は長調な
らドかソで始まってドで終わるのが普通なので、和音もそれに合わせて あるの
ですが、君が代はレではじまって終わりもレだから、その西洋人はしかたなく、
始まりの2小節と最後の2小節には和音をつけませんでした。途 中のところに
つけた和音は、私はよく出来ていると思いますが、重々しい威圧的な曲想になっ
たことは否めません。もっとも、あれを聴くと落ち着くと 言う人もいて、そう
いうひとが保守的とかぎったものでもありません。そして、私たちの感覚には、
この和音のついた君が代が完全にしみこんでいま す。一度、中学の先生が全然
ちがう近代風の和音をつけて、問題になったことがありますが、こういう試みを
もっとみんながしたらいいと思います。

 歌詞も明治時代に変わりました。もとは和漢朗詠集のなかの歌だそうで「我が
君は千代に八千代に」と言っていたのでした。千年も万年も行きたい わ、とい
うことですね。この「我が」が、個の自己主張になるから、明治政府の意図に合
わなかったのでしょう(この推測、おかしくないですよ ね?)。それで「君が
代は」にしてしまったのです。我が君なら、恋人のことです、と言ってもおかし
くないが、「君が代』と言ったら、「主君の治世 は」という意味になってしま
います。
 これはあきらかに天皇を考えた改変です。だから、主権在民の国にはふさわし
くないという左派の批判はその通りだと思います。

 以上、特定の政治的立場を離れて検討してみました。左翼の音楽家がこの歌を
純粋に音楽的に検討しようとせず、はじめに非難の結論ありきで、罵倒 すると
か、あるいは左翼の人が、私が『日の丸のデザインは」と言ったとたんに「あん
なのがデザインですか、ただの丸だけで」なンていうのを聞くの は、情けない
です。日の丸は立派なミニマリズムのデザインです。良いか悪いかは別ですよ。
それと、戦争でひどい目にあった韓国の人などが日の丸を 見て吐き気を催すの
は自然なことですが、日本人がそれに合わせることもないような気がしま
す・・・もっとも私だって、アフリカの人に、あんまりお いしくもないもの
を、どうだい、おいしいかい?なんて言われて、うん、うまいよ、なんて言って
るうちに、ほんとにおいしいような気になったりしま したけど・・・

 君が代については、ミニ落語を作りましたので、お読みいただければ光栄です。
http://blogs.yahoo.co.jp/liangroo/folder/271073.html?m=lc&p=3
 長くなりすみません。
 
 


(12/03/04 22:45), Sato Keyko wrote:
> 君が代・日の丸にかかわる裁判で、私が感じる違和感ついて考えてみます。
>
>
> 私は、君が代については、作曲は確かに明治時代に応募で選ばれたものだそう
> ですが、
>
> 歌詞は古来から謡われてきたものと認識していますので、その内容がそんなに
> おかしいとは
>
> 思いません。日の丸についても、デザイン的には良いと思っています。
>
>
> ただ、これが強制されるとなると我慢はできません。強制されたら拒否するし
> かありませんが
>
> 強制されなくても、今の状態だと、この歌や旗に嫌な思いをすることがあるわ
> けですから
>
> 誇りを持って、日本の歌です、国旗ですとは言えません。
>
>
> あの戦争を国民的視点で総括して来なかった付けが何時までも続いているのだ
> と思います。
>
>
> 一つは、戦争を庶民の立場で総括をし責任を明らかにしてこなかったために、
> 政府や
>
> 行政が国民に強制することを憲法違反と思っていなかったり、裁判所さえも、
> 君が代・日の丸の
>
> 強制があってはならないと認識できる状況に至っていないことです。
>
>
> 二つ目は、こころからの謝罪をし、賠償をし罪を認め、購う努力の中で、新し
> い日本人として
>
> 君が代・日の丸を自分たちの誇れるものと認識できるようになれば、小さい声
> であっても歌うこともできる
>
> ようになるかもしれません。自分たちは植民地主義者でなく、普通の人間とし
> て徳のある生き方を
>
> 目指していると認識できればの話です。 みなさまはどう思われますか?
>
>
> それとも、永久に君が代・日の丸は日本人の誇りとはなれないでしょうか?
>
>
>   佐藤袿子
>



CML メーリングリストの案内