[CML 015416] Re: 言葉をつぶす人、言葉をつくる人(1)

池田 香代子 0146945001 at jcom.home.ne.jp
2012年 3月 3日 (土) 02:09:36 JST


池田です。

わたしは、立論者の立論に沿った投稿でないといけないということはないと、MLをゆるく受け止めています。
ですから、立論者が「そういう話じゃないだろっ!」と思われることもあるかと思います。
その場合は、ごめんなさいね。

また、たたかう姿勢を尊重はします。
たたかう必要があるときはあります。
今もそのときだと、たたかうべき対象はあるのだと思う方はたたかえばいい。

でも、叩き潰す、というようなたたかう姿勢がすべてではないだろうと思います。
自分の言葉をすこしでもましなものにすべく努力する。
公正で明晰なものにする、というほどの意味です。

そうした無数の日常の努力に支えられたことばの総体が、「めくら」「父兄」を恥じ入らせ、立ち枯れさせ、漢字のなりたちをも換骨奪胎したり、意味を無化したり、変化させたりしてきたと、実感しています。
これもまた、たたかいの一種かもしれませんが、的を定めて叩き潰すたたかいではない。
迂遠で地味なたたかいかたでしょう。
それでもわたしは、たたかうとしたら、そうした表現の次元でたたかうのが、わたしの任だと考えています。
(それはわたしが、自分は表現者だ、と思っているからではなく、だれしもが表現の次元でたたかえるし、たたかってほしいし、現にたたかっていると思います)







CML メーリングリストの案内