[CML 015388] 3/13 (火)《緊急市民国際シンポ》「やっぱりTPPでは生きられない!─日本でも世界でも」(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 3月 2日 (金) 04:16:18 JST


紅林進です。
   
  TPPに反対する緊急市民国際シンポジウム(主催:TPPに反対する
  人々の運動)のご案内をPARC(アジア太平洋資料センター)の会員
  MLより転載させていただきます。
   
   
  (以下、転載)
   
  みなさん

山形の百姓・菅野芳秀です。

反TPPシンポジュームの呼びかけです。
ニュージーランド、韓国、アメリカなどの反TPP、反自由貿易の取り組みを
  行っているNGO関係者をまじえ、ゲストとして東大の鈴木宣弘教授をお招
  きしてのシンポジュームです。
あまり日にちがありません。
ぜひ多くの方々に呼びかけていただければと思います。

                           菅野芳秀

      
政府は環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加を強引に決めよ
うとしています。何もまともな説明や情報開示もありません。

そこで、私たちは3月13日に、アメリカやニュージーランド、
韓国などで、TPP、貿易自由化に反対するNGOなどの関係者と
  ともに、緊急市民国際シンポを開催することにしました。
是非、多くの方のご参加をお願いします。

【転送歓迎・転載自由】
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

《緊急市民国際シンポ》
「やっぱりTPPでは生きられない!─日本でも世界でも」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

TPPをめぐる動きは国内でも国際的にも急ピッチで進んでい
ます。政府はTPP交渉参加に前のめりで、情報も明らかにせず、
今春にも参加を強引に決めようとしています。いま急がなけれ
ばならないのは、TPPの本質を見極め、ムラとマチ、国境を超
えた人びとの連帯で、TPP包囲網をつくることです。
 TPPに反対する何人かの国際的な活動家と、日本で論陣の
先頭に立つ東京大学の鈴木宣弘教授を招いて、TPPをめぐる状
況と問題点、各国の運動状況、これからの運動のあり方を討論
します。
 「やっぱりTPPでは生きられない!」。私たちは昨年2月と
10月に討論会、シンポを開きました。今回の緊急市民国際シ
ンポジウムにも多くの皆さんの参加を呼びかけています。
ぜひ、ご参加ください! 

【とき】
3月13日(火)18:30〜21:00(開場18:00)

【ところ】
総評会館2階204会議室(千代田区神田駿河台3-2-11)
(地図)http://www.sohyokaikan.or.jp/access/index.html
地下鉄「新御茶ノ水駅」「淡路町駅」「小川町駅」B3出口前
JR「御茶ノ水駅」聖橋口下車5分

【内容】
海外ゲスト
 ●米国・パブリック・シチズン
   ローリー・ワラックさん(国際貿易担当)
   ピーター・メーバードックさん(医薬品問題担当)
 ●ニュージーランド・緑の党
   ラッセル・ノーマンさん(国会議員)
 ●韓国・弁護士
   宗 基昊さん(韓米FTAハンドブック著者)ほか(予定)

日本ゲスト:鈴木宣弘さん
  (東京大学教授・「よくわかるTPP48のまちがい」著者)

全て同時通訳があります

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【参加費】500円
【主催】
TPPに反対する人々の運動
共同代表・山下惣一、菅野芳秀、天明伸浩、山崎洋子、色平哲郎、
山浦康明

【問い合わせ先】
「TPPに反対する人々の運動」事務局・上垣
電 080-4347-8985
E-mail: muramachitpp at gmail.com

☆最新情報は下記サイトをご覧ください
http://antitpp.at.webry.info/201202/article_9.html 


 


CML メーリングリストの案内