[CML 015386] 【本日13時】STOP「でたらめ」安全委員会!緊急相談会

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2012年 3月 2日 (金) 01:15:45 JST


東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/みどりの未来)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

大飯原発3、4号機の審査書の「確認」作業をしている原子力安全委員会が、
第3回、第4回の検討会を3月5日(月)、7日(水)と立て続けに設定して
います(ともに15時から)。明らかに、政府・経産省・保安院による「は
じめに再稼働ありき」のスケジュールから逆算したスピード審議と見なさ
ざるを得ません。

前回の第2回では、記者会見で班目委員長自らが表明した「一次評価だけ
では不十分」との見解を裏付けるかのように、保安院による「それは二次
評価で行います」との弁解が繰り返されました。保安院の市村原子力安全
技術基盤課長は【「一次評価はある種の限定的手法であり、二次(評価)
で実態に即した包括的評価が出来る」】と表明せざるを得ませんでした。

すなわち、安全委員長と保安院の担当課長が、声を合わせて、「一次評価
だけでは不十分だ」と公式に認めたのです。そうであるなら、現在行われ
ている安全委員会による大飯審査書の「確認」作業はまったくの茶番とい
うことになります。班目委員長は、即刻会議を中止したうえで、審査書を
保安院に突き返すべきです。「電力会社に二次評価を出させて、十分な審
議をしたうえで審査書を作り直せ」と命じるべきなのです。

「安全」を標榜する委員会が、こんないい加減なやり方で議論を打ち切り、
危険な再稼働にお墨付きを与えることを許すわけにはいきません。

大変急ではありますが、本日3月2日(金)午後1時より、来週の安全委員
会に向けた有効な対策、アクションを探る緊急の相談会を行います。平日
昼間の集まりにくい時間で恐縮ですが、可能な方はぜひご参加ください。
参加がご無理な方もぜひアイデアをお寄せください。

◆STOP「でたらめ」安全委員会! 緊急相談会

【日時】3月2日(金) 13時より(14時30分頃まで)
【場所】13時に「経産省前テントひろば」前に集合
(霞ヶ関駅:千代田線・日比谷線A12出口すぐ、丸の内線A5出口200m)
【当日連絡先】(杉原携帯)090-6185-4407
       ※遅れて参加される方はご連絡を。

 ………………………………… 参考情報 ……………………………………

【★必読!拡散希望】
ザ・特集:ストレステストの問題点
原子力安全・保安院意見聴取会メンバー、井野博満・東大名誉教授に聞く
(3月1日、毎日新聞朝刊)
http://mainichi.jp/select/jiken/archive/news/2012/03/01/20120301ddm013040225000c.html

原子力安全委員会の第2回大飯原発3、4号機ストレステスト評価結果の
確認に対する声明(2月29日、グリーンピース・ジャパン)
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/pr20120229/



CML メーリングリストの案内