[CML 015373] 3/3(土)シンポジウム 『転換期を迎える東アジアと北朝鮮』

KIM Boongang / 金朋央 boong at space.ocn.ne.jp
2012年 3月 1日 (木) 17:36:15 JST


コリアNGOセンターの金朋央です。

直前の案内で恐縮ですが、明後日の土曜日に大阪で、『転換期を迎える
東アジアと北朝鮮 〜韓国・日本は北朝鮮とどのように向き合うべき
か〜』と題するシンポジウムを開催します。

http://korea-ngo.org/peace/peace01.html#sympo120207

多くの方のご参加をお待ちいたします。


【転送歓迎】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 シンポジウム 『転換期を迎える東アジアと北朝鮮』
   〜韓国・日本は北朝鮮とどのように向き合うべきか〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆日時:2012年3月3日(土) 14:30開始(開場14:00)
◆会場:エルおおさか
   (大阪市中央区北浜東3-14、「天満橋」駅より西へ300m)
 http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
◆参加費:1000円
◆主催:(特活)コリアNGOセンター
◆パネリスト:
  文京洙(立命館大学教授)
  石丸次郎(アジアプレス・インターナショナル大阪オフィス代表)
  鄭甲寿(財団法人ワンコリアフェスティバル代表理事)
  コーディネーター:郭辰雄(当センター代表理事)

【開催趣旨】
 2012年に入り、韓国、米国、中国、ロシアなど東アジアをとりまく
国々が一斉に権力交代期を迎えており、朝鮮半島を含めた東アジアの大
きな転換が予想されています。そうした中、昨年末に、朝鮮民主主義人
民共和国(北朝鮮)の金正日総書記が死亡し、金正恩氏への体制世襲が
行なわれ、北朝鮮の体制が大きく変化しました。
 これからの朝鮮半島の平和と東アジアの安定を考える上で、北朝鮮の
現状を正しく理解し、同時に日本と韓国が東アジアの平和と安定という
観点から、北朝鮮にどのように向き合うべきか、という問題意識を深め
るために、シンポジウムを開催することにしました。 ぜひ多くの方々
の参加をお待ちしています。

【お問合せ先】
 (特活)コリアNGOセンター事務局
  TEL 06-6711-7601 / center at korea-ngo.org




CML メーリングリストの案内