[CML 014659] 【報告】第285目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 1月 30日 (月) 07:24:06 JST


青柳行信です。1月30日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第285日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから1月29日現在総数2011名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。  

        <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳 様
いいお天気に恵まれて、警固公園でのデモで楽しく歩きました。
若い方が多く参加して、それなりにいいデモでした。

あんくるトム工房
なくそう原発ー1  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1693
なくそう原発ー2  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1694
多発する地震    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1692

西山進 さんから:
青柳行信様
 私は長崎で被爆しました。先日長崎を訪ねて、原爆の跡を探しました。今遺跡 
として残っているのは山王神社の片脚の鳥居だけです。
 多くの死者を出した爆心地から800メートルの三菱兵器製作所跡にはは小さな 
銘板が1枚、三菱兵器製作所跡と記してあるだけでした。
 ドイツ人は、アビシュッイッツのユダヤ人虐殺の後を完全に残して、世界の人 
たちに平和を訴えています。
 広島は原爆ドーム、長崎は鳥居だけが唯一の証言者です。あとはみんな消し 
去ってしまいました。
 浦上の天主堂の真っ黒に焦げた聖母マリアの像だけは残しておけばよかったと 
思うことがあります。
  今度の原発事故の記録をもみんな消し去ったとか、最初から遺さないように 
したようです。

  日本人は先の展望をしない人種なんでしょうか。ほんとうに愚かだと思います。
 愚かと言えば、今度開かれる原発反対の集まりも二つに分かれて行われるよう 
です。
 本当に残念です。なんとかなりませんか。どこかで合流しましょうよ。
 今日(29日)午後1時半から警固公園で原発の集会があり、私は参加しました。
 集会は100人ぐらいでしたが、行進の時は300人ぐらいになっていました。
 乳母車を押したお母さん方や若い人が多かったようです。本当にすがすがしい 
気持ちのいい集まりでした。

 若いリーダーの人が『これから行進をしますが、シュプレヒコールの不得手な 
人は太鼓がありますからたたいてください」
「ポケットの中に小銭が残っていたらカンパして下さい」とそんな風です。
 スピーチはありません。スピーチの順位を気にしたり、自分を誇示する決意表 
明もありません。
 みんなが主役です。乳母車に乗った乳児も、あなたが主役です。
 そこのおじいさんもあなたが主役です。

 だって。 ヒロシマ、ナガサキの原爆は押し並べて平等に人間を殺しました。
 思想や信条なんか関係ありません。
 金持ちも貧乏人も、日本人も朝鮮人も押し並べて平等に命を奪ったのです。
 放射能も同じです。
 だから、私たちはただひたすら原発は廃止してもらいたいのです。放射能はい 
やなんです。
 だから、みんなが一つになって「原発いらない」というのです。
 
 九電前ひろば・テントに多くの人が集まりますが、みんなぐっと我慢して、歯 
を食いしばって心を一つにしようと頑張っています。
 私もそうですが、みんなきょろきょろしないで、それらのよこしまを「笑っ 
て」踏み越えて行きましょう。
 その方がずっと楽しいですよ。
 原発は必ず止められます。人類と共存できないから。

わだ晶子 さんから:
青柳さま
先週木曜日にお伺いしました。
もっともっといろんなお話をききたかったのに、あたふたと失礼してしまい、申 
しわけありませんでした。
ご親切に車にまで乗せていただき、おかげさまで、あっという間に待ち合わせ場 
所に到着できました。
ありがとうございました。
九電前ひろばの存在は、経産省前テントひろばと同様に、
脱原発を強く支持していても、何をどうしていいかわからない私のような個人に 
とって、
開かれた情報交換の場所して、大変に意義があるものと確信しました。

毎朝、毎朝、手間をかけてテントを組み立て、夕方にまたテントをたたみ、
強風が吹く中、ときには雨や雪が吹く中で、訪問者を笑顔で迎えいれてくださる
青柳さんをはじめ、ボランティアの方々に感謝しております。
明日1月31日は、「なくそう九州玄海訴訟」の提出の日です。
私も原告になっているので、初めて裁判所というところに行きます。
この裁判は今後も原告人を募集していますので、最終的には原告が1万人に達して、
大きなうねりになっていき、九電の全原発が止まり、さらに、
全国の原発が永久に止まることを強く願います。

「九電前ひろば」がいらなくなる日が早く来ればいいですね。
車の運転をしていただいた久保さんや仲さん、石尾さんたちにもよろしくお伝え 
ください。
それと、こちらに情報メールを送ってくださり、ほんとうに勉強になっています。
私のメールアドレスのホットメールは問題ありで、あまり見なくなりましたので、
今後はgmailの方だけに送っていただければありがたいです。
また伺いますので、いろいろと教えてくださいまし。
*わだ晶子*
http://kalashapakistan.jimdo.com/

梅崎由美子(地球のめぐみ) さんから:
青柳様
<チェルノブイリハート報告>
28日に、無事、チェルノブイリハート上映会&トークショーを開催できました。
来場者は、午前、午後、各200名前後、合計400名を超える参加で、盛況でし 
た。午前から、たくさんの参加者で、終わってからも皆さん、ロビーにて、書籍 
をお買い求めになられたりと、熱心な皆さん方がたくさんいらっしゃいました。 
そうするうちに、午後の参加者の方が来場されて、慣れてない受付係が、なんと 
か受付をはじめ、午後はごたごたしながらになってしまいました。
スタッフは、2時半頃から、やっと昼のお弁当にありつき・・・と、こういう大 
きなイベントには慣れていない私たちは、嬉しい悲鳴をあげながらばたばたと動 
いておりました。
司会者も初めての経験だったり、受付もしたことない人がやったりと大変でした 
が、そんな私たちでも、このチェルノブイリハート上映会をなんとかやれて、 
400名ものたくさんの方へ放射能汚染の真実を伝えられたのではと、本当に開催 
して良かったと思います。スタッフは、ほとんどが小さい子を持ったママさんで 
す。子育ての大変な中、子ども達のためにと時間を見つけて、必死で手伝ってく 
れました。
託児も60名近くのお子さんを預かり、託児スタッフ30名くらいでみました。
ほんとうに大変だったのですが、小さいお子さんをお持ちのお母さん方に見てい 
ただきたいという私たちの思いは、ちゃんと実現したと思います。
いろんな方へ、チェルノブイリハート上映会の案内をしていただき、本当に感謝 
しております。
盛況に終わり、大きなトラブルはなく開催できたことを、ここに報告いたします。
本当にありがとうございます。
尚、チェルノブイリハート、次は、南区高宮のアミカスホールにて、 
3/18(日)11時~です。
http://cinema.okagesama.net/archives/181
で、詳しいことはわかります。
中村隆市さん代表の、いのちの映画祭実行委員会が主催だそうです。
まだ、見られてないかたは、ぜひ、見に行かれてください。
福島、そして関東は大丈夫なのか?
九州にいる私たちは、規制値の高い、放射能汚染された食品を子どもに食べさせ 
て大丈夫なのか?
この映画を見て、真剣に考えていただきたいと思います。
そして、いま私たちにできることは何かを考える人がたくさん増えて欲しいと思 
います。

チェルノブイリハートの上映会をしたいと思われる方は、地球のめぐみの梅崎ま 
で、連絡下さい。九州シネマアルチさんをご紹介しますよ。
追伸 今回の上映会は、おかげさまで、黒字となりました。(スタッフの人件費 
はなしですが・・・)
地球のめぐみ
http://www.chikyu-megumi.org/

吉田典子 さんから:
経済産業省前で、平和的なキャンペーンをなさっている福島のお母さん達を、
枝野幸男経済産業大臣が解散させようとしているとの情報を思い出し『枝野幸夫 
経済産業大臣は、チェルノブイリ・ハートを観るなり読むなりした事が、
あるのかしら?』と思いました。
経済産業大臣だけでなく、総理を含む国会議員全員、一度そろって『チェルノブ 
イリ・ハート』を観て、感想を聴かせて欲しいものだ、という気がします。
ソビエト連邦政府の原発事故への初期対応の誤りがどんなものだったかは『チェ 
ルノブイリ極秘』に詳しく書かれています。
日本政府にとっては、いい反面教師的参考例です。
その失敗の『結果』が余すところなく描かれているのが『チェルノブイリ・ハー 
ト』なのです。
『チェルノブイリ極秘』も『チェルノブイリ・ハート』も、過去の失敗からの貴 
重な贈り物です。
日本の政治家は、この先例を知っているんでしょうか?
この先例を活かす気があるでしょうか?
心臓外科医の大量養成だけでも、今から始める気は、ないのでしょうか?
放射線にDNAを傷付けられたのが原因で、重度の知的精神的肉体的障害を抱え 
て生まれた人達を、
生涯一カ所で御世話出来る病院付属施設を用意する予算は、組めないでしょうか?
不必要な電気の安定供給対策費に、5794億円もの血税を費やすくらいなら。
この莫大な金額が本当のところ誰の懐に入ったのか知りたいものです。

京都の菊池 さんから:
コリンヌ・ルパージュ元仏環境相が緊急メッセージ
コリン@パリです。
(転載/拡散大歓迎)
経産省前テント村の危機の報に接して、コリンヌ・ルパージュ元仏環境相が緊急 
メッセージを今日録画させてくれました。
日本語字幕をつけました。
福島の母親の会、テント村関係のできるだけ多くの方々が見てくださるように、 
拡散してください。
http://www.youtube.com/watch?v=9vCMMSQmy5M&feature=youtu.be

弁護士 椛島敏雅 さんから:
青柳さん、ご苦労様です。
2月18日(土)午後2時から、博多駅前の「ホテルサンライン福岡博多駅前」 
内の2階会議室で、
「なくせ原発・九州玄海訴訟」福岡地区原告団集会を開催します。

第1陣訴訟は、1月31日(火)午後1時、佐賀地方裁判所に、1704名の原 
告が国と九州電力を被告として、
原発差し止めの裁判を提訴します。
裁判は、引き続き第2陣、第3陣等と提訴を重ねていき、最終的には1万人の大 
原告団を作る予定です。

2月18日の集会は、1万人の原告団を作るための、集会です。
これまで、数多くの裁判で、国や大企業を相手に闘われてきた馬奈木昭雄弁護士 
からの基調報告を受けて、
今後1万人の原告団をどうやって作っていくのか、参加者で意見交換をしたいと 
思っています。
皆様にご案内・お知らせしていただければ、幸いです。どうか、よろしくお願い 
します。

  << 原発なくそう!九州玄海訴訟 >>
     福岡地区原告団集会
原告1万人を目指し、力を結集して、すべての原発をなくしましょう!

東京電力の福島第一原発事故で、原発の安全神話は完全に崩壊しました。
佐賀県の玄海原発が事故を起こしたら、佐賀・長崎・福岡・熊本・大分の北部九 
州全域に及ぶことは明らかです。
このため、この地域に住む1700余名が本年1月31日に佐賀地方裁判所に、国と 
九州電力を相手に、
玄海原子力発電所のすべての運転を差し止める裁判を提起します。
私たちは原告1万人の強力な原告団を構築し、裁判で原発の危険性・不合理性を 
明かにして、
広範な運動とも連帯して、全ての原子力発電所の運転差し止めを実現していきます。

日 時 2012年2月18日(土)14:00~16:00
場 所「ホテルサンライン福岡博多駅前,内2階会議室」 (博多区4―11―18) 
(電話 092-409-2121)  
  博多駅博多口を出て、代々木ゼミナール(対面・ANAホテル)前を
  住吉神社の方向に歩き、最初の交差点を左折した先です

     基 調 報 告
馬奈木昭雄 弁護士
(よみがえれ!有明訴訟弁護団長・久留米第一法律事務所所長)
    『公害闘争の成果を原発闘争へ』

報 告●九州玄海訴訟弁護団「裁判の内容や原告の意味などについての報告」

質 疑 応 答●原告と弁護団との質疑応答を予定しています。
主   催:「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団
福岡連絡先:福岡第一法律事務所 tel 092-721-1211 :福岡南法律事務所  
tel 092-554-7110
      :弁護士法人 奔流 tel 092-642-8525  :弁護士法人奔流朝 
倉オフィス tel 0946-23-9933
河内謙策 さんから:
    テント村  井野委員らの批判  大飯原発  首都圏直下型地震
 経産省前テント村をめぐる状況が緊迫しています。
 昨年9月から脱原発を願う市民たちが、経産省前テント村で頑張っているこ 
と、そこが、経産省を監視する市民たちの活動の拠点になるとともに、脱原発を 
願う市民たちの交流の場にもなっていることについては、「IK原発重要情報」 
ですでに報道したとおりです。そのテント村が経産省により、強制撤去させられ 
ようとしています。私(河内)は、この動きにつき十分に皆様にお知らせするこ 
とができなかったことを、深くお詫びいたします。
 この問題を十分に知っておられない方は、以下の東京新聞の記事を読んでくだ 
さい。
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/5781746.html
 経産省が27日までに退去を要求してきたので、27日には多くの市民が駆けつ 
け、その勢いに押されてでしょう、経産省はその日には手出しができませんでし 
た。その状況は、以下のサイトを見てください。
http://tanakaryusaku.jp/2012/01/0003561
   私は、経産省が強制撤去の意図を放棄したと考えることはできません。
依然として危険な状況は継続していると思います。
 私は、テント村のサイトにアクセスされること、時間的余裕のある方は、ぜ 
ひ、現地に一度行って見られること、また枝野経産相に抗議の電話・FAX・ 
Emailを集中されるよう訴えさせていただきたいと思います。
(私は、今日現地に行ってきましたが、皆、意気軒昂でした。)
 経産省前テント村のサイトは、以下のとおりです。
 http://tentohiroba.tumblr.com/
 枝野経産相の電話、FAX、emailは以下のとおりです。
 大臣官房の電話 03-3501-1609
   大臣官房のFAX 03-3501-6942
   地元・大宮事務所のメールアドレス omiya at edano.gr.jp

   経産省のストレステストの意見聴取会で奮闘した井野委員らが、1月28日に、 
日本外国特派員協会で記者会見をしました。「原子炉メーカーがストレステスト 
を行い、メーカーOBが審査している。そういうやり方では国民の信頼を得られ 
ない」と批判しました。私の意見では、“原子炉メーカーがストレステストを行 
い、メーカーOBと原子炉メーカーから金をもらった学者が審査している”とい 
う言葉をもっと広める必要があると思います。
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/5785553.html

   大飯原発の運転再開をめぐって、情勢が「熟してきている」ようです。
「地元」の福井新聞は、原発の協力会社が「経営もたない」と叫んでいる状況を 
報道しています。「地元」の原発推進派が活発に動くのが、この地域の特徴のよ 
うに見えます。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/32752.html
したがって、地域の自治体の首長、議員への働きかけを急ぐ必要があるように思 
います。美浜の会等が小浜市長に提出した要望書も参考にしてください。
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/obamashi_youbou20120124.htm
滋賀県知事は、段階的に原発をなくす「卒原発」を提唱していますが、『京都新 
聞』は、県知事がその活動を強めていると報道しています。心強い限りです。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20120129000035

   去る1月23日に、東京大学地震研究所が、首都圏直下型地震が4年以内に70%の 
確率で発生するという研究発表をまとめ、各方面にショックが走っています。
http://www.advertimes.com/20120126/article51667/
  私も、このニュースを聞いて、やっぱり来るのか、と思い、我が家の地震対策 
の再点検をはじめました。
 私は、東大の新予測が正しいかどうかを論評する資格はありません。私が言い 
たいのは、だから東海第二原発と東海再処理施設は、廃炉・完全撤去するしかな 
い、ということです。東海再処理施設は、知らない人も多く、ネットでも探しに 
くい位置にあります。その再処理施設内のタンクの液が全部流出したら、関東は 
全滅すると言われています。首都圏に原発はない、というのは明らかに間違いです。
 東海第二原発と東海再処理施設の問題は、茨城の人の問題ではなく、首都圏の 
脱原発勢力が、もっと取り組むべきだということを強く主張したいと思います。
http://www.japc.co.jp/plant/driving/index.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E5%86%8D%E5%87%A6%E7%90%86%E6%96%BD%E8%A8%AD
http://www.jaea.go.jp/04/ztokai/top.html
http://tokaijuku.jimdo.com/

●○●○○○●○●○●○

★「原発なくそう!九州玄海訴訟」の提訴前夜集会
本日、1月30日(月)時間:18:00開場 18:30開演 20:30まで。
場所:佐賀市メートプラザ(佐賀市兵庫町大字藤木1006-1)
 佐賀勤労者総合福祉センター(愛称:メートプラザ佐賀)
 http://www.city.saga.lg.jp/contents.jsp?id=1424 
 21:00から交流会を予定しています。

★「なくそう!原発 九州玄海訴訟」第一次提訴日
1月31日 集合 13:00 佐賀県弁護士会館 裁判所の西100m集合
      提訴 13:30 佐賀地方裁判所(佐賀市中の小路3-22)
 1704名の原告が国と九州電力を被告として、原発差し止めの裁判を提訴し 
ます。
   問い合わせ先:佐賀中央法律事務所TEL:0952-25-3121 

★「さよなら原発! 3・11 福岡集会」
    実行委員会結成集会。
日 時:1月31日(火)18:30から21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階
連絡先:090-1324-8588(ひろば・テント)080-6420-6211(青柳)

★「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)
ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
原告数が1704名。

★《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
              青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************













CML メーリングリストの案内