[CML 014658] NHKへのバッシング、むかし陸軍、いま原発企業

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2012年 1月 30日 (月) 06:09:35 JST


ni0615田島です。

ブログにて

NHKへの原発OBの抗議文に反論しまししたので、

お読みくだされば幸いです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

むかし陸軍、いま原発企業(2) 
2012/01/30 04:22 
 

むかし陸軍、いま原発企業(1) のつづきです。

http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/2583643/

 

 

 

原発企業のOB幹部達が、112名も連名でねえ、

その必死さはどこから来るんでしょうか?

 

それを理解するためには、

そのロートル達が少なくなった髪を振り乱して抗議した相手、

NHKの番組をもう一度見れば良くわかります。

 
 
低線量被ばく_揺らぐ国際基準_追跡!真相ファイル
2011.12.28
http://www.dailymotion.com/video/xnb9h8_yyyyyy-yyyyyyy-yy-yyyyyy_news?start=0#from=embed

 

この番組では、

広島長崎の線量に対する被爆リスクが2倍に引き揚げられたとき、低線量被爆領域ではそれが据え置かれた。原発事業者から猛烈な反発があったからだ、と示唆しています。

 

リスクが2倍に引き上げられたら、原発労働者が働ける日数も短くなり、原発を運転したり点検したりする費用かかさんで、原発業者にとっては死活問題なのです。

 

それで、アメリカの電力会社を中心に世界の事業者が、猛烈に反発したのです。

 

そのことを取り上げた番組を、日本の原発事業者、原発メーカー、燃料輸入商社、原発検査会社・機関こぞってその幹部OBが批難しているのです。

 

これはやはり、健康を重視してリスク計算を2倍に引き上げたら、業界の死活問題だ、ということの状況証拠でもあるのです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ここまでが、原発おじいさん達の、112人もの異様な結集を見ただけでわかる事実です。

 

では、抗議文そのものを分析しましょう。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/aesj/snw/media_open/document/nhk_kougi120112.pdf

 

 

1、まず、こんなことを、『原発おじいさん112s(ワン&トゥエルヴズ)』は言ってます

 

 

続きはこちらへ

http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/2583920/

 

 

ni0615田島拝

安禅不必須山水

http://ni0615.iza.ne.jp/blog/list/


  		 	   		  


CML メーリングリストの案内