[CML 014644] 【報告】第284目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 1月 29日 (日) 07:32:59 JST


青柳行信です。1月29日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第284日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから1月28日現在総数2011名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。  

       <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳 様
今日は あわただしく過ぎました。
なんだかんだと やることがでてきます。
明日は 若い方たちのツイッターデモに出てきます。

あんくるトム工房
議事録がない?          http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1691
さよなら原発 3・11のご案内  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1690

         今回のフライヤーも とてもいいですね。

吉田典子 さんから:
まず、先日の私のメール読んで、コミセン和白に足を運んだ方、申し訳ありません。
コミセン和白での映画の上映は、2時からでした。
私は、2時前にコミセン和白に着いたんですが、前売り券を購入してくれた知人 
が汽車に乗って来なかったので遅れてくると思い、5Fのエレベーターの前で三 
時まで彼女を待ち続けて、映画を見逃してしまいました。
宗像に帰った後で、彼女からの電話で、受付に前売り券を託して、自分は先に館 
内に入っていたと聴いて、ガックリ。
幸い、そのまま帰るのもバカだと思ったので、受付で『チェルノブイリ・ハー 
ト』(840円)を、買いました。
私は、若者は自力で出国できる人は出国して欲しいと言ってきたけど…『チェル 
ノブイリ・ハート』を読んで、確信しました。
そうすべきです。
『チェルノブイリ・ハート』に描かれた現実は、これから結婚して家族を持つ気 
持ちのある若い人にこそ、知ってもらいたいものです。
知った上で、どうするかは、各々の裁量です。
今、原発に無関心でいて、身に重い現実が降り懸かってから『知っていたら別の 
道を選んでいた』と言うノンビリした人達の事は、無意識のレベルで、そういう 
重い状況が何らかの理由で必要な人達だったのだろう、と私は思う事にしてます。
でも、上映や本の出版に奔走して多くの人に、この現実を知らせようとしている 
人がいる以上、別の運命を生きるさだめの人達も、いる筈。
なるだけ多くの人に、その別の未来が、開けて欲しいです。
『チェルノブイリ・ハート』は、小中学校、高校、大学で上映して、なるだけ多 
くの若者に、考え選択し行動する機会を、持つきっかけにしてもらいたい作品です。
でも、そうなっていないのは、当たり籤は、本来沢山はないものだから、多くの 
人の目には、触れにくいからかもしれないと、思います。
映画を見に行けない人は、本屋でぜひ『チェルノブイリ・ハート』を買って読む 
事を、お勧めします。

清水@グルントヴィ協会 さんから:
青柳さん、こんばんは。
いつもの原発関連情報22です。

1,反原発市民団体による26日の「大飯原発3・4号をはじめ、原発の運転再開 
反対!政府交渉」の報告です。
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2012/01/post-3004.html

2,政府の新しい原子力規制庁が、既存官僚組織の中で鬼っ子的な扱いを受け 
て、軒先を断られ、入居先が決まらないという毎日新聞記事です。
http://mainichi.jp/photo/archive/news/2012/01/26/20120126k0000e010192000c.html

3,その原子力規制庁にかんし、河野太郎氏がツィッター記事で「保安院が規制 
庁ができる前に10基原発を再稼働させる」という噂を26日書きました。
http://twitter.com/#!/konotarogomame/status/162191929805770753

4,それについて、田中康夫氏が昨日の衆議院本会議代表質問で枝野経産相に質 
し、枝野氏は「そういう話もなく、指示もしていない」と答えています。動画の 
24:22からが枝野氏の答弁です。
http://www.nippon-dream.com/?p=6854

5,日経新聞に「原発問題、専門家が言ってはいけない3つの言葉 」という興 
味深い記事が載りました。しかし、全部読めませんので、全文は協会のブログに 
掲載しています。マスコミで推進派がいう典型的なセリフ三つを、福島でいって 
はならないという趣旨です。しかし、福島どころか全国でも同じでしょう。
http://www.nikkei.com/biz/focus/article/g=96958A9C93819490E0E6E2E0818DE0E6E2E3E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;df=3
http://web.me.com/mitsurus/Site/Blog/エントリー/2012/1/27_三つの禁句.html

6,昨日17時は経産省前テント村の撤退期限でしたが、市民が集まり阻止したこ 
とを田中龍作ジャーナル記事が伝えています。
http://tanakaryusaku.jp/2012/01/0003561
28日の報告は以下です。
http://tanakaryusaku.jp/2012/01/0003565

7,フォーサイトに「安易な原発再稼働で「10年以内に再び過酷事故」という原 
子力委試算」という記事が出ています。しかし、これはすでに協会HPでも元の 
データを報告しています。伴英幸さん(原子力資料情報室)などはこの数値を主 
張しましたが、委員会では、これはあまりに非現実的だと退けられました。
http://tanakaryusaku.jp/2012/01/0003565

8,「国境なき記者団」が毎年出している「報道の自由度」で日本が原発報道の 
隠蔽などで22位に落ちたという記事です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120126/erp12012600250002-n1.htm
元のデータはこちら。
http://en.rsf.org/press-freedom-index-2011-2012,1043.html
デンマークは2009年は1位でしたが、最近は10位前後です。

9、電力総連は相変わらず反省もなく、原発再稼働を主張しています。最近の機 
関紙です。東京の中山義浩議員は次回は落選させないといけませんね。
http://www.denryokusoren.or.jp/kikanshi/tsubasa/176.pdf

10、映画「イエローケーキ」の公開記念シンポジウムに山本太郎さんが参加した 
という記事です。
http://eiga.com/news/20120126/14/

11、その山本太郎さんを美輪明宏さんが支持し、自分の芝居に出演させるという 
記事です。現在、今はやりの「オネエ・タレント」の元祖として、テレビによく 
出て毒気が消されていた気もしましたが、さすがは美輪明宏!。
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201201260012.html

木村幸雄 さんから:
経産省前テントひろば撤去反対集会 の状況
http://www.ustream.tv/recorded/20033948

三上治 さんから:
1月28日 
まだ、経産省前テント広場は権力の動きに抗して存続している

■  経産省や諸官庁の建物、つまりは霞ヶ関をなす建物群の中で、経産省前テン 
トは急造で出来たものであり、風や雨にさらされる度に壊れないかと危惧される 
程の貧弱なものである。テントのデザインも洒落たものというよりは見た目はご 
たごたしたものかもしれない。だが、この霞ヶ関の一角に出現したテントはこの 
一帯の風景を変えつつある。霞ヶ関という日本の権力の中枢に出現したテントは 
寒々とした風景に別の活気と魅惑をもたらしているのだ。日本の権力を構成する 
官僚たちにとってこの存在は許し難いものかもしれないが、脱原発を期待するあ 
るいは権力に異議を持つ人々には希望をなすものなのだ。霞ヶ関は本来国民の場 
であることを想起させている。

■  9月11日にテントが出現した経緯やその後のドラマを含んだ過程の多くは 
省くが、このテントは経産省との関係では緊張の連続であり、1月24日には遂 
に撤去命令がきた。これは強制排除を予測させるものとして新たな緊張を今後に 
もたらすものである。僕らは国民の脱原発の意志と声を結集することで対抗する 
他に道はないが、昨日《750名が集まった27日の緊急抗議集会》のようにこの 
道を歩み続ける。人々の声と意志が一段と高まれば彼らの動きを封じられる。

■  テントやテント前広場は経産省側のとの対抗の緊迫度を増しながら、内側で 
はこのテントが成長していることを伝えなければならない。人々の意志空間《声 
と意志の結集空間》としてのテントは存在した日から、段階を経ながら成長して 
いるがそれは一言で言えば、お祭り(祝祭的)な性格を強めてきたことである。 
この場に集う人々が共感し合いつながりあいを深めてきたのだ。脱原発も原発推 
進社会を変える運動も祭り(祝祭)的な要素が発展し魅惑的にならなければなら 
ない。思わず足を運ぶ、何かを期待するのは共感しあうものがあることだ。ここ 
ろが響きあうことだ。テントという意志空間の内にはその萌芽はあり、それは 
日々深まっている。建物としてのテントは貧弱でもそこに集う人々のこころや気 
持ち豊穣である。全国から、外国から駆けつける人々、何年振りに再会する人々 
の共感がある。声高に脱原発を語らなくとも、お互いの気持ちは自然に浸透し 
あっている。かつて人々が祭りに込めたものがそこでは存在している。

■  権力の対抗とは僕らの脱原発運動が魅力的になることだがそれを祭りや「自 
由や民主主義」の体現と言っても同じである。権力側の動きは予断を許さないと 
ころがある。時間のある限りテントに顔を出して欲しい。それが僕らの第一歩に 
して最大の力なのである。

紅林進 さんから:
1月27日(金)現在、日本で稼動中の原発は全54基中3基(6%未満)
   のみとなったそうです!このまま再稼働させなければ、原発ゼロは目前です!
   そして電気は足りています。

   以下、「eシフト:脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」のMLより転載
   させていただきます。
   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ 1/27、運転中の原発は3基のみ!
 政府も原発ゼロを想定した対応策の準備を開始
 http://e-shift.org/?p=1545
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2012年1月27日、島根原発2号機が定期検査に入り、日本で稼動中の原発は、
< 全54基中 3基(6%未満)>
となりました。現在停止している原発の運転再開がなければ、泊原発3号機が
4月末に停止した時点で、日本の原発稼動率はゼロになります。

【現在運転している原発と、停止予定】
・高浜原発3号機(関西電力)2012年2月20日
・柏崎刈羽原発6号機(東京電力)2012年3月末まで
・泊原発3号機(北海道電力)2012年4月末まで

【現在の原発の運転状況】
http://www.jca.apc.org/mihama/(美浜の会ウェブサイト、ページ右上より)
これを受けて同日、枝野幸男経済産業大臣は、今年の夏に向けて原発ゼロを想
定した対応策を準備していることを発表しました(※1)。昨夏のような電力
使用制限をせずとも、原発なしで夏の電力需要を乗り切れる可能性が十分に出
てきたからです。

経済産業省所管のエネルギー経済研究所の試算でも、原発ゼロで一昨年のよう
な猛暑に見舞われた場合でも、最大使用電力に対する電力供給不足は約7%に
とどまるとされています。

政府が原発ゼロを想定した準備を始めたもう一つの重要な理由は、福島原発事
故以降、原発運転再開に必要な「地元の了承」を得るのが難しくなっているこ
とです。政府はストレステストによって運転再開を急ごうとしてきました。し
かし、電力会社の信頼性に対する批判的な世論や安全協定締結範囲拡大を求め
る地元住民の意向により、運転再開へのハードルは高くなっています。何よ
り、福島原発事故原因の解明が終わっていない中で、運転再開を進められる前
提はありません(※2)。

結果として、2012年4月以降、政府と電力会社が恐れていた原発ゼロのシ
ナリオが現実味を帯びてきたのです。そして、このシナリオは、原発に頼らな
いエネルギー政策を実現し、持続可能な社会へとシフトすることがすぐにでも
可能であることを示しています。

「泊がとまれば、原発がとまる」原発ゼロの日本が実現する日が近づいています。
―――――――――-
※1 枝野経産相:今夏、電力制限令せず 原発稼働ゼロでも(1月27日、毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20120127k0000e020170000c.html

※2 市民団体が1月26日に行った政府交渉(参議院議員会館)で、原子力安
全保安院も、ストレステストだけでなく、国会事故調などで事故の原因究明が
行われ、地元の了解などを経てから最終的に判断する、と認めています。
http://www.foejapan.org/energy/evt/120126.html (速報を掲載)
eシフト:脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会 http://e-shift.org

修庵 さんから:
NNNドキュメント 放射線を浴びたX年後」
 1月29日(日)24:50~
1954年。漁港に鳴り響くガイガーカウンターの音。水揚げされる被ばくマグロ。 
南太平洋から戻るマグロ漁船の船体や乗組員の衣服、頭髪、そして魚からも、強 
い放射能が検知された。アメリカが太平洋で行った水爆実験は、広大な範囲で大 
気と海水と魚などを汚染。放射性物質は、日本やアメリカ本土にまで届いてい 
た。しかし事件から7ヶ月後。被ばくマグロが続々と水揚げされる中、日本政府 
は突如、放射能検査を打ち切った。数日後、両国政府が文書を交わし、事件に幕 
を引いたのだ。人々の記憶から消え、歴史から消し去られた被ばく事件。なぜ、 
これまで明るみに出なかったのか。そこには、両政府の思惑と人々の切実な思い 
があった。8年にわたる取材から事件の全容を浮かび上がらせる。

坂井貴司 さんから:
 久保山愛吉さんの命を奪い、世界に放射能汚染の恐怖をばらまき、島民から故 
郷を奪った1954年のビキニ環礁水爆実験。
 反核運動の出発点ともなったこの実験によって飛散した放射性物質は、太平洋 
全域ならびに日本やアメリカ本土にも到達していました。
 第五福竜丸事件から7ヶ月後、日本政府は被爆マグロが水揚げされる中、突然 
放射能汚染調査を打ち切りました。数日後、日米両政府はこの水爆実験に関する
 文書を交わし、事件を闇に葬ることにしました。 国家権力によって消された 
ビキニ水爆放射能汚染事件をNNNドキュメントが放送します。
 http://www.ntv.co.jp/document/
 
 日本の左翼の先駆者である幸徳秋水と堺利彦を、NHK教育の「日本人は何を 
考えてきたのか」が、1月29日に放送します。
      放送時間:午後10時~11時30分
 第4回 非戦と平等を求めて~幸徳秋水と堺利彦
 http://www.nhk.or.jp//nihonjin/schedule/0129.html

●○●○○○●○●○●○

<脱原発デモ@福岡・天神>
WE ARE NO NUKES !!! 『全原発停止 原発は必要ありませんでした from 九州』

【日時/集合場所】
2012年1月29日(日)13:30 集合/14:00 出発
福岡 天神 警固公園(福岡市中央区天神2-2 )

【主催】TwitNoNukes九州 (脱原発デモを実行するTwitter有志)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ご注意】
●若い方々、お子様連れなど、どなたでも参加しやすい雰囲気のデモを目指して 
います。
反原発・脱原発というテーマと関係のない特定の政治団体や政治的テーマに関す 
る旗やのぼり、プラカードはご遠慮ください。
詳細は「TwitNoNukes九州」のブログをご覧ください。
http://twitnonukes9syu.blogspot.com/

★「原発なくそう!九州玄海訴訟」の提訴前夜集会
1月30日(月)時間:18:00開場 18:30開演 20:30まで。
場所:佐賀市メートプラザ(佐賀市兵庫町大字藤木1006-1)
 佐賀勤労者総合福祉センター(愛称:メートプラザ佐賀)
 http://www.city.saga.lg.jp/contents.jsp?id=1424 
 21:00から交流会を予定しています。

★「なくそう!原発 九州玄海訴訟」第一次提訴日
1月31日 集合 13:00 佐賀県弁護士会館 裁判所の西100m集合
      提訴 13:30 佐賀地方裁判所(佐賀市中の小路3-22)
 問い合わせ先:佐賀中央法律事務所TEL:0952-25-3121 

★「さよなら原発! 3・11 福岡集会」
    実行委員会結成集会。
日 時:1月31日(火)18:30から21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階
連絡先:090-1324-8588(ひろば・テント)080-6420-6211(青柳)

★「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)
ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
原告数が1500名を超えています。

★《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
             青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

























CML メーリングリストの案内