[CML 014622] 【記者会見する矢ケ崎克馬・琉球大名誉教授ら】 被ばく研究の団体設立へ 政府批判の研究者ら 京都で1月30日に矢ケ崎克馬さん講演会

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2012年 1月 27日 (金) 22:32:37 JST


記者会見しておられる矢ケ崎克馬・琉球大名誉教授は30日に京都で「被曝」問題についての新進気鋭のフリーライター守田敏也さんと対談されます。

被ばく研究の団体設立へ 政府批判の研究者ら

 記者会見する矢ケ崎克馬・琉球大名誉教授(右)ら=27日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ

 東京電力福島第1原発事故に関連し、政府の被ばく防護策に批判的な研究者や医師ら6人が27日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、内部被ばくによる影響の研究や市民向けの勉強会に取り組む団体を設立することを明らかにした。

 団体は「市民と科学者の内部被曝問題研究会」。ホームページを開設するなど準備を進めており、4月から本格的な活動を始めたいとしている。

 会見には、太平洋ビキニ環礁での水爆実験で被ばくしたマグロ漁船「第五福竜丸」の元乗組員大石又七さんも出席。「被ばくの研究は常に政治の圧力を受けてきた。中立の立場で研究することが重要だ」と話した。

http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012701003032.html



【放射能から子どもを守る・京都ママパパの会・中村和雄さんを市長にしよう!勝手連主催で1月30日】★★矢ヶ崎克馬さん×守田敏也さん対談会★★

http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20120124/1327381631



Shouko Ig 塩崎 雅一さんが別のトピックで、自由報道協会主催の記者会見の模様を録画公開されているのを紹介してくださっています。内容の濃い1時間半、是非ご覧頂きたいと思いますので、塩崎さんの貼って下さったリンクをここにも転載しておきます。
「市民と科学者の内部被曝問題研究会」記者会見
http://www.ustream.tv/recorded/20030116
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内