[CML 014568] <テント日誌 1/23(月)>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2012年 1月 25日 (水) 20:34:41 JST


<テント日誌 1/23(月)>
    雪に耐えたテント 明日への準備も着々と
    ―― 経産省前テントひろば 135日目 ――

1月23日(月) 雨のち雪
一日中降り続いていた雪は、夜から雪に変わる。かなり激しく降り、
みるみる積もっていく。テントにも雪が積もっていくのが、影絵のように
映し出される。テントの屋根の部分を下から突きながら雪を落とす。
この先、朝まで降り続けばどうなるだろうか・・・、テントのカマクラになる
のかなどと冗談を言いつつ少々心配であったが、12時頃には雪は雨
に変わり、そして降り止んだ。

 この日は雨のためテント前はさすがに静かであったが、それでも第2
テントでは「沖縄意見広告運動」の人達が楽器をかき鳴らしながら、いろ
いろとパフォーマンスを繰り広げる。
 通称「歌のお姉さん」がおにぎりを40個差し入れてくれる。このところし
ばしばテントに出入りしている中学3年の少年が来る。いろいろな活動の
ため、卒業まで停学処分中だという。進路は決まっているらしい。

 明日から9条改憲阻止の会を中心として、「子ども達を放射能から守る」
べく議員に迫るための、対国会行動が予定されている。カラフルな横断幕
が綺麗に仕上げられている。なんとか晴れてくれればいいのだが・・・。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

テント撤去命令は絶対に承服できない。
「火気」が危険?遙かに危険な原発を維持し、推進しようとする経産省は
そういうことをよく言えたものだ!「防火管理上の危険が認められる」?
原発大事故の責任を全くとろうとしない経産省こそ管理能力0と言うべきだ。
テント撤去命令ではなく、原発廃止、再稼働しない、という宣言こそなすべき
ことだ。

経産省テントひろばは、脱原発のためのみんなのひろばです。
枝野経産相と経済産業省は、テント撤去ではなく、原発停止・再稼働停止を
してください!!

 枝野経産相と経済産業省に『テント撤去の中止を!』とのファックス、電話、
メールを集中してください!!!

【経産省】
大臣官房 (TEL)03-3501-1609
広報 (FAX)03-3501-6942
【枝野幸男経産相】
[国会事務所]
(FAX)03-3591-2249   (TEL)03-3508-7448
[地元・大宮事務所]
(FAX)048-648-9125  (TEL)048-648-9124
(E-mail)omiya at edano.gr.jp
                                         ( Y・T ) 



CML メーリングリストの案内