[CML 014551] 原発を撃退した自民党党員

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2012年 1月 24日 (火) 21:14:10 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 周知の通り、長く政権与党であった自民党は原発建設を推進してきました。
 
 日本全国にまんべんなく存在する自民党支部は、県議会や市町村議会、業界団
体を主導して、原発建設推進に邁進しました。党員たちは草の根の原発推進のリー
ダーとなりました。
 
 ところが、高知県旧窪川町のある自民党党員は、党の方針に逆らい、四国電力
窪川原発建設反対の先頭に立ちました。彼は、共産党や旧社会党(社民党)顔負
けの原発反対の論陣を張り、反対運動のリーダーとなりました。
 
 「保守の町である窪川町は、保守の人間でなければ原発建設を阻止することは
できない」
 
 彼は自民党から除名処分をされました。それでも反対運動を続けました。学習
会を開催して、町民に原発の危険性を知らせました。その地道な活動が実り、
1988年1月、窪川原発建設を中止に追い込みました。
 
 自民党が圧倒的に強い保守的な小さな町で、自民党党員でありながら原発反対
を唱え、その建設を阻止に追い込んだ島岡幹夫さんの記事が以下にあります。
 
 JANJANブログ
 
 「原発マネーに負けなかった男 (高知)」
 http://www.janjanblog.com/archives/60796
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内