[CML 014540] 【報告】第279目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 1月 24日 (火) 07:24:18 JST


青柳行信(本日まで代理)です。1月24日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第279日目報告
呼びかけ人 匿名2名・未確認2名
(4月20日座り込みから1月24日現在総数2001名(2000名を超えました!))
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

    <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
きょうも寒い1日でした。
夜、福島沖で また大きな地震がありました。

配管は大丈夫なのか? 
また、放射能高濃度汚染水が漏れるのではないかと
心配です。
新たな事故が起こる前に、すべての原発を止めてしまいたい
ものです。

あんくるトム工房
地震 福島沖      http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1681


ひろば上條 さんから:
テント立ち上げに行くとすでに右翼のFさんが演説していました。「原発は必要」。
朝のミーティング時に3・11集会にむけてのアイデアを出し合いました。3・ 
11での
行動では、春先に原発再稼働を画策している九電への抗議を強くしたほうがいいと
いうことで九電包囲についての提案が出されました。
 
1月17日の「さよなら原発!3・11福岡集会」実行委員会準備会に自分が参 
加して
いいのかと思い参加されなかった方がテントに来ました。今回の集会・デモは一 
人一人が
作り上げるということがコンセプトですので、今度の1月31日 
(火)18:30からの
福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)で行われる
「さよなら原発! 3・11 福岡集会」実行委員会結成集会に参加されご自分の 
意見を
出されたらと思います。皆さんも是非参加してください!
また、提案等あればお寄せ下さい。

テント立ち上げ時には日が差して暖かったのですが、昼過ぎて風が強くなって寒 
くなりました。
かざぐるまが勢いよく回ってました。

ギャーさんから戦艦大和の形の呉名物「大和サブレー」の差し入れがありまし 
た。箱には
「戦争はんたいの」とギャーさんが書き加えていました。
 
東京から避難した若いカップルが署名。「九電は許せない。」

今日で賛同人が2000名を越えました!!


佐藤 さんから:
青柳さま
上京しました。朝日新聞一面(関東版)「原発教育、事故後も交付金」。
3・11以後も国が出す「原子力エネルギー教育支援事業交付金」を、被災地自 
治体は、辞退するという、
もう1つは、「福島県の子どもの医療費無料化が実現しない」という記事。
空港のTVは、電気消費率が18時現在86%の表示が出る一方、放射能のホットス 
ポットの進捗図示はなし。
東京の雨には濡れたくないし、ホテルの水も飲みたくない、食事もとりたくな 
い、そう思う私は、マイノリティだから? 
昭和1ケタは、日独伊3国協定の時代までさかのぼり国の情報操作について怒っ 
たが、新宿ですれ違う平成の都民の表情は「3・11は通過した」か、のよう 
で、国の思うつぼか。

佐川 さんから:
皆様
いつも大変お世話になっております。
昨日は福島県の川俣町に行き、友人たちとお子さんを対象にしたアートのワーク 
ショップ
(遊び)をしてきました。とても元気な子供たちに圧倒され、今日は筋肉痛の 
中、仕事を
何とか乗り切りました。

脱原発・反原発に取り組んでいるみなさんを国は特別で現実的でなく且つ粗暴な 
人達と
いうイメージをテレビなど活用し広めようとしています。それは「違う」ことを、
今だからこそ何とかみなさまと一緒に共有の輪を広げられたら幸いです。
以下、ブログ「世に倦む日日」からの転載です。
参考になると私は感じました。

前回(1/21)、再稼働なしでも今夏の電力不足は生じないと政府資料がコミット 
していること、
国が巨額の税金(5794億円)を投じて対策し、安定的な電力環境を国民に保障し 
ていることを
指摘した。本日(1/23)、この問題に関わる重要なマスコミ報道が飛び出し、昨 
年の政府の電
力需給予測に捏造があった事実が暴露された。発表された政府の試算では、今 
夏、約1割
(-9.2%)の電力不足になるという結論が示されたが、実際には、「6%余裕」 
が生じる試算を
国家戦略室内の別のチームが出していた。この別チームこそ、菅直人の直属で、 
経産官僚から独
立して実態を調査していた特命部隊であり、政府内の事情に詳しい飯田哲也が 
「Bチーム」と呼
んでいた集団である。私は、政府発表(7/29)で示された予測に対して、自家発 
電(埋蔵電力)
の供給量を不当かつ姑息に過小評価し、供給量の全体を小さく見積もっていると 
8/1の記事で批判
した。さらに、政府が莫大な税金を投じて、原発全基停止後の電力環境を保障し 
た対策やコミット
についても、もともと列島の発電設備に余力があり、その裏があるから、官僚は 
安んじてコミット
ができるのだと指摘した。今回の報道は、この推理が正しかったことを証明する 
ものだ。つまり、
5794億円の対策予算など使わなくても、原発全基停止後の電力供給に何も問題は 
なかったのである。
  続きはhttp://critic5.exblog.jp/17668880/#17668880_1
明日になったら有料会員しか見られなくなるのでお急ぎで見て頂けたら幸いです。

また何かありましたらご助言など頂けたら嬉しいです。
よろしくお願い致します。


崔 勝久 さんから:
OCHLOS(オクロス)通信
韓国の核発電と市民運動ー李大洙(イ・デス)
http://www.oklos-che.com/2012/01/2012-100-198710199712imfimf200212.html
韓国の水原で日韓市民の連帯を提唱する李大洙(イ・デス)氏は、キリスト教会の
牧師ですが、地域活動の専従の道を選び、Act and Think, Locally and Globally
を実践する尊敬すべき友人です。今後の日韓市民の連帯運動のキーパーソンにな 
る人物でしょう。

楢崎 さんから:
3・11福島で開催されるアクションの事を心配しています。
多くのコメントが危惧をされてのコメント。
皆様はどのようにお考えでしょうか?
私は福島の実行委員会の方は大変でしょうが、脱原発の運動が分かれていく、心 
が離れていくようにならないかと心配をしています。
原発推進する力はとても強大ですので・・。
http://sayonara-nukes.org/2012/01/0311fukushima_/

正義と平和協議会 さんから:
以下、おしらせいたします。
***jp***jp***jp***jp**
*(転送・転載大歓迎)***jp***jp***jp
***jp***
緊急署名の要請。埼玉 太田英雄さんからのよびかけです。
「福島原発事故を繰り返したくないため、若狭の大飯原発3・4号
の運転再開に反対を
表明してください」
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/ooi_signature/ooi_signature1201_7.htm
署名の呼びかけ団体:琵琶湖の水がみんなのいのち・さよなら原発
ネットワーク(関西13団体)
第二次のしめきりは1月末日までです。 ご賛同、署名
をよろしくお願いします。

***jp***jp***jp***jp**
*(転送・転載大歓迎)***jp***jp***jp
***jp***
 ふくしま子供疎開裁判を個人的に支援できることを光栄に思いま
す。社会の道徳的健全さの最良の指標は、その社会がもっとも弱い
立場の人たちをどのように扱っているかにあります。そして、不正
義の犠牲となりやすい子供たちほど、弱く、それゆえ大切にしなけ
ればならない存在はないのです。日本にとって、また私たちすべて
にとって、これは決して失敗することの許されない試練なのです。   
ノーム・チョムスキー (2012年1月12日)

   On 2012/01/12, at 11:50, Noam Chomsky wrote:
It is a privilege to be able to lend personal support to the Fukushima
Evacuate Children Lawsuit. There is no better measure of the moral
health of a society than how it treats the most vulnerable people
within it, and none or more vulnerable, or more precious, than
children who are the victims of unconscionable actions. For Japan, and
for all of us, this is a test that we must not fail.
Noam Chomsky
下記「ふくしま集団疎開裁判」サイトをご覧下さい。
http://fukusima-sokai.blogspot.com/2012/01/blog-post_9391.html

白水 さんから:
1/26木に提出予定、北九州市瓦礫受入れ反対の要望の賛同人を募集しています。
ご賛同いただける方は、下記の要領で optnewt at gmail.com
までメールをください。
メールの件名:北九州瓦礫反対要望書
名前、職業、お住まいの地域
(北九州市の場合は区、他地域の場合は県○○市、とお書きください)
(職業がない方は職業を書かなくても結構です)
************************
市長、環境局長に渡す要望書に賛同人を添付する予定です。
提出日まで余り時間がないのですが、宜しくお願いします。
新聞等では、釜石市の受入の可能性は低くなったとありますが、
1/19日の北九州市環境建設委員会では、環境省がマッチングしてくれば
検討する、となっています。環境省次第です。
燃やす・リサイクルするというのが問題です。リスクは低く抑えるべきです。
東京電力の責任が追及されないのはおかしいです。
IAEAが地方自治体に対して受け入れるよう進言しているのもおかしいです。
被災地の事情を考えると、非常に難しい問題だと思いますが、ご協力ください。

T さんから:
広瀬 隆 氏 講演会
1月28日(土曜) 午後 1時 ~ 3時
佐賀県教育会館にて
   佐賀県佐賀市高木瀬町東高木 227-1
   http://www16.ocn.ne.jp/~saga-ed/
入場無料
主催 グリーンコープ生協さが

久留米の井上 さんから:
青柳様、お久しぶりです。
この間ずっとテント村メールを読ませて頂きながら、ネット情報をいただいてお 
りました。
ありがとうございます。
久しぶりに「さよなら玄海原発の会・久留米」からのお知らせです。
拡散をよろしくお願いします。

〆2鵑粒惱会は、山中陽子さんをお迎えしての充実した内容です。
ぜひ、近くにいらっしゃる 原発に関心をお持ちの方にも声をかけていただき、
いっしょにご参加ください。
テーマ;『原発事故と放射能を考える』
  ★日 時; 2012年1月28日(土)18:15~受付 18:30~20:30
  ★場 所; えーるピア久留米301.302会議室
  ★講  師;  山中陽子さん【たんぽぽとりで】
  ★参加費   300円
*託児あり { 託児代 お子さん お一人200円、水筒をご持参ください。}
              託児の申し込みは 25日までに ご連絡ください。
  ※連絡先 井上 080-3229-3838
  △気蕕法2/17(金)にも 上映会とお話を予定しています。
  ★日 時; 2012年2月17日(金)18:15~受付 18:30~20:30
  ★場 所; サンライフ久留米 大会議室
  ★内 容;  『いのちの闘争』上映・西山正啓監督と阿部恵さんをお迎えして。
  ★参加費   300円
  *託児あり { 託児代 お子さん お一人200円、水筒をご持参ください。}
3月の集会に向けても、久留米・佐賀・筑後地区の個人・団体に声をかけて
  準備をすすめています。

ゆふいんの浦田 さんから:
こんにちは。
「ムラづくりNPO風の原っぱ」からのお知らせです。
以下のように、
原子力資料情報室の澤井正子さんを囲んで、
原発や再処理工場などのお話をざっくばらんに
聞くミニ講演会を行います。
◎日時:2012年1月29日(日)18時~20時ぐらい
◎場所:大分県由布市湯布院町川上 1525-12 原っぱカフェ
◎参加費:1000円
◎お申し込みはharappa at oct-net.ne.jp
 または090-7580-8031(浦田)まで
(会場が小さいので20人ぐらいまでとさせていただきます。
 お手数ですが、電話で事前にお申し込みをお願いします)
※また、18時の開始時間までは、カフェでドリンクや食事もできます。

原子力資料情報室ウェブサイト
http://www.cnic.jp/

杉並の山崎 さんから:
いつもお世話様です。
*■ 1月27日ー30日【APF NEWS~誰も伝えなかった東日本大震災真実
     の記録・映像・写真展】のご案内*
2011 年3 月11 日に発生した東日本大震災と福島第一原子力発電所事故。やがて
1 年を迎えようとする現在、この大惨事が人々の記憶から徐々に風化し過去の記
憶とされようとしています。しかし、福島第一原子力発電所事故はいまだ終息の
メ ドすらたたず、現在も放射能をまき散らし続けています。

また、東北三県の復興・復旧も遅々として進まない状況です。この写真・映像展
は、震災直後から現在まで70 日以上にわたり現地入りしているAPF スタッフが
記録した被災地の姿です。カメラの向こう側にある光景はまぎれもない「戦場」
といえ、そこでは人間や自然界の尊厳が失われようとしています。私 たちは、
いまいちどこの光景を心に刻み、2011 年3 月11 日に日本でいったい何が起こっ
たのか、そしていま日本が何をなすべきなのかを考えてみる必要があるのではな
いでしょうか。
              *【記】*
*【APF NEWS~誰も伝えなかった東日本大震災真実の記録・映像・写真展】*
日時:2012 年1 月27 日(金)~30 日(月)10 時から18 時
  (初日14 時から最終日16 時まで)
場所:エコギャラリー新宿 1 階 区民ギャラリー展示ホールA 
   新宿区西新宿2-11-4(新宿中央公園内) 
   *新宿西口より徒歩約15 分 *大江戸線「都庁前」駅A5番出口より徒歩5分
   *丸の内線「西新宿」駅2 番出口より徒歩10分)
入場:無料 
主催:ネットメディアと主権在民を考える会 
お問い合わせ:nmd.sucs2011 at gmail.com
*● 同時開催[討論イベント]*
1.「被災者はいま…」1 月28 日(土) 13 時~15 時
2.「いのち~希望の牧場 ふくしま」1 月28 日(土)16 時~18 時
3.「いのち~福島原発20 キロ圏内 犬・猫救出プロジェクト」1 月29 日(日)
  13時~15 時
4.「震災・原発事故報道とネットメディアの可能性を考える」1 月29 日(日)
  16 時~18 時
場所:両日とも2階研修室
参加費:無料(事前予約の必要はありません)
Ust中継:「ネットメディアと主権在民を考える会」チャンネル2
     http://goo.gl/h7e62
                                  

●○●○○○●○●○●○
《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

★「原発なくそう!九州玄海訴訟」の提訴前夜集会
1月30日(月)時間:18:00開場 18:30開演 20:30まで。
場所:佐賀市メートプラザ(佐賀市兵庫町大字藤木1006-1)
 佐賀勤労者総合福祉センター(愛称:メートプラザ佐賀)
 http://www.city.saga.lg.jp/contents.jsp?id=1424 
 21:00から交流会を予定しています。

★「なくそう!原発 九州玄海訴訟」第一次提訴日
1月31日 集合 13:00 佐賀県弁護士会館 裁判所の西100m集合
      提訴 13:30 佐賀地方裁判所(佐賀市中の小路3-22)
 問い合わせ先:佐賀中央法律事務所TEL:0952-25-3121 

★「さよなら原発! 3・11 福岡集会」
    実行委員会結成集会。
日 時:1月31日(火)18:30から21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階
連絡先:090-1324-8588(ひろば・テント)080-6420-6211(青柳)

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
         青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************






















CML メーリングリストの案内