[CML 014506] この国と原発 第4部「抜け出せない構図」

FURUSHO furusho at mail.hinocatv.ne.jp
2012年 1月 22日 (日) 16:58:32 JST


古荘です。

Bccでお伝えしています。転送、大歓迎です。

今日の毎日新聞(1月22日)に、1、3、14、15ページの殆どを費やして、
次の特集が載っていました。

この国と原発 第4部「抜け出せない構図」

政官業学むすぶ、原子力マネー
長年、自分たちの税金や電気料金が、原発力マネーに変えられ、原発推進に使わ
れてきたことを取材した記事です。

関係する大学名、学者名、企業名、政治家名が具体的に挙げられていることは、
とても重要だと思います。
原発推進11大学に104億円、電力業界の政治献金、補助金、天下りなどなど。


どうぞ、現物を手に入れてお読みください。
4ページもある紙面を、図書館でコピーするより、現物をお買いになった方が安
上がりかもしれません。


今日の記事は、「この国と原発 第4部」ですから、前のもあるはずですね。
それで、検索したら、ほぼ、出てきました。
断片的に私は読んでいることを思い出しました。

ちなみに、第3部は、「過小評価体質」
第2部は、「司法の限界」
ここで裁判官の責任追及は重大です。
いずれも、数回に分けて載っています。

今日の政官業学の責任と司法の責任の追及に加えて、マスメディアの責任追及も
必要だと感じてきました。

丁寧な取材をもとに踏み込んだ記事を連載している毎日新聞に、声を届けたいと
思います。




-- 
FURUSHO <furusho at mail.hinocatv.ne.jp>



CML メーリングリストの案内