[CML 014450] 小出先生、SPEEDIを真っ先に米軍に知らせ「米国の属国だ」

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2012年 1月 19日 (木) 19:23:06 JST


みなさまへ    (BCCにて)松元

小出先生の「たね蒔きジャーナル」1月18日分の転送です。同じ日に、やはりSPEEDIと滋賀県の原発対策についてのTVニュースも報告されていますので、あわせてお届けします。

130億円かけたSPEEDI情報が、国民には使われないで真っ先に米軍に知らせたことについて、「政府の目が国民ではなくアメリカに向いている、この国が米国の属国であることを象徴」「米軍はその情報でさっさと逃げた」と語ります。

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。 

http://hiroakikoide.wordpress.com/

=====以下、転送=====

 永岡です、毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日は水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。

 原発のニュース、定期検査の大飯原発、保安院が評価を妥当とする審査を出しています。運転再開に必要な判断は事故後これが初めてで、拙速との批判は避けられず、専門家の意見を聞く会議が開かれる予定が、反原発の市民が入り、モニターではなくナマで聞かせてくれとの抗議があり、そのため別の場所で開催です。原発に批判的な委員が欠席しているのです。

 福島の浪江町から石が放射能に汚染されていたこと、1000か所で使われており、流通ルートは少量だと分からずルート解明に難航、また、庭やゴルフ場に使われていたのです。二本松市は市内の道路に放射線測定をして、高いところはないとのことなのです。近藤さん、予見可能性の範囲で、人を思いやる気持ちがないと批判されました。これについて、小出先生、昨年6月に、建材の放射能について言及しておられるのです。石、砂利に規制がなく、この種のニュースはまだ出ると近藤さん言われました。

 東電は福島2号機内部を内視鏡で調べます。格納容器に穴をあけて、準備しています。水位、水温を測れますが、燃料の確認は難しいのです。

 震災瓦礫、大阪府は説明会を開き、40市町村の90人が集まりました。放射線の専門家による会議を経て、国の基準より厳しい基準でやるとのことです。しかし放射能はゼロではなく、不安もあります。


 そして、小出先生のお話、SPEEDIについて、3月11日の事故で風向きがどうか、放射能がどうか知らせるべきと言うのに、国民より米軍に提供しており、3月14日に米軍、日本には23日で、これについて、「日本と言う国がどこに目を付けているか、象徴的に表れた」、アメリカに配慮(日本はアメリカの属国)して、自国民に情報を与えない姿を示していると言われました。文科省は米軍支援のためと言い、小出先生笑われて、風向きにより米軍は逃げており、しかし住民は被曝した、文科省の責任の取り方を聞きたいのです。

 この9日間に、アメリカは自国民を80km圏外に避難させており、日本国民もそうすべきであり、飯館村も避難しないといけない、相馬市の人が汚染のひどい飯館村に避難することもなかったのです。

 このSPEEDI、内閣府の安全委員会、避難指示をどうするかを見直しして、SPEEDIは信頼性が低いから使わないと言い、小出先生失笑、リスナーも批判し、小出先生、SPEEDIはチェルノブイリ事故を経て、自国の住民を守るために計算するシステムを作ったのですが、25年、130億円使い、原子力を進めた人が、何を考えてやってきたのか、問わないといけないのです。

 近藤さん、刑事事件なら、情報を提供しないのは不作為犯であり、作為犯は別だが、不作為犯は政治と一体化した原子力行政の姿と言われました。安全委員会、事故直後は炉心のデータがなく仮のデータで計算し、汚染地域を正確に予測できない、実測でやると言い、小出先生は実測の重視は良いものの、実測には限界があり、緊急時には限られたデータしかなく、計算シミュレーション、SPEEDIがあるのに、意味がないと言うなら、どう責任を取るのか、小出先生は刑事責任を問いたいと言われました。近藤さん、結果を取り繕っていると言われました。

 原発の寿命、40年にすると言っていたのに、「例外」があり、20年延長できる、リスナーからも突っ込みもあり、車でも何万kmでアウトの目途があるのに、小出先生、40年と細野氏が言ったときに、40年までは動かしていいという意味であり、小出先生はすぐに止めろと言っており、細野氏の主張がひどいと思われたのです。

原発の継続という意味で、さらに20年延長、原子力を進めてきた人たちの巻き返しで、リスナーより、圧力容器、配管の取り換えは出来るかについて、配管は取り換えられるが、圧力容器はダメ、原発1基で電気ケーブルは2000kmにもなり、その確認は、図面があれば出来るが、古いものでは図面が残っておらず、小出先生のところでも昔の図面がないこともあり、日本の原発はアメリカに作ってもらったもので、チェックする力もなく、古い原発にはケーブルの図面がないこともあるのです。


 今日は、SPEEDIと図面についてお知らせいたしました。 


====18日、滋賀県とSPEEDIの話=====

 永岡です、毎日放送テレビのニュース「VOICE」にて、滋賀県の原発対策とSPEEDIの話がありました。

 滋賀県では、福井で福島事故級の放射能漏れが起こった際の被曝状態を独自に検証しました。その結果、福井に隣接する長浜市、湖南市などで、50〜100ミリシーベルトの被曝になり、事故時には、ヨウ素剤を飲まないといけなくなります。
 滋賀の市民も、リスクに関する情報を開示してほしいと言う声が多く、滋賀県の嘉田知事、国にSPEEDIの情報を利用させてくれと昨年6月以来言っているのに、対応してくれません。

 なぜなのか、毎日放送のスタッフが文科省を訪ねて聞いたら、担当の役人は、SPEEDIは緊急時避難区域(EPZ)の、原発から10km圏内に使うものであり、滋賀県は最も近い美浜原発から13km離れており、EPZでないので、開示できないと言うのです。毎日放送のスタッフは、都合の悪いことを隠しているのではと突っ込むも、納得いく回答は得られませんでした。

 しかし、この件、同志社の中谷内先生は、リスクの情報は住民に積極的に開示した方が、パニックを起こさなくていいとの指摘もありました。

 番組では、SPEEDIは、国は誰を、何を守るのか、という指摘もありました。
 国は、SPEEDIの情報を、日本国民より先に米軍に開示したことも昨日明らかになり、国もやっとSPEEDIの情報を出す方向になっているのですが、これは、重要なお話でした。これを、お伝えいたしました。





------------------------------------
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19
TEL/FAX : 011−882−0705
E-Mail : y_matsu29 at ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538 
------------------------------------ 



CML メーリングリストの案内