[CML 014351] ●13日夜の小川敏夫・新法務大臣の就任記者会見記事・(動画録画)(田中龍作ジャーナル】

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2012年 1月 15日 (日) 21:29:01 JST


nakataです。重複おゆるしください 
メールをいつもありがとうございます。


(以下拡散転送歓迎)
■-----------------------------------------------------------------------------------------■
 ●【特捜の犯罪】について、 小川新法相「報道されている範囲でしか知らない」(田中龍作ジャーナル)
 <13日夜の小川敏夫・新法務大臣の就任記者会見には絶望した。>質問した田中龍作記者の記事。
 下記に、会見の動画録画もご紹介させていただきます。
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/2284(動画録画)
■-----------------------------------------------------------------------------------------■
 
  ●twitter情報についても、ご存じの方もあるかもしれませんが、
  驚く原発関連のニュースもありますので、少し、下記一緒にご紹介いたします。
  参考にお読みください。いつまで日本の闇夜が、続くのだろうかと、、、脱力します。

****************************************************************** 
 
TOHRU_HIRANO TOHRU HIRANO 
▲日本共産党さんが怒ってます。怒るのも無理はない。「ストロンチウム90:事故前の7000倍。東電は12日、福島第1原発の1〜4号機の取水口付近の海底土からストロンチウム90が、事故前の7000倍を上回る濃度で検出されたと発表しました(http://goo.gl/LGqJ7)」
 
patrasche_dog patrasche 脱原発に二票 
▲< 繰り返される津波被害の半分は人災である! 青山貞一 http://blog.livedoor.jp/aoyama211111/archives/52222657.html 津波の被害は1000年に一度ではなく、100年に一度程度の規模で来ており、その都度、万を超す死亡者がでています。


 
tokaiama このメディアは取扱いに注意を要すると 
▲みなさん、世界のGM管製造メーカーが、なぜ日本に送付を送らせたのか? なぜ外国から緊急援助された線量計が文科省の指示で封鎖され配布されなかったのか? 今一度考えて追求しなければなりません。それは莫大な短寿命核種による被曝を隠蔽するため、双葉大熊の数百名の非津波死者を隠蔽するためだ
 

NihonDemo 日本全国デモまとめwiki 
▲この海外のサイトに鮮明な4号機の写真があります!他にも原発作業員の写真もありますが、作業員の目が死んでます。絶望という感じでしょうか.... http://cryptome.org/eyeball/daiichi-111211/daiichi-111211.htm #反原発 #原発


 
satoto_m satoto_m 
▲小川敏夫法務大臣は菅直人Groupの閣僚である。信用出来ない人。この国の法務は今めちゃくちゃである。国民の監視が必要です。


kappaman kappaman 
▲会見直前のレクチャーで官僚が何も教えてくれなかったんだね。/ 「【特捜の犯罪】 小川新法相「報道されている範囲でしか知らない」? 田中龍作ジャーナル http://j.mp/z79vgn

******************************************************************
田中龍作ジャーナル
●【特捜の犯罪】 小川新法相「報道されている範囲でしか知らない」
2012年1月14日 00:02
 ▲小川敏夫・新法相。他人事のような答弁に終始した。=13日夜、法務省。写真:筆者撮影=

 ▲13日夜の小川敏夫・新法務大臣の就任記者会見には絶望した。
 検察改革について記者団から質問された小川新大臣は、郵便不正事件で厚労省の村木厚子さんが冤罪に陥れられそうになったことを引き合いに出した――

 「虚構の構造を検察が作り上げることがあってはならない。村木さんのようなことが2度と起きないように、組織体制をしっかりと構築していきたい」。

 本気で言ってるのだろうか?と筆者は首を傾げた。というのは、次のような事件があったからである。

 12日、『健全な法治国家のために声をあげる市民の会』が東京地検特捜部を偽計業務妨害罪と虚偽公文書作成罪、同行使罪で最高検に告発した。(詳しくは12日付け『田中龍作ジャーナル』に記事掲載)

 ▲小川新法務大臣が指摘するF前田事件よりも大きな検察の虚構が刑事告発されたのである。筆者は「どう対応するんですか?」「検察が犯罪を犯してる訳ですからね」と質問した。

 「私は報道されている範囲でしか分からない」。小川大臣は他人事のように答えた。

 田中:「大臣が『報道されている範囲でしか分からない』というのは困るんですよ。しっかりして貰わないと」

 小川大臣:「今日の時点では報道されている範囲しか知らない。この後、事実関係を確認して厳正な対応をしたい」。

 田中:「いつまでに把握して頂けますか? そして、いつ厳正な対応をして頂けますか?」

 小川大臣:「いつまでと言われても困りますけど、早急に行います」。

 小川氏は、お役所の窓口で住民をいなすような答弁に終始した。「報道された範囲」などという冗談はやめてほしい。新聞・テレビが検察に不利になるような報道をするわけがない。▲事実、毎日新聞(13日付け)は、“検察は指摘されたような捏造をしていない”としか受け取れない記事を出している。

 ▲この大臣の下では可視化どころか検察の犯罪防止さえも期待できない。13日はそれが判明した夜だった。いつまで闇夜が続くのだろうか。

 ◇
小川新法務大臣の就任会見はIWJの録画でご覧ください。

================================

Independent Web Journal 
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/2284(動画録画)

↑

●2012年1月13日(金)、小川敏夫新法務大臣就任会見の模様。


*************************************************************






CML メーリングリストの案内