[CML 014324] 【YYNews】■ S&Pによる[EU9カ国の国債格下げ]はユダヤ国際金融資本による[EU経済力破壊作戦]の一環!

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2012年 1月 14日 (土) 14:00:53 JST


 杉並の山崎です

いつもお世話さまです。

*■ S&Pによる[EU9カ国の国債格下げ]はユダヤ国際金融資本
  による[EU経済力破壊作戦]の一環*!

今朝(1月14日)のNHKTVの速報で、3大各付け会社の一つスタンダード&プ
アーズ(S&P)社がヨーロッパ9カ国の国債を一斉に引き下げ た、と報じました。

最高各付けの[トリプルA]であったフランスとオーストリアの国債を1段階下
げて[ダブルA]とし、イタリア、スペイン、ポルトガル、キプロスの 4カ国の
国債を2段階格下げ[ヨーロッパの信用不安]は一段と深刻化する、と報じました。

NHKTVがスタンダード&プアーズ(S&P)社による[ヨーロッパ9国債格下げ]
のニュースを報道するのであれば、[なぜ今ヨーロッパ危機を加 速するような
国債格下げをS&P社は行ったのか]の疑問に答える報道をすべきなのです。

スタンダード&プアーズ(S&P)社を始めとする3大各付け会社(S&P,ムーデ
イーズ、フィッチ)は、2002年−2006年の[米国 サブプライムローン
住宅バブル]の際にゴールドマン・サックスやリーマン・ブラザーズなどの国際
投資銀行が開発した[正体不明の]のデリバティブ 金融商品に[トリプルA]の
最高評価をつけ世界中の金融機関や投資家に売りまくった[主犯]です。一説に
よるとその総額は6京円(6万兆円)に登 ると言われ、いつ[不良債権化]し
て爆発するかわからない[地雷]として世界中に埋められているのです。

3大各付け会社は2007年の[米国サブプライムローン住宅バブル]崩壊によ
る多額の不良債権を抱えた金融機関の倒産、2008年9月のリーマ ン・ブラ
ザーズの倒産をきっかけとした2009年の[世界金融恐慌]を引き起こした
[主犯]なのです。

*▲ 3大各付け会社はユダヤ国際金融資本の手先!*

3大各付け会社は[米国サブプライムローン住宅バブル]の際に開発された[正
体不明の]のデリバティブ金融商品に[トリプルA]を付けて世界中に 販売さ
せ、2009年の[世界恐慌]を発生させた[主犯]なのに、なぜその責任も追
求されず罰則も課せられないのか?

3大各付け会社は公的機関でもない民間企業ですが、国の命運を左右する[国債
格付け]という仕事を独占的に許されてきたのか?

彼らを野放図にしてきたのは、世界の金融を実質的に支配しているロスチャイル
ドを司令塔とするユダヤ国際金融資本なのです。

ユダヤ国際金融資本はBIS(国際決済銀行)、IMF、世界銀行、各国の中央銀行、
投資銀行を実質的に支配しており、フランスのサルコジ大統領や ドイツのメル
ケル首相が3大格付け会社による[国債格付け引き下げ]に対して正面から批判
できないのです。何故ならば彼らを大統領や首相に押し上 げたのがユダヤ国際
金融資本そのものだからです。

ユダヤ国際金融資本はこれまでに以下のような[バブル]の発生と崩壊、[金融
危機]を演出してきました。

1986年ー1990年[日本:平成バブル]
1991年−2011[日本:平成バブル崩壊と失われた20年]
1997年[アジア通貨危機]
1999年ー2000年[ITバブル発生と崩壊]
2002年−2007年[米国サブプライム住宅ローンバブル発生]
2007年[米国サブプライム住宅ローンバブル崩壊]
2008年[リーマンショック]
2009年[世界金融恐慌][政府による金融機関救済]
2011年[米政府債務1000兆円][ドル安・円高誘導政][ギリシャ危
機]     [ユーロ危機]
2012年[ユーロ危機の全面化][日本:消費税増税]
     
*▲ S&Pによる[EU9カ国の国債格下げ]は[EU経済力破壊作戦]の一環!*

私は1月9日のブログに【[ユーロ危機]は仕掛けられた危機!】という記事を
書き【YYNews】で配信させて頂きました。

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/b7bfff454ee60d22c64462eb2a2eee93

記事の中で、[ユーロ危機]は[作られた危機]であり経済と財政と金融で崩壊
の危機に陥っている米国を救済するために、[日本の経済力破壊](注 2)に
成功した米国の支配層と英国支配層が[EUの経済力]を破壊する[EU経済力破壊
作戦]の一環であり、[EU経済力破壊作戦]の裏の司令塔 はロスチャイルド、
表の司令塔は米政府とFRB、BIS(国際決済銀行)、IMF、尖兵はゴールドマン・
サッ クスと3大格付け会社(S&P,ムーデイーズ、フィッチ)と述べました。

[EU経済力破壊作戦]は以下のような[手順]で実行されたのです。

(1)ゴールドマン・サックスは巨額な財政赤字に苦しむ当時のギリシャ政府と
   結託して、ゴールドマン・サックスからの融資を元に[粉飾決算書]を
   作成し2004年にギリシャの[ユーロ加盟]を実現させた。

(2)ギリシャでは[ユーロ加盟]によってバブルが発生し公務員優遇や放漫財政
   で財政赤字を膨らませた。

(3)3大格付け会社は[ギリシャ国債]をわざと高い付けにして主にEUの主
   要銀行が購入するように仕向けた。

(4)2008年ギリシアの政権交代によって[粉飾決算]が暴露され巨額な財
   政赤字が暴露された。

(5)2010年3大格付け会社は[ギリシャ国債]の格付けを一気に6段階格
   下げして[ギリシャ危機]を演出した。

(6)2011年紙くず同然の[ギリシャ国債]を大量に抱えたEU主要銀行は経
   営危機に陥った。

(7)特に大量の[ギリシャ国債]を抱えたフランスとドイツの主要銀行は政府
   による資本増強で救済された。

(8)[ギリシャ]の次には200兆円の財政赤字を抱えた[イタリア]をター
    ゲットにして同じ作戦が実行された。ちなみにギリシャの新首相もイ
    タリアの新首相もECB新総裁も全員ゴールドマン・サックスの元重役。

(9)[ギリシャ]→[イタリア]→[スペイン]→[フランス]→[ドイツ]へ 
   と[金融危機]を拡大させ[ユーロ]を弱体化させ[EU経 済力破壊]す
る    のが2012年の目標。

*▲ EUは公的な[国債の格付け機関]を創設し[ユーロ危機]を仕掛ける3大格
    付け会社を営業禁止にせよ!*

今EUが米英の[EU経済力破壊作戦]に対抗してとるべき作戦は以下のことです。

(1)公的な[国債の格付け機関]を創設し[ユーロ危機]を仕掛ける3大格付
   け会社を営業禁止とする!

(2)[ユーロ危機]を仕掛けたゴールドマン・サックスを始めとする投資銀
    行とヘッジファンドを営業禁止にしすべての[投機行為]を禁止する。

(3)国際投機資金に課税する[トービン税]を直ちに導入する。

(4)EU各国はユーロと自国通貨の二本立てとする。

(5)EU各国は中央銀行を国有化する。

(6)英国をEUから除名する。

(7)BISを解体しロスチャイルドとFRB、IMFの影響を排除する。

(8)民間銀行から[信用創造特権]を剥奪して[通帳マネー]と[投機マ
   ネー]を根絶する。

(終わり)





CML メーリングリストの案内