[CML 014322] 【報告】第269目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 1月 14日 (土) 12:36:47 JST


青柳行信です。1月14日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第269日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから1月13日現在総数1986名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月13日3名。
     桑添和弘  匿名1名  未確認

     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳 様
新年会(信念会)は にぎやかで楽しかったです。
無責任な 九電幹部に向かって 今後もしっかりした抗議行動を
続けていき、原発 廃止につないでいきたいものです。
あんくるトム工房
テント村の新年会     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1666

ひろば 上條さんから:
<テント報告>
朝、久しぶりに右翼のFさんを見ました。九電松尾会長と眞鍋社長の辞任表明会 
見について
松尾会長は眞鍋社長を道連れにせずにひとりでやめればいいのにと言っていまし 
た。この発言は
やらせメール問題の責任(九電経営陣側はどの責任を取って辞めるのかを会見で 
出さなかったと
思います)という意味では完全に的外れだと思いました。

テントを設営している間に革新懇の溝口さんが訪れ、朝から九電に申し入れする 
とのこと。
今日は信念会(新年会)のための設営もあり、立ち上げに1時間20分かかりま 
した。

ぎゃーさんたちから大量のみかん、バナナなどのフルーツや餅をいただきました。
昼に私は用事でテントを離れなければならず、帰ってきたらちょっとした宴会状 
態になっていました。
お酒はありませんでしたが、久留米の今村さんが作ってくれたカレーやぎゃーさ 
ん達からの餅やフルーツ、
糸島の牡蠣が用意されており、来た人来た人に配っていました。
私がテントひろばを離れていたときに井上陽子さんから青柳さんと横田さんと私 
へのセーターのプレゼントが
ありました。井上さんありがとうございました。

信念会の準備中に署名されるかたが多くいました。特に若い方が多かったです。
スイスの方が11・13Tシャツをどこで買えばいいか、テントひろばを訪ねて 
きたそうです。

17時になり信念会を始めました。延べ19人の参加。信念会があれば参加した 
いといっていたハンナ&
マイケルさんも参加されました。今回は糸島の牡蠣を使ったかき鍋を囲み、自己 
紹介と今年の抱負を
それぞれが話しました。糸島の牡蠣をもってきてくれたかたは糸島市の牡蠣はど 
うかと店員にきいたところ、
稚貝は宮城県産沖だけれども3.11前のものだ、だから安心してと言っていた 
そうです。その店員は海は
宝だからねと、玄海原発は恐いよねとも言っていたそうです。
それぞれが語るなかで、テント体制の維持についての不安の声が出されました。
信念会の初めからKさんがUstreamで信念会の様子を中継していて、それを見てい 
た遠くの方との交信が
ありました。
片づけ時には青柳さんはただイスに座っているだけの状態になっていました。そ 
の後の私の苦労を
皆さん想像してください。

ゆういち&マリエ さんから:
お疲れ様です。
先日広場にお邪魔したとき
広場常駐の方から凄い話を聞いてしまいました!
皆さんは聞いてますか??
彼は鉄筋工で三ヶ月も仕事が無いそうなのですが、、、、
実は、福岡県内の現場で使用しようとして持ち込まれた鉄筋から放射能が検出さ 
れて現場がストップして、その鉄筋も放置されている!
と言うことでした。
広島辺りを経由して福岡に入ってきた見たいですが、、、
その先は福島辺りだったらしいです。
前にお伝えしました、肥料の件と言い、本当に関門や港に関所をつくって鎖国状 
態にしなきゃなりませんね。。
もう、九州は独立しちゃいましょう★
話変わりますが、、、
反転地から広場に向かう途中の川の所の西鉄?の高架橋の足に、ヒップホップ 
ちょうの落書きで、反原発。と書いてあるのを見つけました♪
どんなに年寄りどもが誤魔化そうとしても、若い人達の意識は芽生え始めている 
と言うことですね★
希望をもって頑張りましょう♪
どうもありがとう
愛してます
優しい食事は優しい未来を創る★ミートフリー☆野菜食べよう♪
Love Peace Eco Free

吉田典子 さんから:
12日、明屋(書店)で『前夜』(税込み千円)の創刊号みつけました。
『前夜は女性が活躍できる場にしたい。女しか世の中を明るくしない。女が活き 
活きしていたらなんかやる気でる』と編集長のコメントが載ってました。
『ゴーマニズム宣言  東京と飯舘村、放射能恐怖の落差』に『除染に金をかける 
くらいなら国有林か何かを払い下げて村ごと移住できるようにしてもらった方が 
いい』などの村民の要望などが書かれていました。
政治家がその気になれば、これはそれほど実行が難しい事ではなさそうに、思え 
ます。
九州には限界集落も過疎地もあるし。
『社会を変えられるのは老人のほう』という古市憲寿さんの意見には、個人的に 
大賛成。泉美木蘭さんの『もくれん被災地レポート』シリアスな現地の状況では 
あるけど、辛気くさくなってちゃ、やってらんないというシブトサが、滲んでます。
その通り!
戦争中でも市は立つんです!
この雑誌の内容にどう反応するかで、読む人のサバイバル度と発想の明度がわか 
るかも…と私は思いましたが…。
脱原発啓蒙活動には、持ってこいの内容です。

五島・歌野 さんから:
青柳様
寒中のテント村維持、大変だと思います。でも継続できて、間違いなく九州・全 
国の反原発の象徴になっていると思います。私自身お手伝いに行けなくて申し訳 
ありません。12月は別件でバタバタし、年明けからは1年分の炭焼きに集中し 
なければならないので、なかなか島を出ることが出来ません。
3・11に向けた取り組みもご苦労様です。情報の拡散やこちらで出来るお手伝 
いはやりますが、どうも再稼働間近の状況でスケジュール行動にいま一つ乗り気 
になりません。考えているのは再稼働を九電が強行しようとしたら、単身トラク 
ターで淡々と九電周囲を走り回るということを考えています。一般市民に顰蹙を 
買うかもしれないので、テント村への影響も出てくるかもしれません。青柳さん 
の考えをお聞かせください。
<青柳コメント:歌野さんの熱意とアイデアに賛同します。おもいっきりしま 
しょう。>

一つお願いです。1月28日に西山監督の希望で、当地で「命の闘い」の上映・ 
監督トーク会を予定しています。そこで脱原発関連情報のバックナンバーを冊子 
にして配布しようと思っていますが、コピー・印刷環境が当地ではありません。 
で「ココロン」を使わせてもらえないかというお願いです。18日所用で久留米 
に出なければならないので、早目に行って印刷したいと思っています。あいにく 
18日は水曜日で、「あすみん」は閉館日。可能でしたら申し込みの手続きをお 
願いできないでしょうか。A3両面で1000枚分です。18日、午後から 
2~3時間かかるのではと思います。そんな長時間使用が許可されるのか不明で 
すが。
<青柳コメント:「あすみん」は第4水曜日が閉館日だと思います。>

清水@グルントヴィ協会 さんから:
青柳さん、こんばんは。
さて、いつもの原発関連情報16です。
1,9日にも原発労働者の手配に暴力団などが関与している記事を載せました 
が、さっそく不正派遣の記事(毎日新聞他多数)が出ました。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120113k0000e040149000c.html

2,これにかんして、東電が初めて危険手当を上乗せしていることを認めたとい 
う記事を赤旗が出しています。渡辺博之市議はこの問題をずっと追ってきた人です。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-01-12/2012011201_04_1.html

3,ロイター通信が、フランスの原発周辺に暮らす子どもの白血病が通常の2倍 
にもなることを報道しています。これはドイツでもすでに何度も指摘されてきま 
した。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE80B01H20120112

4,しかし、福島の現状はあいかわらずひどいものです。東洋経済の現地取材記 
事です。
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/dcfa332c04a88f71af7ef2bb51360fe0/page/1/
トンデモ学者の武田邦彦氏も怒り心頭です。
http://takedanet.com/2012/01/post_b4ac.html

5,毎日新聞の特集に肥田舜太郎さんの記事が出ています。肥田さんは最近引く 
手あまたですが、それだけ低線量被曝の不安が深刻だということなのでしょう。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120112dde012040014000c.html

6,これに対して、「子どもの権利条約」に「個人通報制度」が加えられ、これ 
によって子どもたちが保護してくれるはずの国の不法行為を、ジュネーブの国連 
人権高等弁務官事務所に申し立てるという方法が可能になるという記事です。し 
かし、時間がかかりそうです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120110-00000305-alterna-soci

7,北海道大学 地震火山研究観測センターの森谷武男教授が、2011年12月から 
2012年1月にかけて再びM9クラスの地震が発生する可能性があるとの警告を発表 
し、HPにも掲載しましたが、大学当局の圧力で削除されました。東日本のみなさ 
ん、十分に注意して下さい。4号機の核燃料プールが危機状態です。
http://savechild.net/archives/11220.html
http://nanako.sci.hokudai.ac.jp/%7Emoriya/M9.htm

8,木村朗氏(鹿児島大学)がNPJ通信に、原発と核開発の歴史をまとめていま 
す。地震にかんしては、最後にアメリカの地震兵器について言及しています。荒 
唐無稽な話ではありますが、国会議員がまじめな顔をしていうのであれば、外交 
上の機密情報として伝わっているのかもしれません。地震兵器といっても地下の 
断層部分などで核爆発でも起こすものではないかと思うのですが。
http://www.news-pj.net/npj/kimura/036.html

9,東京ではまだまだ放射能汚染が悪化しているという「女性自身」の記事です。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120112-00000307-jisin-soci

10、推進派はまだ全然反省の色もなく、発送電分離に反対したり、六ヶ所村の再 
処理工場をスタートさせています。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201201/2012011200793
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012011290070136.html

11、こういう懲りない連中に対して、株主代表訴訟を起こす動きがあります。九 
電相手にも近いうちに動きがあると思います。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/281747

12、電力会社は、銀行や生保が筆頭株主になり、株式の持ち合いで少数株主の意 
見を押さえ込みます。オリンパスの元社長ウッドフォード氏がこの日本の不祥事 
隠しのシステムのためにオリンパス復帰をあきらめざるをえませんでした。その 
連中に打撃を与えようという提案です。これで原発が止まるとは思えませんが、 
彼らに対する無名の市民の抵抗として意義があります。
http://nanohana.me/?p=9708

松本 さんから:
みなさまへ  
小出先生の「たね蒔きジャーナル」1月11日、12日分の転送です。
これまでにも述べられたように、ストレステストは「安全確認の言い訳けをつく 
ろうとしている以外ではない」。また、「ヨウ素剤は飲むタイミングが重要で今 
回のようにSPEEDI情報を隠すようでは配布しても意味がない」と語ってい 
ます。

韓国の原子炉トラブルで日本人は被害者になることに最大の関心事があるようだ 
が、もんじゅの例を引き「私は加害者になることが一番いやだ」と述べています。

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。
http://hiroakikoide.wordpress.com/

=====11日のお話=====
 永岡です、毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日も水野晶子さんの司 
会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。
 原発のニュース、九電のやらせメールの社長後任に、副社長昇格で、会長も更 
迭です。社長が退任後会長にならないのは初めてです。

 そして、小出先生のお話、原子力安全基盤機構、法で定められているただ一つ 
の機関であり、水野さんは厳しい機関と思うものの、実態は電力会社の原案を丸 
写しにして検査しているのです。これについて、小出先生笑われて、小出先生は 
定期検査を受ける側で、文科省の検査を受けるので基盤機構は関係ないのです 
が、検査の要領書は小出先生が作る(本当は正しくない)、京大原子炉実験所、 
廃液処理の細かいところは検査官は分からず、家の台所も外の人は知らない、細 
かいチェックは検査を受ける、機械を知り尽くしているものしか作れないので 
す。それを文科省と相談して検査するのです。

 複雑な機械を取り扱うにはそうならざるを得ないが、「基盤機構はメーカーの 
人が職員になり、原子力村の人が働き、ナアナアになる」のです。電力会社の 
OBがたくさん入っているのです。仲間同士で検査するのは問題なのです。

 水野さん、こういう体制は壊さないといけないと言われ、近藤さん、安全を確 
保するためにやるのに、それを原発を守りたいものがやることは問題、JR事故 
と同じで、日本は人間の命を軽く考えていると言われました。

 原発の検査、配管の腐食などは目視検査、分解点検検査もある、たくさんの検 
査項目があるのです。あらゆる部分を検査できる「建前」なのですが、実際には 
見ていないところで事故が起こる、美浜3号機の2次系の配管が破裂して作業員が 
5人死んだ、これは検査していなかったところなのです。見落としているところ 
があり、そこで事故が起こるのです。

 見落とすくらい複雑であり、検査を受けるときは安全を守るために小出先生や 
り、インチキをするわけはないのですが、考え付かないところでトラブルも起こ 
るのです。

 検査で、ストレステスト、EUで先に行っており、そのEUの人、ブルガリア 
の人が来て、ストレステストに評価基準はなく、それで安全にならないと言っ 
て、小出先生「その通り」、コンピューターのシミュレーションのみで、異常事 
態に耐えられるかシミュレーションであり、いい加減なテストだとアウトです。 
ストレステストには人的ミスは対象外で、3・11の前に福島のストレステストを 
しても問題は出てこなかったとブルガリアの人は言い、その通り、「ストレステ 
ストで実態を見ることは一切しない」のです。

これまで、日本の原発は国の指針に乗って安全のお墨付きをもらって来たのに、 
その福島で事故が起こり、今までの指針が意味なしになった、それで、ストレス 
テストをするとして、しかしストレステストはコンピューターのシミュレーショ 
ンで、想定したことしか出来ない、人為ミスは考慮できない、今までの安全審査 
と同じで、安全の言い訳のためにやっているのです。
 今日は検査についてのお話をお伝えいたしました。

=====12日のお話=====
 永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日は千葉猛さんの司会、 
毎日新聞大阪本社論説委員の藤田悟さんの案内で放送されました。
 原発関係のニュース、福島県が、1万人の母親に母乳の放射能検査をします。 
福島・宮城で母乳からセシウムが出ており、検査を希望する母親から提供を受け 
て民間で検査します。
 福島県立医科大、放射線医師の育成のため、研修医の検診が行われています。 
9人の研修医が参加しています。

 そして、小出先生のお話、安全委員会の被曝医療委員会、事故の際の周辺住民 
にヨウ素剤を配っておく提言をしており、5km以内に配るのですが、これを飲む 
と甲状腺がんを防げるが、飲むタイミングが大事で、事故が起きたことが分か 
り、放射能の飛んできた後はダメ、放射能の飛んでくるまでに飲むことが意味が 
あり、今回の事故では、住民は放射能がいつ来るか分からず被曝、政府は 
SPEEDIで知っていたのに公表しなかった、今後も、対応しないと意味がな 
いのです。安全委員会が決めても、今回の事故で住民を守らなかったものがなぜ 
そんなことをする権限があるのか、なのです。

 大変微妙なタイミングで、情報を通知しないとダメなのです。出来なかったの 
ではなく、積極的にやらなかったのです。

 韓国のウォルソン原発がトラブルで止まっており、韓国に原発が21基あり、事 
故になると当たり前で日本に影響がある、人の住めなくなるところもあり、今日 
小出先生のところに韓国のテレビ局の人が来てインタビューをして、その中で、 
韓国の人たちも、日本のもんじゅの事故で韓国に被害がどうなるか聞かれて、プ 
ルトニウム原子炉の事故で、東側から風が吹くと韓国にも影響があり、韓国の原 
発で事故+西風=日本に被害、なのです。

 自分の被害が関心ですが、「自分が加害者になるのがいや」、日本の原発で他 
の国に迷惑をかけるのを避けたい、日本、韓国、中国すべて危険だが、日本の原 
子炉をどうするのか、考えるべきなのです。

 子供に関するニュース、原発周囲のフランスの子供は、白血病の発病率が倍に 
なると報じられ、「そういう研究は山ほどある」、今回はフランスだが、アメリ 
カの周囲でもそういうデータがあり、イギリスのセラフィールド再処理工場の周 
りでも多い、本当に原子力施設からの被曝の影響からかは論議されているもの 
の、データは蓄積されているのです。しかし、何の原因か、放射能被曝か、別の 
原因があるのか、「はっきりした原因は突き止められていない」のです。

 全国の原発を監視するERSSに不具合、その原因が分かり、データのメモリ 
不足で止まったのですが、保安院は定期的にリセットすると言うものの、小出先 
生、まんがみたいであると語り、メモリはどれだけあるか分かっている、どれだ 
け要るか分かっているのに、運用上やるべきなのになされていないとは驚きなの 
です。

藤田さん、韓国のテレビ局の取材について、事故後の原発のことかと聞かれて、 
小出先生のところにたくさんの外国のメディアが来る、脱原発、推進の国も来る 
し、韓国は原子力で世界に出るところ、なぜ小出先生のところに来るのかは不明 
で、しかし答えられることは言っています。どういう思惑で韓国から来たのかは 
不明、韓国にも放射能は飛び、海にも流れている、そういうことを報道されるの 
かも知れないのです。
今日も、小出先生のお話をお届けしました。

坂井貴司 さんから:
<水の放射能汚染>
 大津波による福島第一原発事故の放射能汚染を、「水」の視点から見つめた番 
組です。
 海、川、湖、沼の水や魚、貝を調査してところ、予想しなかった放射能汚染の 
現状が確認されました。その報告です。
 
 NHK総合 NHKスペシャル
 「シリーズ原発危機 知られざる放射能汚染~海からの緊急報告~」
 http://www.nhk.or.jp/special/onair/120115.html
 
 放送日:1月15日
 放送時間:午後9時00分~9時49分
 
くすのき さんから:
福島はかつて高知と並んで自由民権運動が盛り上がった地域。
15日22:00~23:30にNHKの特集番組で、明治に起こった福島の民権運 
動がク
ローズアップされます。
http://www.nhk.or.jp/nihonjin/schedule/0115.html

●○●○○○●○●○●○
《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)
ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)

●○●○○○●○●○●○
「さよなら原発! 3・11 福岡集会」(仮称)実行委員会準備会のつどい。
日 時:1月17日(火)18:00から21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階
連絡先:090-1324-8588(ひろば現場)080-6420-6211(青柳)

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
         青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************












CML メーリングリストの案内