[CML 014321] 復興は借金地獄になった

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2012年 1月 14日 (土) 12:12:23 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 東日本大震災の「復興」は、このようになるのではないか、と慄然するような
内容です。そして、惨事便乗型資本主義のモデルケースではないかと言いたくな
ります。
 
 1995年1月17日の阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)で、ケミカルシュー
ズの工場や小さな店が密集していた神戸市長田区は瓦礫の山となりました。
 
 神戸市は、「長田区を副都心に変える」と決定し、40棟の中高層ビルを建て
る復興再開発事業を行いました。
 
 それから17年、復興の思いを抱いて再開発ビルに入居した被災者たちは、借
金地獄に苦しんでいます。自己破産や会社倒産、夜逃げが続発しています。自殺
する人もいます。再開発ビルは空き部屋だらけです。
 
 「借金の山が復興だったのか・・・」

被災者の絶望をテレメンタリーが描きます。

 テレメンタリー
 「復興という名の地獄 〜震災から17年、神戸で今・・・」
http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/

1月16日放送
放送時間は各地で異なります。

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 
  


CML メーリングリストの案内