[CML 014228] Re: 意見の相違はあたりまえ

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2012年 1月 11日 (水) 14:56:07 JST


前田さん

あなたは懲りずにどうしてこういうただ人を貶めることだけを目的とするショービニズム的な投稿をやめようとしないの
でしょうね。

ショービニズムを追撃することを自称、自認する人が実はショービニズム的な投稿をしてやまない。あなたを「自己本
位的な『人権』感覚」の持ち主と私が批判するのはそういうところを見てのことでもあるのです。

> 石垣さんが、「以前、労戦分裂をめぐるやり取りがありました。その時に、東本さんを批判したところ、長い長い文章
> が返ってきました」という意 味を込めて、お返事をしたのですよね。

仮に「労戦分裂をめぐるやり取り」があったというならその「やりとり」そのものを提示しなければ、自分の意見を述べ
るだけのことに終わり、「具体的な論証」ということにはならないでしょう、と私は言っているのです。

ちなみにあなたの野放図で破廉恥といってよい横やりはいまここで(CMLならCMLで)問われている重要な議論を
あらぬ方向に導く負の役割を果たしています(たとえば山崎氏と私及びBARA氏の議論は社会変革の課題にとって
有益な議論、あるいは有害な議論とはどういうものかという議論に発展する可能性を持っていました。が、あなたの
破廉恥な横やりはそうした可能性のある議論を無効化、あるいは無為化させてしまいました)。

こうした破廉恥な結果へと導く行為はたびたび繰り返されており、今回が初めてではありません。


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/

-----Original Message----- 
From: Maeda Akira
Sent: Wednesday, January 11, 2012 1:40 PM
To: 市民のML
Subject: [CML 014226] Re: 意見の相違はあたりまえ

前田 朗です。
1月11日


石垣さん

絶句と爆笑の間でお困りでしょう(笑)。

横やり原理主義の東本さんに倣って、私も横やり。


1)東本さんが、「どういう事象をさしているのでしょうか?」と質問したので、

2)石垣さんが、「以前、労戦分裂をめぐるやり取りがありました。その時に、
東本さんを批判したところ、長い長い文章が返ってきました」という意 味を込
めて、お返事をしたのですよね。

3)ところが、東本さんは、文脈を読めないので、「まったく的外れ」「まった
く回答になっていません」と、異常な態度をとります。


いつもこうです。「文脈の読めない」東本さんはご自分の妄想を根拠に他人を非
難する「対話のできない」人物です。

普通なら、

4a)「いえいえ、私は石垣さんと労戦分裂をめぐってやり取りしたことはあり
ません。」

あるいは、

4b)「いえいえ、労戦分裂をめぐるやり取りはありましたが、私は短い投稿し
かしていません。長い長い文章とはどれを指すのですか。」

以上のように応答すればいいだけのことです。



脱知性原理主義の東本さんは、最初から「対話ができない」し、「対話するつも
りもない」のでしょう。

(7)を書く前に、余計なことを書いてしまいました(笑)。






> 石垣さん、まったく的外れのご返信ですね。
>
> 私はあなたが具体的な論証もなく一方的に私を非難していることについて、
>
> 「具体的な論証もなくただあなたの一方的な見解のみを述べて人を貶めるもの
> ではないでしょう。/
> 「彼も間違えがあり、それを指摘すると、長い長い文章が返ってきます。弁明
> だから長くなるのです。
> 答えられないときは返事は来ません。」/とはどういう事象をさしているので
> しょうか?」
>
> と問うているのです。
>
> 上記の私のいう「事象」とは具体的なあなたと私とのやりとりのことを言いま
> す。
>
> 私は、あなたの私に対するどのような指摘があって、そのあなたの指摘に対し
> て私がどのような「長い長い弁明」をしたと
> いうのか? また、あなたが「答えられないときは返事は来ません」と言うそ
> の「(私が)答えられな」かったという事象とは
> どういう事象を指すのか、ということを問うているのです。
>
> あなたは私の問いには答えず見当違いに「労戦分裂」に関するあなたの見解を
> 述べるのみ。
>
> まったく回答になっていません。
>
> あなたは無根拠に私を非難しているわけですからその根拠を示す応答責任があ
> るのです。
>
> 根拠も示せずに人を一方的に非難するなどもってのほかです。
>
>
> 東本高志@大分
> higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
> http://mizukith.blog91.fc2.com/
>
> -----Original Message----- From: 石垣敏夫
> Sent: Tuesday, January 10, 2012 4:35 PM
> To: 市民のML
> Subject: [CML 014199] 意見の相違はあたりまえ
>
> 東本さん
> お世話様
> 年月日は忘れましたが、
> 1例として、1989年の労戦分裂の件をあげます。
> 連合路線を批判するのは良いですが、
> 共産党が全労連として自政党支配下の分裂組合を
> 結成したこと。
> 路線の相異は組合運動では当たり前。
> 自分たちの路線が正しいと思ったら、組合員に訴え
> 粘り強く訴えていくしかありません。
> 分裂は政党的行為。
> 表は路線であったが、実態は異なりました。
> 総評時代からあったこと、
> 組合費が共産党に回らず、民主党(以前は社会党)
> に回ってしまうので分裂、これが本音です。
> これは共産党の専従が自分たちの収入を安泰にさせるためです。
> 困ったのは現場の労働者。毎日顔を合わせて仕事をする
> 労働者どうしがいがみあいました。
> 喜んだのは資本家・経営者です。
> 組合が分裂し、安保などますます闘えなくなりました。
> 非正規雇用者の増大阻止、労働条件の改善など、とても
> 闘えません。(私はこの時現場にいました)
> ご承知のとおり1989年以降労働条件は悪化をたどっています。
> 組合分裂20年の総括、これが実態です。
> 今更過去のことを言ってもしょうがありません。
> 私は分裂の原因は双方にあるのだから、それを
> 棚上げにして、上部団体は個人加盟に切り替え
> とりあえず、労働条件に対する闘争の為、
> 組合内の政治活動の自由を保障し、組合を再統一すべき、と
> 提起しています。
> 例として日教組と全教は統一すべきです。
> 労働組合は労働者の学校です。それが今は、政党の
> 下請けになっています。
> 脱原発・米軍の撤退(安保破棄)・反貧困・反TPP等
> 50代以上の責任は大きく、若者といっしょに行動すべきときでしょう。
> (石垣)
>
>
>
>
>
>
> 具体的な論証もなくただあなたの一方的な見解のみを述べて人を貶めるもので
> はないでしょう。
>
>
> 「彼も間違えがあり、それを指摘すると、長い長い文章が返ってきます。弁明
> だから長くなるのです。
> 答えられないときは返事は来ません。」
>
> とはどういう事象をさしているのでしょうか?
>
> 具体的にご指摘いただければ、あなたの上記の感想が一方的な感想でしかない
> ことは明らかになると思います。
>
> 追記。
> この際ですから、前田さんの反論なるものにもあとで反駁しておくことにしま
> す(うっとうしい限りですが)。ただし、
> 今日のことにはならないかもしれません。
>
> 東本高志@大分
> Sent: Tuesday, January 10, 2012 12:29 PM
> To: 市民のML
> Subject: [CML 014192] 東本さんはなぜ間違えるのか(6)「黙祷の中でイン
> チキ民衆思想家は叫ぶ」
>
> 前田 朗さん
> お世話様です、
> 東本さんは怒るかもしれませんが、
> 東本さんは前田さんが批判するほどの大物ではないでしょう、
> 私は東本さんから学ぶことは多々ありましたし、感謝しています。
> しかし、彼も間違えがあり、それを指摘すると、長い長い文章が
> 返ってきます。弁明だから長くなるのです。
> 答えられないときは返事は来ません。
> 東本さんの問題点は弱者の視点、現場の視点が弱いのです、
> 私は無理な期待をしないことにしています。
> 石垣敏夫
>



CML メーリングリストの案内