[CML 014220] 【1/28】オキュパイ!シカゴ上映 米軍撤退を勝ちとったイラクと世界の運動

m-kawa71 at taupe.plala.or.jp m-kawa71 at taupe.plala.or.jp
2012年 1月 11日 (水) 10:54:11 JST


こんにちは、
イラク平和テレビ局inJapan川島です。
今週の最新映像は、「オキュパイ(占拠せよ)!シカゴ」です。
サンプル映像もアップしていますのでぜひ、ご覧下さい。
http://peacetv.jp/sample_video.php

1/28米軍撤退を勝ち取ったイラクと世界の運動 イラク連帯集会でも
上映をおこないます。ぜひ、ご参加下さい。

詳しくは:http://peacetv.jp/128rentai.html

*********転送歓迎************** 
 
  米軍撤退を勝ちとったイラクと世界の運動 
   1/28イラク連帯集会〜映像と報告〜 
 
 
2011年12月イラクから米軍が完全に撤退しました。軍隊による支配を許さな 
かったイラクとアメリカの市民の動きを映像で明らかにします。2012年さら 
に勢いを増すイラクを含む中東民主主義革命と欧米の”We are the99%,オキ 
ュパイ(占拠せよ!)”の波につながっていくためにぜひご参加下さい。 
 
 
日時:1月28日(土)13:30開場、14:00開始 
 
場所:玉造さんくすホール 
   大阪JR環状線「玉造」駅下車東へ徒歩5分 
   地図http://www.mapion.co.jp/phonebook/M02030/27115/0669723942-001/ 
    
参加費:500円 
 
☆プログラム☆     
 
1 イラクからのメッセージ 
   
  米軍撤退を勝ちとった歴史的な意味    
 
2 最新映像 アメリカ・イラクから 
 
 【オキュパイ(占拠せよ!)シカゴ】 
                  
                 制作:レイバービート(米・シカゴ) 
 
 【失業・飢え・暴力のないイラクをめざして(仮)】 
                 
                 制作 イラク平和テレビ局inJapan 
 
 
3 “We are the 99%” 3/17アクションへ 
 
   イラク・マリキ政権の弾圧に手を貸す、日本政府・企業のODAと石 
   油略奪をとめよう 
 
   イラク戦争検証委員会の設置を実現させよう 
 
<映像紹介> 
 
 【オキュパイ(占拠せよ!)・シカゴ】(原題:Occupy Chicago atGrant Park) 
 
                 制作:レイバービート(米・シカゴ) 
 
2011年10月21日数千人の学生、労働者、活動家、市民が連邦準備銀行とシカ 
ゴ商品取引所からグラント・パークへとデモして占拠をおこなった。参加者 
は「たった400人の金持ちがアメリカ国民の半分以上、1億5千万人の財産以上 
の富を持っています。これは信じがたい状態です」と怒りを口にする。そし 
て「ここ3〜4週間でメディアの報道の仕方がすっかり変わった。今までは 
何かというと財源不足の話ばっかりだった、それが今は不平等と雇用問題に 
なっている。」と市民の運動が世論を変えたと話している。 
 
【失業・飢え・暴力のないイラクをめざして(仮)】  
                
                  制作:イラク平和テレビ局inJapan 
 
「イラクで失業、飢餓を生み出したのは新自由主義の広がりであり、ウォー 
ルストリートで立ち上がった人々は、この貧困、失業、飢餓に反対している 
のであり、イラクと変わりありません。大阪でも、ウソや欺瞞で大企業の利 
益を優先し人々を貧困に追いやる動きに、「NO」を突き付けなければいけ 
ません」と昨年11月にイラクから来日したサミールさんは米軍撤退後のイラ 
ク民主主義革命と世界への連帯を呼びかける。 
 
主催 イラク平和テレビ局inJapan 
問い合わせ info at peacetv.jp 
           TEL/FAX 06-7493-0230 
           TEL 090-8162-3004 
 
<よびかけ> 
 
全占領軍の完全撤退を勝ち取る!イラク民衆との新たな国際連帯運動を! 
 
2011年12月18日、米国占領軍の最後の部隊がイラクから撤退しまし 
た。2003年のイラク侵攻・占領から8年半を経て、ついにイラク民衆と 
世界の反戦・反グローバル資本主義の運動が占領軍を追い出したのです。 
全占領軍の撤退にあたり、アメリカの支配層も「我々は敗北して去るのだ」 
(ギングリッチ元下院議長)、「中東でアメリカ合衆国が新たな戦争をする 
ことはないと思う。世論が賛成しない」(マケイン上院議員)と認めていま 
す。もっとも悪辣な戦争と貧困の政策を進めたグローバル資本主義の戦争政 
策が敗北したのです。 
 
当初オバマ政権は数万人のイラク占領体制の継続をもくろんでいました。し 
かし、全占領の撤退を要求する強力なイラク民衆の闘いと全世界の世論、チ 
ュニジア・エジプト、イラクで立ち上がった中東民主主義革命(アラブの 
春)のうねり、そしてグローバル資本による貧困と格差拡大に対して「我々 
は99%だ」と声を上げて全世界で広がるオキュパイ(占拠せよ!)運動 
を前にして、占領を維持することが出来なかったのです。 
 
占領軍を撤退させたイラクの闘いは、グローバル資本の手先であるマリキ腐 
敗政権の民衆抑圧、貧困と失業の政策に立ち向かい、平和で民主的な社会を 
築くための新たな段階に入ったのです。 
 
イラク、世界の人たちと戦争・貧困・原発のない社会をめざすためにぜひ集 
いにご参加下さい。 
 
         イラク平和テレビ局 in Japan  2011年12月29日 
 



CML メーリングリストの案内