[CML 014176] <テント日誌 1/8(日)>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2012年 1月 9日 (月) 16:55:38 JST


<テント日誌 1/8(日)>
  40年では遅すぎる!1日も早い全原発停止を!
  ―― 経産省前テントひろば 120日目 ――

1月8日(日) 晴れ。
 寒い日々ですが、風がそれ程でもないので日がさすと過ごしやすいです。
門松も片付けられましたが、地方によってはもっと長い期間飾る地域もあるようです。
 正月明け連休の日曜日。霞ヶ関は人通りも車の通りもさすがに少ないです。

 奈良からいらっしゃった方からお菓子をいただきました。チーズのようなお菓子なのですが、名前を控える前に無くなってしまって紹介できないダメな日誌担当です。申し訳ありません。(たぶん「蘇」です。)

 私事ですが、」正月に年賀メールでテントの事を紹介したら昨日大学の後輩が寄ってくれました。長崎出身なので原爆にまつわる社会の動きなどの市民的実体験を教わりました。

 120日も経つとテントの横幕を止める紐なども劣化していて補修が必要だったりして毎日少しずつ直しています。修繕しながら高経年化の話なども考えながら。
 政府の原子力安全規制で40年で廃炉という基本方針が盛り込まれたそうですが、もともとは30年と言っていなかったか?

 たとえば、PWRでは圧力容器が中性子を受けると脆くなるので、古い原発は軒並み問題があります。鋼鉄が脆くなると、冷たい水をかけると壊れてしまうので緊急時に大変問題があります。
 どのくらい脆くなったか試験をする勤続の板があらかじめ原子炉の中に入れてあるのです。定期的に取り出して試験をするので、後から運転期間を伸ばそうとしたら、試験片の再利用とか信頼性を疑われることをすることになります。
 例外として更に長い運転ができるという抜け道もあります。

 もっと圧力をかけ、一日も早い全原発停止を目指しましょう。
                                       ( H・H )

★テントひろばへの抱負、期待、要望、意見など、様々な思いを寄せて下さい。
 可能な限りテント日誌でご紹介します。またそれらを集めた「テントひろば通信」の 発行も考えています。
   郵便なら、〒100−0013 東京都千代田区霞が関1−3−1 経産省前テントひろば   メールなら  電子メール アドレス :  tentohiroba at gmail.com  
     実名・ハンドルネーム・イニシアル・匿名なんでもありです。
     地域名、年齢、性別は記入していただくとありがたいです。




CML メーリングリストの案内