[CML 014144] 自然科学教育研究所講演会「からだのなかの放射能」

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2012年 1月 8日 (日) 12:06:37 JST


前田 朗です。

1月8日

転送です。

脱原発世界会議と重なっているので、残念ながら参加できませんが。

********************************

自然科学教育研究所講演会

「からだのなかの放射能」

講師 安斎育郎氏(立命館大学名誉教授、国際平和ミュージアム名誉館長)

 福島原発事故から半年以上たつというのに、放射能汚染は首都圏まで広がり、
人びとのあい だに不安を広げています。そして、私たちにもこの状況を科学的
に判断できる知識が求められています。最近、テレビ・新聞等で被災者の側に
立ってやさしい語り口で積極的に発言されている安斎育郎さんをお招きして、お
話を聞く会を企画しました。安斎さんは『からだのなかの放射 能』(合同出
版)で、「私は1970年代の初めより、放射線の危険性から身を守る 方法を研究
する専門家として、日本の原発政策がもつ危うさを懸念し、あの大事故を起こし
た福島県浜通り近くに住む人びとととも協力して、 原発政策批判に取り組んで
きました」と書かれています。国民として教師としていま知らなければいけない
ことをわかりやすくお話していただ けると思います。ぜひご参加ください。

◆日時 2012年1月15日(日)午後2時〜5時

◆場所 日本標準(JR荻 窪駅西口より徒歩5分)

◆参加費 3000円

◆問い合わせ先 自然科学教育研究所(FAX 03-3612-3213) または小佐野正樹
(048-975-6602)



CML メーリングリストの案内