[CML 014134] 1/22 (日)避難の権利集会 in 東京パート2(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 1月 8日 (日) 01:19:04 JST


          紅林進です。
   
  1月22日(日)に南部労政会館(東京都品川区大崎)で開催されます
「避難の権利」集会 in 東京:「自主的」避難問題のゆくえと「わたり
  土湯ぽかぽかプロジェクト」のご案内を、「脱原発・新しいエネルギー
  政策を実現する会」(eシフト)のメーリングリストより転載させていた
  だきます。
  
 
  (以下転載)
   
  みなさま(転送・拡散歓迎)

わたり土湯ぽかぽかプロジェクトですが、観光協会との話し合いも進みつつあり、
1月の最終週からとりあえず週末避難のスタートが切れそうです。
「なんで渡利なの?」「なんで、国や市は動かないの?」
そんな疑問にお答えして、「わたり土湯ぽかぽかプロジェクトが始まったわけ」
を下記に掲載しました。渡利の方々や市民団体のたたかいの歴史です。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-e933.html

ぽかぽかプロジェクト、まだまだ寄付を募集しています。みなさまの暖かいご支
援をどうぞよろしくお願いいたします。
下記からオンラインで簡単に寄付ができます。
http://goo.gl/5K9H1

1月22日に、下記の集会を行います。福田健治弁護士、チェルノブイリの向井雪
子さんも参加されます。自主的避難の賠償問題なども踏まえ議論を深めていきま
しょう。東京近郊の方、ぜひ、ご参加ください。
「避難の権利」集会 in 東京:「自主的」避難問題のゆくえと「わたり土湯ぽか
ぽかプロジェクト」
http://www.foejapan.org/energy/evt/120122.html

それに先立つ1月15日には、横浜で、下記のセミナーを開催します。こちらの方
もぜひよろしくお願いします。

脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA
福島の子どもたちを守るために私たちにできること 
〜具体的行動を起こしていこう〜
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-d5ea.html

--
満田夏花 MITSUTA Kanna <kanna.mitsuta at nifty.com>
携帯:090-6142-1807
国際環境NGO FoE Japan/tel: 03-6907-7217 fax: 03-6907-7219
★「わたり土湯ぽかぽかプロジェクト」始動!
〜あなたの力で、渡利の子どもたちの一時避難を実現させよう!〜
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-f90d.html
>オンライン寄付はこちらから
https://mp.canpan.info/foejapan/products/detail.php?product_id=3573

-- 
********************

【1月22日】「避難の権利」集会 in 東京:「自主的」避難問題のゆくえと「わ
たり土湯ぽかぽかプロジェクト」

東京電力福島第一原発事故後、10か月が経過しようとしています。日本政府の強
引な「冷温停止状態」宣言に関して、国内外から批判が噴出していますが、事故
の被害の状況や低線量被ばくの影響についても過小評価されており、政府は避難
区域を縮小・解除の方向で動いています。

そんな中で、福島の住民の方々、避難された方々は、どのような状況に置かれて
いるのでしょうか。

原賠審の賠償指針および福島市・渡利の状況、「わたり土湯ぽかぽかプロジェク
ト」についてご報告します。最新情報をもとに、議論していきましょう。みなさ
まのご来場をお待ちしております。

◆日時:2012年1月22 日(日)13:45〜16:30

◆場所:南部労政会館
(東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎 ウエストタワー2階)

◆定員:150名

◆参加費:500円(主催・共催・協力団体のスタッフ・会員は無料)
※カンパ歓迎

◆内容(予定)

イントロダクション:政府の避難政策、被ばく低減政策の概要と問題点

【第一部】自主的避難の賠償方針〜全面賠償を勝ち取ろう
・自主的避難の賠償方針〜経緯とポイント
・原子力賠償紛争審査会の追補をどのように考えるか〜法的視点から
・自主的避難者からのメッセージ

【第二部】福島の子どもたちを守るために今行動を!
・チェルノブイリを繰り返さないために
・福島市・渡利の住民たちのたたかい(映像)
・福島市・渡利の今〜渡利・土湯ぽかぽかプロジェクトが進行中 
・ぽかぽかプロジェクトを応援しよう!

◆講師

福田健治(弁護士)
向井雪子 (チェルノブイリ子ども基金/未来の福島こども基金)
阪上武(福島老朽原発を考える会)
満田夏花(FoE Japan)

◆申し込みは下記から
https://pro.form-mailer.jp/fms/407e77ac25217

◆主催:国際環境NGO FoE Japan
        福島老朽原発を考える会(フクロウの会)

◆共催:子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
        福島の子供たちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)

◆協力:環境市民、気候ネットワーク、ハイロアクション福島原発40年、
    チェルノブイリ子ども基金、福島避難母子の会in関東、
    未来の福島こども基金、こどもふくしま緊急支援チーム






 


CML メーリングリストの案内