[CML 014095] 海上自衛隊の救難飛行艇が世界遺産の島・宮島上空を編隊で低空飛行

伊達 純 jundandy at ms12.megaegg.ne.jp
2012年 1月 6日 (金) 20:04:06 JST


伊達 純です。

 複数のメーリングリストに投稿します。重複して受け取られた方は、お許し下さい。

 今日午前11時頃、自宅の2階にいたところ、プロペラ機のものではあるけれども通常
よりは大きな爆音が鳴り響いたため、ベランダに飛び出ました。すると3機の海上自衛隊
の救難飛行艇が安芸の宮島の上空を広島⇒岩国方面へ編隊で低空飛行しているのを目撃し
ました。

 この時は携帯電話のカメラで撮影したため、あまり写りは良くありませんでした。

 約10分後の午前11時10分頃、今度は2機の海上自衛隊の救難飛行艇が、やはり
宮島の上空を広島⇒岩国方面へ飛行しているのを目撃しました。

 今度はデジタル・カメラで撮影することが出来ました。

 こんな低空を飛行するのは、米軍機ではなく自衛隊機だからと言って許されて良いとは
思いません。しかも世界遺産の島・宮島の上空です。新しい「日米防衛協力のための指針
(=ガイドライン)」⇒米軍再編という日米安保体制の強化、自衛隊と米軍の一体化とい
う文脈の問題もあります。在日米軍だけではなく自衛隊をも対象化する必要性をあらため
て感じました。 

↓私の個人ホームページにUPしておきました。

2012年1月6日(金)海上自衛隊の救難飛行艇が大野瀬戸上空で低空飛行
http://www.geocities.jp/jundandy/sdf_kyunan20120106.html



CML メーリングリストの案内