[CML 014074] Re: 宗教とフェミニズム

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2012年 1月 5日 (木) 19:15:29 JST


前田 朗です。
1月5日

熊田さん

補足的なご説明ありがとうございます。


>それから、「宗教とフェミニズム」については、近年世界的に実証研究の蓄積
が進んでおり(ex.田中・川橋(編)「ジェンダーで学ぶ宗教学」世界思想社、
2007年)、「宗教はその本質において性差別的である」と考えているプロの宗教
学者はもうひとりもいないと思います。


しかし、なぜ、このような文章をお書きになるのか、およそ理解できません。

誰も「宗教はその本質において性差別的である」などと主張していません。

私も、萩谷さんも、「宗教が性差別的に機能する」ことを主題にしています。

(もしかすると、萩谷さんは両方の意味を含めているかもしれませんが、それで
も「宗教がいかにして性差別的であったか」を指摘し、「なぜなのか」「いかに
すれば変化しうるのか」を問いかけていることも明らかです。)

「宗教が性差別的に機能する」ことが問われている時に、なぜ熊田さんは「本質」
などと言い出すのでしょうか。



それから、揚げ足取りですが(笑)、「プロの宗教学者」という言葉の使い方か
らして、ある意味、終わっていますね。














CML メーリングリストの案内