[CML 013988] 【報告】第256目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 1月 1日 (日) 07:09:54 JST


青柳行信です。2012年1月1日。

明けましておめでとうございます。
原発廃炉への闘い、今年もよろしくお願いします。
九電本店前ひろば・テントの座り込み1月4日(水)から
 午前10時から午後5時

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第256日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから12月31日現在総数1972名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
       
《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)
ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)

  <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳様
そして、ご支援いただいている皆様。
明けましておめでとうございます。

年を跨いでのブログ掲載です。
あんくるトム工房
年越しの準備      http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1646
越年闘争         http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1647
行く年 来る年      http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1648

今年もよろしくお願い申し上げます。

吉田典子 さんから:
皆さん、明けましておめでとうございます!
大晦日、蕎麦を買いに出た帰り、本屋に寄って雑誌をめくっていたら
『SAPIO  新春合併特大号』(税込み550円)に小林よしのりさんが『脱原 
発論』発表してるのみつけました。
私は、新聞で新刊書の広告みて、図書館でまず本を借りて、それから本の購入を 
決める人で、
連載中の雑誌を買う事は、あまりないんですが、これは買ってみました。
すごく分かりやすいです。
啓蒙宣伝手段としては、漫画はホントいいですね。
『前夜』という雑誌の創刊号には『特集 放射能、どんだけ怖い?』という記事 
も出ているそうで、
私はそれも読んでみたいです。

美濃寛治 さんから:
こんにちは 先日は貴重なお時間を割いていただきましてありがとうございます。
経験の浅い私にとって、青柳さんの体験に基づいたお話を、ありがたく拝聴しま 
した。
私の身近な人たちとの話の中で、広く市民活動のみなさんとの連携がいわれます。
 脱原発1000万人署名を少しずつすすめています。
 玄海原発1万人訴訟に参加します。
 わが国の全住民が、すでに原発放射能の被害をこうむったと見られるいま、被 
害者の連携が必要とおもいます。
 今後ともよろしくお願いいたします。

星野 信 さんから:
青柳行信様
初めまして
  一昨日、舞鶴で木村公一牧師の紹介で名刺を交換させていただいた星野です。
この一年のご活躍は、日本の将来に大きな影響を及ぼすことになる歴史的なもの 
でした。
今後情報をお知らせください。
今年が激動の幕開けとなることを期待しています。
よろしくお願いします。

木村(雅)さんから:
青柳様
初めまして、東京の「福島原発事故緊急会議」の木村雅夫と申します。
いつも青柳さんのCMLへの投稿を拝見し、必要なイベントは私どものウェブのイ 
ベントカレンダーに掲載しています。
http://2011shinsai.info/

上西創造(北九州在住)さんから:
昨年1年間のお働きを感謝します。
福島原発事故による被害は広範囲に及び、乳幼児をはじめとする対人災害(内部 
被ばく)は
計り知れない状況にあり、政府は人権を軽んじ、被災児童・者に対する対応はお 
寒い限りで年の瀬を送ろうとしています。
私達、市民はこれに対しては、選挙権を持って対抗することが最も効果的である 
と考えます。
そこで以下の提案をしてはいかがでしょうか。
全議員(衆・参議員、県議会・市議会議員)に、原発に関する方針(マニフェス 
ト)を
アンケート方法により聞き取り、次選挙時に公表し、選挙情報として提供する。

酒井 さんから:
12月28日に放送された原発関連の、2本の番組が話題になっていますが
どちらもネット上にアップされています。
見逃した人がいたら、ぜひこちらからどうぞ。
どちらも重要な問題が提起されています。
12月28日に放送された原発関連の、2本の番組が話題になっていますが
どちらもネット上にアップされています。見逃した人がいたら、ぜひこちらから
どうぞ。どちらも重要な問題が提起されています。

★NHK「追跡!真相ファイル」ー低線量被ばく 揺らぐ国際基準
http://www.dailymotion.com/video/xnbnjg_20111228-yyyyyy-yyyyyyy_news#rel-page-under-4

早速、コンパクトな紹介とともに、青山貞一さんの論考が掲載されています。
低線量被曝、揺らぐ国際基準
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-fnp1122...html

NHK 追跡!真相ファイル「低線量被ばく 揺れる国際基準」
文字起こし、が以下に出ています。 参考まで
http://togetter.com/li/234049

★テレビ朝日「報道ステーションSP」-メルトダウン5日間の真実(1)
 これはその(2)もあります。
http://www.dailymotion.com/video/xnbsx3_20111228-yyyyyy5yyyyy-y_news#rel-page-under-3

木村幸雄 さんのコメントを転送します:
再稼動をなんとしてもさせずに廃炉へ。東京新聞から・・・//////
4月に全原発の停止濃厚 80年代以降では初めて 12月30日 19時03分
 全国の商業用原発54基が4月に全て停止する可能性が強まったことが30 
日、共同通信のまとめで分かった。現在稼働中の6基は来年1月以降に定期検査 
で順次止まり、最後の北海道電力泊原発3号機が4月下旬に停止。検査中の原発 
再稼働にはめどが立っておらず、政府が現状を打開できなければ稼働する原発が 
完全にゼロとなる。
 日本原子力発電の東海原発が1966年に初の営業運転を始めて以来、草創期 
を除くと全原発停止は極めて異例。電力各社が競って原発事業を推進した80年 
代以降では初めての事態となる。
 事態が長期化すれば、火力、水力発電に頼る綱渡りの電力供給が続くことになる。
北海道電力泊原発3号機(右端)=2009年2月、北海道泊村
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011123001001336.html

転送します。福島の女性たちの一言一言が心に突き刺さります。
youtubeこれだけは絶対見てください、聞いてください。そして拡散を!
/////
●「このままじゃ年越せない!」福島の女たち 東京電力へ(2011年12月28日)
    http://www.youtube.com/watch?v=eN8GRYkBkjA&feature=youtu.be

<1月1日分 原発関連記事Web版>
『原発データ表示26時間作動せず 原子力安全・保安院公表せず」 47NEWS(よ 
んななニュース)
http://goo.gl/py5FP

『原発監視システムで不具合 保安院「年末で気ゆるみ」』 asahi.com(朝日新聞)
http://goo.gl/gwJIL

『核燃サイクル:直接処分コスト隠蔽 エネ庁課長04年指示』 毎日jp(毎日新聞)
http://goo.gl/tSZOq

『汚染特措法が全面施行 除染、国負担で本格化』 47NEWS(よんななニュース)
http://goo.gl/kNwiH

松本 さんから:
みなさまへ
永岡さんの「たね蒔きジャーナル」年末最後の12月30日は、小出先生と矢ヶ崎克 
馬先生のお話です。みなさま、どうぞよいお年を。

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。

http://hiroakikoide.wordpress.com/

====30日、矢ヶ崎克馬先生のお話====

永岡です、たね蒔きジャーナル、続いて、内部被曝の専門家、琉球大学名誉教授 
の矢ケ崎克馬さんのお話がありました。おしどりも同席です。電話での出演です。

 矢ケ崎さん、夏に3回出ていただき、(1)内部被曝は外部より怖い、体内に入る 
と放射線を出して分子を切断し、細胞破壊、生命の機能破壊がある、(2)免疫の 
低下、(3)細胞が生き延びても、DNAが異常になり子孫に影響がある、ことを 
説明され、(4)核の被害は広島・長崎で経験しているのに、アメリカが核の恐ろ 
しさを小さく見せようとしていたのです。

 具体的ケースが出ており、各地で様々な症状が出ており、東京・町田で被曝か 
ら子供を守る会、子供に鼻血が出る(3月以前なし)、医者の診方により、 
ICRPの見方になり、放射線が鼻の粘膜に留まるとひどい被曝をして、傷もな 
いのに鼻血になる(一般には傷から出る)、被曝範囲が小さいところに集中する 
と下痢・血便があるのです。東京でこの症例があるのです。

 ICRPの見方だと、大線量でないと出るはずはないとなり、放射線の影響で 
はないと医者に考えが多く、子供たちが見捨てられているのです。ICRP=国 
際放射線防護委員会のやり方で国もやっているのです。福島で、内部被曝をボ 
ディーカウンターで調査しており、これについて、逆用されるケースもある、自 
治体が二つの要素で動き、安全神話により、被害を考えず、事故の際に原発の対 
応も出来なかった以上に何もできないが、市民がこれをしてくれと言い、それで 
動き出しているのです。

 ホールボディーカウンターでの検査、安全神話より、何をやっていいか分から 
ない国が、原爆投下以来犠牲者を隠す政策をやっており、ホールボディーカウン 
ターで雑な測定で、検出限界を高くしていることもあり、被曝している人なしと 
の結果も出せるのです。設定は、1時間測定しないと出ないものを5分でやる、そ 
ういうこともあり、出てくるものも出ないのです。体内の放射能の証拠なしとさ 
れる恐れもあるのです。

 おしどりさんの質問で、ホールボディーカウンター、追及しているが、内部被 
曝を測定しても経口被曝しか分からず、爆発によるものは分からない、飯館村よ 
り、3月15日に放射能が降り注ぎ線量が上がった(プルーム)、汚染のひどいと 
ころで、口の中で金属の味がすると100人単位で訴え、後から放射能の味と4月に 
気付き、しかし検査してもらえなかった、この内部被曝の評価は出来るかについ 
て、放射線プルームはどうかとの質問で、金属の味は矢ケ崎さんも味わった、ヨ 
ウ素、セシウムの原子が入ると唾液の作用で電気を帯びて、金属の味になるので 
す。金属の味=大量の内部被曝、放射性物質なのです。

そして、子供にヨウ素131がどれだけ吸収されたか、半減期が8日で、過ぎると測 
定不能(測定は8月)、しかしヨウ素の被害はベラルーシ、ウクライナで子供の 
甲状腺被害がひどく、ポーランド、国民にヨウ素剤を飲ませていた。ベラルーシ 
で亡くなった人の体内の放射能、バンダジェフスキー博士が死体解剖で調査し 
て、甲状腺にセシウム137が大量にあり、初期にヨウ素とセシウムが出て、ヨウ 
素とともにセシウムに甲状腺に入るのです。

矢ケ崎さん、ヨウ素がないから調べられないのではない、セシウムを調べて、丁 
寧に測定して出来るのです。

 矢ケ崎さん、内部被曝の研究会を立ち上げて、今の学会は外部と内部被曝、後 
者が隠されている、犠牲者を隠すためで、隠し続けないといけない政治支配があ 
り、政治に支配されないまともな科学を立ち上げて、政治支配=命を軽視、命を 
大切にしたいのです。

 政治に支配されない科学が大切なのです。次のコーナーに行きます。


=====小出先生、30日のお話=====

 永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、スペシャル版であり、水野 
晶子さん、千葉猛さんの司会、毎日新聞の近藤勝重さんの案内で放送されまし 
た。そして、お待たせしました、小出先生の登場です。リスナーより、たね蒔き 
は政府の情報が正しいかを確認する場との声もありました。小出先生は電話出演 
で、データのそばにいたいとの意図からです。自分にしか出来ないことをするた 
め現場にいたいのです。

 これから、100万年小出先生のお話を聞かないといけない、事故の収束に、リ 
スナーも生きていない。事故が劇的であったのは3月であり、東電も放射能と闘 
う力を持ち、これから事故が劇的な進行はなくなると言われました。しかし、そ 
れは事故後の対処が正しい場合であり、出てくる情報、「腹の立つことばかり」 
であったのです。


 小出先生、3月11日を敗北と言われて、近藤さん、懺悔してもしようがないと 
言われて、水野さんはメディアの敗北と言い、これだけの事故が起こらないと、 
水野さんも小出先生としゃべることはなかったと言われたのですが、これほどの 
悲劇が起きた歴史が大切であり、小出先生、こんなことが起きないようにと生き 
てきて、何のために生きてきたか、なのです。
 リスナーより、小出先生の言葉は感情が御用学者と違い入っていると指摘があ 
り、小出先生に異端とレッテルを貼っていた、しかし、小出先生には、だまされ 
た人間には騙された責任がある、小出先生は原子力に抵抗してきた、悲劇の前に 
原子力を止めさせたかった、その責任は自分にある。小出先生が何を言っても皆 
さんに届かず、国、マスコミと原子力は安全と言っており、だまされたのは仕方 
ないが、それを認めると繰り返す、騙された責任を考えて欲しいのです。

 近藤さん、広島・長崎、そして福島、核の被害の代表が日本であり、日本だけ 
これほどの目に会っているのに、日本は変わっていない、国の意思が見えないと 
言うと、小出先生は原子力をやる、輸出すると言っていて、困った国なのです。 
変わろうと言う意思がないと近藤さん言われて、小出先生は恥ずかしいと言われ 
ました。

 水野さん、個人は変わっているのに、団体・組織は変わらないと言われ、近藤 
さん、人災と言われて、なら原子力はやっていけるという理屈になっていると指 
摘し、小出先生失笑されて、それなら、まずやめないといけない、人間は間違 
う、人災は必ずある、必ず間違う、原子力では悲惨すぎるのです。人災なら,誰 
の責任か考えるべきで、個人の責任を処罰すべきと小出先生言われました。

 小出先生、日本が変わるとは思わない、絶望され、政治に絶望したのです。近 
藤さん、政治が戦争をするなど、政治が人を幸福にしたことはないと言われて、 
その通りで、しかし小出先生黙っていられないが、この国の政治が変わるかは、 
一人一人がかしこくならないとだめなのです。

 戦争中、巻き込まれた国民は圧倒的で、闘おうとした人は思想があり、しかし 
殺された、原発の中で、どうすることも出来ずもがいている、10年後、戦争中は 
どうであったと言われると近藤さん言われて、小出先生、戦争中声を上げたら殺 
された、しかし、小出先生は声を上げても殺されない、声を上げ続けたい、やり 
続けたいと言われました。

 矢ケ崎先生、政治に支配されない科学と言われて、小出先生、矢ケ崎さんはま 
じめで、しかし学問の世界はそれを許さない、科学は、無色透明、中立と思われ 
るが、実態はそうではなく、社会の中でしか発展の方向はなく、どういうものか 
しか発展できない、しかし、反対するものとして、存在したい。中立で真実を求 
めるものではない歴史なのです。近藤さん、核のゴミ100万年どころか、原爆も 
出来なかったのです。

 おしどりさんが来られて、小出先生うれしいと言われて、事故前から小出先生 
のことを知りつつ、何もしなかったのが恥ずかしいと言うと、そんなことはない 
と小出先生言われて、おしどりの活動で、デイズジャパンで見て、うれしく思う 
と言われました。おしどり、原子力の資格をとろうと言われました。経産省は自 
治体を分断させて仲たがいさせようとしている、弱者が虐げられ、福島に目を向 
けないと、福島が原発ノーと言わないと言われて、「弱者が虐げられる」こと 
に、我々がどう向かうかなのです。

 リスナーより、小出先生、講演会の会場に入れない人に、事故を防げなくてす 
みませんと言われたことの意味を国、東電が理解しろと言い、さらに、原発報道 
が減っているが、たね蒔きは追及してくれというリスナーもありました。小出先 
生のことで、生き方の変わった人もいるのです。

 最後に、RCサクセションの反原発歌を流して、このコーナーは終わるので 
す。小出先生、この選曲にうれしいと言われました。

 2011年、100何回かこの番組で小出先生のお話を追及しました(その他、自分 
でも小出先生のお話を何回お伝えしたか、覚えていません(笑))。これを、お 
伝えいたしました。2012年も、この爆後の続く限りフォローします。それが反核 
運動を30何年続けている私の闘いです。

●○●○○○●○●○●○
「さよなら原発! 3・11 福岡集会」(仮称)実行委員会準備会のつどい。
日時:2012年1月17日(火)18:00から21:00
場所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     2012年1月4日(水)から
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
         青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************






















CML メーリングリストの案内