[CML 015347] Re: フランス政府のマドモアゼル廃止を歓迎:林田力

hayariki.net info at hayariki.net
2012年 2月 29日 (水) 21:32:05 JST


> 公立学校では「父兄」はすでに数十年前(少なくとも30年前)から使われていないので、林田さんの、これを禁止するという「たとえ話」はぴんときません

分からないことを分からないと主張されることは素晴らしいと思います。

たとえですので、もちろん現実とは異なります。
公立学校からの文書で現時点で「父兄の皆様へ」と書かれた文書が配布されたとしたら、どう思いますかという点を示唆したかったのです。学校が配布するということは、日常会話で誰かが使うということ以上に腹立たしく思われるのではないかという観点から書きました。
父兄を不愉快に感じる人にとっては幸いなことに配布物で父兄を目にする機会はなくなりましたが、フランスでは今のところはマドモアゼルが行政文書で使われています。これを「父兄以前の状態」と形容しました。

「父兄」という表現に問題意識を有しているならば、マドモアゼルに問題を感じる人の意識も共有できるのではないかとの思いから重ね合わせてみたのですが、父兄を不愉快と感じないが、マドモアゼルは問題と感じる人がいることと同様、父兄は問題だが、マドモアゼルに問題はないという考えも尊重します。

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://hayariki.net/
http://hayariki.zero-yen.com/

(2012/02/28 23:26), 池田 香代子 wrote:
> 池田です。
> 
> 公立学校では「父兄」はすでに数十年前(少なくとも30年前)から使われていないので、林田さんの、これを禁止するという「たとえ話」はぴんときません(すみません、ものわかりが悪くて)。
> 
> 「マドモアゼル」が「父兄以前の状態との指摘」というのもさっぱり。
> (社会の)状態じゃなくて、これが呼称だからめんどうなのだと理解していますが。
> 
> ま、たいしたことではありませんよね。
> MLお騒がせしてすみませんでした。
> 


CML メーリングリストの案内