[CML 015343] Re: 言葉をつぶす人、言葉をつくる人(1)

mui mu07 at nifty.com
2012年 2月 29日 (水) 19:24:25 JST


上田です。お邪魔します。

そう言えば、姑、とか姑息、なんて嫌な言葉です。
嫁、もそうですし。
高校の時、日本史の授業で女の先生は黒板に「石女」とデカデカと 
書いて、「皆さん!これを何と読むか知ってますか?ウマズメです!」
と叫んで大きくバッテンをその字の上に書きました。
流石、その字は見かける事はありません。
女性の地位向上、という事と供に、結婚の形態やその目的が大きく 
変化した為、その「石女」という言葉に意味が無くなったのだと思 
います。
言語はコミニュケーションのアイテムなので、言葉が生まれたり消 
えたり、文明の盛衰の中で変化して行く物だと思います。
創作されたり、削除されたり、言葉を使う人々の間で無作為でも作 
為でコントロールされていると思います。
不快になる言葉も過渡期の中で消えて行って欲しいと思います。

オウム事件の時は「ああ言えば上祐」なんて流行りましたっけ。
「腐女子」は「やおい」(ボーイズラブ)が好きな女子という意味 
ですが、女性が好みの世界を同人誌やネットで創作できる時代とい 
うのも、
50年前の女性の生活文化を思うと、女性の生活面での余裕やゆと 
りが格段に増えた事を意味するものとして後世、分析されるような 
気がします。



上田

mu07 at nifty.com



CML メーリングリストの案内