[CML 015319] いいかげんにしてくれ。Fw: 【合同出版ニュース】2012年2月28日■バンダジェフスキー博士来日!

Yabuta Tohru ynntx at ybb.ne.jp
2012年 2月 29日 (水) 00:36:14 JST


藪田です。

> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>  合同出版ニュース ●バンダジェフスキー博士来日講演会のご案内 
> 
>  
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


クリス・バズビーのあとは、バンダジェフスキーかよと情けなくなります。

バンダジェフスキー博士の研究が、科学的・医学的にまともなら、まずそれらの学会で取り上げられます。
チェルノブイリの被害が鮮明に立証されたら、国際的にも注目されているはず。

世界各地の医学学会の講演にも呼ばれ、また、バンダジェフスキー博士の研究は他の研究者が数多く引用します。

しかし、そのような評価はありません。

合同出版は、人文系の出版社です。このような理科学系の評価ができる編集者がいるのでしょうか。

クリス・バズビーにつづいて、バンダジェフスキーに踊らされているようでは、脱原発・反原発の未来はありません。




************************ここからは引用*******************************

http://togetter.com/li/193638

結論から書くと、「バンダジェフスキー論文は、信頼がおけません。」正確には、ゴメリのごく限られた状況をそのまま福島へは利用できないんです。
leaf_parsley 2011/09/28 07:44:00

彼は、1990年代の前半のセシウム汚染が激しい時期にゴメリ地区の病院の長を務めていた教授で、多くの臨床例に接しています。 その結果の論文として
leaf_parsley 2011/09/28 07:44:23

「慢性的なCs - 137の子供の臓器での取り込み」 http://t.co/8xLonHb5 ゴメリ地区でなくなった子ども達の、臓器の解剖研究ー臓器ごとにセシウム蓄積を測っています。
leaf_parsley 2011/09/28 07:44:46

チェルノブイリの子ども達のセシウムの蓄積量と心血管の徴候との関係 -予備的考察:リンゴペクチンの経口摂取後の観察 http://t.co/TgDTUKy0 パンダジェフスカヤ教授(奥さん)が主筆に 
なっています。94人の子ども達の研究
leaf_parsley 2011/09/28 07:45:16

セシウムの心臓への影響 http://t.co/dTg0Hd5D (いくつかの論文のまとめと、ゴメリ地区での症例研究)
leaf_parsley 2011/09/28 07:45:30

等々があります。  しばしば取り上げられるのは一番↑の死亡したこどもたちの剖検結果をベースにしたものになります。
leaf_parsley 2011/09/28 07:45:44

全体に言えるのは、データの扱いが不明確であること、と、データ数が非常に少ないこと、初期被曝の影響とセシウム蓄積の影響を区別していない点です。 その結果、導き出される結論にも大きな疑問がついています。学会レベルでは評価されていない論文群です。
leaf_parsley 2011/09/28 07:45:56

とくに セシウムがどういう機序で悪影響を及ぼしているかは、わからない点が重要で、分からないので、そもそも初期被曝の影響と区別することもできていません。
leaf_parsley 2011/09/28 07:46:36

しかし、ラットによる実験を参照すると心血管に対する慢性的なセシウム摂取の直接的な被害はほとんど見られません。  症例研究にみられる症状は初期被曝と甲状腺被害の影響である可能性も大きいです。  
leaf_parsley 2011/09/28 07:46:55

制限値を10ベクレル/Kgと設定した根拠をバンダジェフスキー論文におくとするならば、非常に危うい梯子の上にたっているといわざるをえません。  
leaf_parsley 2011/09/28 07:47:19

ちなみにチェルノブイリで 現在、一番内部被曝的に防御的に考えておられる ネステレンコ教授とヤブロコフ教授らが推奨されている濃度は、子ども50ベクレル/Kg 大人75ベクレル/Kg 以下です。 http://t.co/GVjZpI0b
leaf_parsley 2011/09/28 07:47:32

ーーーさらに詳しく知りたいという方へ まとめあります、、、、 「セシウム蓄積濃度の閾値について、バンダジェフスキー論文から」 http://t.co/Ena7IoHN http://t.co/Pqn09sAE 
http://t.co/rTuU5Q0D
返信する RTする ふぁぼる leaf_parsley 2011

*************************************************************


Sent: Tuesday, February 28, 2012 3:42 PM
Subject: 【合同出版ニュース】2012年2月28日■バンダジェフスキー博士来日!


> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>  合同出版ニュース ●バンダジェフスキー博士来日講演会のご案内 
> 
>  ◆転載フリー
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
> 【 2012/2/28 発行 】
> 合同出版:info at godo-shuppan.co.jp
> http://www.godo-shuppan.co.jp/  >>> 新刊案内・イベント情報など随時更新! 
> 
> http://twitter.com/godo_shuppan  >>> つぶやいてます+フォロー大歓迎!
>
> 【 社員募集のご案内 】
> 小社では、営業・編集のスタッフを求めております。
> 平和・環境問題に関心を持つ方(30歳まで)。随時面接いたします。
> 電話03-3294-3506でご予約ください。
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>
>  空気はまだ冷たいですが、日差しはだいぶ春らしくなって来ました。ご健勝にてお過ご
> しのことと拝察申し上げます。
>  本日は、各所から届いたイベント情報の特集です。ぜひご高覧ください。
>
> 【もくじ】
>  *映画「だんらんにっぽん――愛知・南医療生協の奇跡」一般公開スタート
>  *Y・I・バンダジェフスキー博士来日講演スケジュール
>
> ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
>  映画「だんらんにっぽん――愛知・南医療生協の奇跡」一般公開スタート
>  *トークイベントもあります!!!
> ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
>  2011年11月に発売された『協同っていいかも?』(西村一郎[著])で描かれた南医
> 療生協(愛知県)を舞台にしたドキュメンタリー映画「だんらんにっぽん」が東京・東中
> 野ポレポレで上映中です。
>  公開期間中、監督やゲストによるトークイベントも開催されます。
>  ぜひお運びください!
> ○詳細:http://danran-nippon.main.jp/
>
> ■公開期間:2012年2月25日〜3月中旬(未定)
> ■会場:東中野ポレポレ
>     http://www.mmjp.or.jp/pole2/
> ■タイムテーブル:10時20分/15時30分(上映時間:118分??)
> ■料金:前売/1300円(チケットぴあPコード:463-399)
> http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1200584
>     当日/一般1700円、大・専1300円、中・高・シニア1000円
> ■概要(映画館ホームページより)
>  監督の小池征人と、プロデューサーの武重邦夫は、これまで「いのちの作法」、「葦 
> 
> 牙」といった作品を製作し、命の尊厳に関わる問題を映画化してきた。
>  今作では、社会の無縁化が叫ばれる日本において、南医療生協を通して発見した“有縁”
> の姿、これから日本が目指すべきであろう「だんらん」の姿を描く。
> 【監督】小池征人
> 【企画・プロデューサー】武重邦夫、近藤正典
> 【ナレーション】竹下景子
>
> ■コメント(映画館ホームページより)
> 「なにか生活協同組合自体が、安心して人の世話になれるし、世話をすることができる、
> そういう共同体をつくり出したかのようである。これはただ便利だというだけの結びつ
> きではない。その実感が全体にゆったりと流れている。稀に見る幸福感あふるる映画で
> ある」佐藤忠男 映画評論家
> 「いま地域医療の崩壊が問題になっていますが、南生協病院が取り組んでいる工夫とそ
> の活力は地域医療を再生し守っていくあり方を示しています。南生協病院は既存の病院
> の枠を超えて、住民の人たちの一つのコミュニティーとなっています。地域医療の理想
> 形の一つだと感じています」川田龍平 参議院議員
> ■トークショー
> *10時20分の回上映後、小池征人監督との対談
> 3月3日(土)川田龍平(参議院議員)
> 3月4日(日)西村一郎(ジャーナリスト・『協同っていいかも?』著者)
> 3月10日(土)五十嵐仁美(生活クラブ生協神奈川、福祉事業連合会代表)
> 3月11日(日)土谷雅美(生活クラブ生協東京、副理事長)
> 3月17日(土)東久保浩喜(日本医療福祉生活協同組合連合会常務理事)
> 3月18日(日)佐藤忠男(映画評論家)
>
> 【関連の本】
> 『協同っていいかも?――南医療生協 いのちかがやくまちづくり50年』
> (西村一郎[著]、1470円(税込)、四六判、224ページ)
> http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=342
>
> ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
>  Y・I・バンダジェフスキー博士来日決定!!!
>  全国講演会スケジュール
> ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
>  『放射性セシウムが 人体に与える 医学的生物学的影響〜チェルノブイリ 原発事故被
> 曝の病理データ』の著者、Y・I・バンダジェフスキーさんの来日が決定しました。
>  全国各所で講演をされます。ぜひお運びください。
> ●詳細:http://www.radiationdefense.jp/infomations/bz/
>
> ■沖縄・那覇市
> 「DREAM KIDS PROJECT2012 講演会」
> ・日時:2012年3月11日(日)14時30分開演
> ・場所:那覇市民会館 大ホール
> ・チケット:前売り/1500円、当日/1800円  ――イープラスで発売中
>http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002072444P0050001P006001P0030001
> ・出演:ユーリ・バンダジェフスキー博士
>     矢ケ崎克馬(琉球大学名誉教授)
>     木下黄太(放射能防御プロジェクト)
>
> ■東京・世田谷区(2部制)
> 「キエフにおける健康被害と小児疾患について〜キエフの事例から東京を考える」
> ・日時:2012年3月13日(火)
>  【昼の部】13時00分開場 13時30分開演(満席)
>  【夜の部】18時00分開場 19時00分開演(満席)
> ・場所:玉川区民会館 大ホール
> ・チケット:前売り/1200円
>http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002072762P0030001P0006
> ・内容:第一部:バンダジェフスキー博士講演
>     第二部:クロストーク 木下黄太×バンダジェフスキー博士
>     第三部:質疑応答
>
> ■京都・京都市
> 「低線量被ばくと内部被ばくの脅威〜私たちにできることは何か〜」
> ・日時:2012年3月15日(木)
>  【昼の部】13時00分開場 13時30分開演(満席)
>  【夜の部】17時30分開場 18時30分開演
> ・場所:ひとまち交流館
> ・チケット:前売り/1000円
> ・申し込みアドレス:kyoto311pj at yahoo.co.jp
>  下記メールアドレスへ直接お申し込み下さい。お子様連れ希望の方も、その旨お問い
> 合わせください。
>  メール予約にて定員となりました場合、当日のご入場ができない場合もございますの
> で、できるだけお早めにご予約下さい。
> ・出演:ユーリ・バンダジェフスキー博士
>     木下黄太(放射能防御プロジェクト)
>
> ■宮城・仙台市
> 「セシウムの人体への影響〜チェルノブイリ事故から学ぶ東北のこれから」
> ・日時:2012年3月16日(金)12時30分開場 13時00分開演
> ・場所:太白区文化センター楽楽楽ホール
> ・チケット:前売り/1200円
> ・申し込みアドレス:sendai311pj at yahoo.co.jp
>  メール件名に「参加希望」と明記のうえ、本文に 1お名前、2お電話番号、3連絡先、
> 4チケット必要枚数、チケットを持たず同伴される未就学児の有無を明記して、メールし
> てください。
>  メール予約で満席になった場合、当日予約のない方は、入れませんのでご了解下さい。
> ・出演:ユーリ・バンダジェフスキー博士
>     木下黄太(放射能防御プロジェクト)
>
> ■北海道・札幌市
> 「食の問題から考える放射能被害について〜北海道の在り方と今後」
> ・日時:2012年3月17日(土)9時30分開場 10時00分開演
> ・場所:道民活動センター(開場変更の可能性あり)
> ・チケット:当日/1000円(満席ですが、状況に応じて座席数を増やす予定)
> ・申し込みアドレス:sapporo311pj at yahoo.co.jp
>  下記メールアドレスへ直接お申し込み下さい。お子様連れ希望の方も、その旨お問い
> 合わせください。
>  メール予約にて定員となりました場合、当日のご入場ができない場合もございますの
> で、できるだけお早めにご予約下さい。
> ・出演:ユーリ・バンダジェフスキー博士
>     木下黄太(放射能防御プロジェクト)
>
> ■東京・渋谷区【医師・専門家向けセミナー】
> ・日時:2012年3月18日(日)9時30分受付開始(終日開催)
> ・場所:日仏会館
> ・参加費:20,000円(資料代を含む)
> ・申し込みアドレス:info at gsisa.jp
>  完全予約制です。下記メールアドレスへ直接お申し込み下さい。
>  医師や専門家を対象としていますが、一般の方で特に関心のある方の参加も可能です。
> ・内容:第一部(午前)チェルノブイリにおける内部被ばく由来の病理検証について 
> 
>     第二部(午後)体内放射線量の違いに伴う疾病の推移・
>     第三部(午後)質疑応答
>
> 【関連の本】
> 『放射性セシウムが 人体に与える 医学的生物学的影響
>                  ――チェルノブイリ 原発事故被曝の病理データ』
> (Y・I・バンダジェフスキー[著]、1890円(税込)、A5判、136ページ)
> http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=344
>
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
> ※このメールニュースは小社にご注文・お問い合わせ戴いた方々、スタッフ 
> 
>  が名刺を頂戴した皆さまに配信しております。
> ※メールの配信中止・アドレスの変更は、下記アドレスまでご連絡ください。
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>  〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-28
>  
>  合同出版株式会社 
>  TEL: 03-3294-3506
>  FAX: 03-3294-3509
>  e-mail:info at godo-shuppan.co.jp
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
> 



CML メーリングリストの案内