[CML 015315] ◆〔飯舘村〕 環境省の詳細調査が証明した「文科省発 放射線量」やっぱりウソ(Posted by 大沼安史 )

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2012年 2月 28日 (火) 22:22:33 JST


nakata です。重複おゆるしください。
メールをいつも送らせていただきありがとうございます。

  下記
 (転送拡散歓)
■-------------------------------------------------------------------■
 <机の上の空 大沼安史の個人新聞>
  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/02/post-d2ea.html#more

 ●「文科省が連日公表してきた飯舘村の放射線量はでっち上げ。
  嘘っぱちの数値だと、ハッキリした。」2012-02-27日記事のご紹介です。

■-------------------------------------------------------------------■

「昨年11月末ごろ●国の除染モデル事業を請け負った大成建設の作業員とみられる10人ほどが、
 村のモニタリングポストを高圧洗浄機で洗い、土台の土をソックリ入れ替える作業を行っていた。
 その様子を複数の村民が目撃していたのです」、、、、、、、

 飯舘村の酪農家・長谷川健一氏(58)のコメントを読み、 
 原発建設=除染業者(同一企業)の、不誠実であこぎな行為に、仰天!です。

    (貼り付け開始)
***************************************************************************************************

机の上の空 大沼安史の個人新聞
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/02/post-d2ea.html#more

〔飯舘村〕 環境省の詳細調査が証明した「文科省発 放射線量」やっぱりウソ
2012-02-27
〔飯舘村〕 環境省の詳細調査が証明した「文科省発 放射線量」やっぱりウソ
 日刊ゲンダイ → http://gendai.net/articles/view/syakai/135347

 ◎東海アマ管理人氏 コメント → http://twitter.com/#!/tokaiama

 # 飯舘村の公開線量がウソということは行けばすぐに分かること 空間で10マイクロ、地表で全測定器振り切れなど、そこら中だ 草野付近でも●土壌は1000万ベクレル平米が珍しくないはず 

         ◇

 ●「強制的に下げられた放射線量の数値が全国に公表されている」――飯舘村の酪農家の「告発」は、やはり本当だった。文科省が連日公表してきた飯舘村の放射線量はでっち上げ。嘘っぱちの数値だと、ハッキリした。

 環境省は24日、国直轄で実施する「除染特別地域」の放射線量調査の中間結果を公表した。対象は飯舘村を含めた福島県の11市町村(約125平方キロメートル)。調査結果は、100メートル四方の放射線量が分かる詳細な分布図となっている。

「放射線量は実際に人が測定したほか、測定器を載せた自動車を走らせ、すべて地上で調査しました。昨年11月から3カ月の実測値を基に線量の自然減衰を考慮し、すべての測定が終了した今年1月16日現在に減衰補正した数値が確認できます」(環境省関係者)

 問題は飯舘村の放射線量だ。村内全3147カ所を見ると、最大は毎時21.2マイクロシーベルト。エリアによってバラつきはあるが、政府が定めた許容被曝量「年間20ミリシーベルト」(毎時3.8マイクロシーベルト)を上回る地域が大半だ。

 ところが、文科省が1月16日に発表した飯舘村の放射線量は毎時1.17マイクロシーベルトだった。環境省調査でこの数値を下回ったエリアは、たったの1カ所。0.03%の確率に過ぎない。恐ろしいほどの数値のギャップだ。

 ●日刊ゲンダイ本紙は22日付で、飯舘村の酪農家・長谷川健一氏(58)の次のようなコメントを紹介した。

「昨年11月末ごろ、●国の除染モデル事業を請け負った大成建設の作業員とみられる10人ほどが、村のモニタリングポストを高圧洗浄機で洗い、土台の土をソックリ入れ替える作業を行っていた。その様子を複数の村民が目撃していたのです」

 大成建設は「土の入れ替えなどしていない」(広報部)と全面否定だ。それでは、この差を政府はどう説明するのか。文科省の嘘を環境省が証明するなんて、皮肉な話だ。この国の統治機構は狂っている。 

Posted by 大沼安史 

****************************************************************************************************


CML メーリングリストの案内