[CML 015284] 8.4チチハル遺棄毒ガス 事件現場とハルピンを訪ねるツアー

K−K@南京事件資料集 kknankin at netscape.net
2012年 2月 27日 (月) 21:36:26 JST


転送・転載歓迎

8.4チチハル遺棄毒ガス
事件現場とハルピンを訪ねるツアー

●結審後、幸存者とチチハルへ
●研究者同行!ハルピン市内の遺構フィールドワーク
●731部隊罪証陳列館〜など

【参加ツアー日程(予定)】
03月25日(日)
羽田空港〜北京空港〜チチハル
ハルピン着(18:30着)ハルビン泊
☆北京空港「学習会」チチハル事件の概要と現状について
(大谷 猛夫先生予定)

03月26日(月)早朝列車にてチチハルへ移動
☆【チチハル事件のフィールドワーク】
〜被害者証言、事故現場視察(第一現場、第二現場、第四現場など)と
旧日本軍用飛行機の格納庫など旧日本軍の施設
⇒夕方列車にてハルピンへ

03月27日(火)終日、ハルピン
☆「中国侵略日本軍731部隊罪証陳列館」
*731部隊研究所 副所長 楊彦軍氏解説
☆ハルピン市内見学〜中央大街・松花江等
☆「学習会と交流会」〜(中国側の関係弁護士&研究者予定)

03月28日(水)ハルピン〜羽田
⇒国際線にて北京経由羽田へ。
◎羽田空港で解散

参加予定代金:¥118,000+諸税
※諸税(変動)\17,560-(燃油・空港税・航空保険等)

2003年8月4日に、チチハルで起きた旧日本軍遺棄毒ガス被害事件は、44人と言う
多数の人々が一度に被害を受け、内1人は被害の18日後に亡くなられました。彼
らは、事件から9年が経過しようとしている今も、深刻な後遺症に苦しめられて
います。つい先日、もう1人の被害者が、44歳の若さで亡くなられました。
2007年1月日本で訴訟を起こしてからまる5年、東京地裁の不当判決を経て、この
たび高裁の結審を迎えます。判決は注目されるでしょう。
この重要な節目に、改めて旧日本軍が残した負の遺産の真相と現状、そして問題
解決の為の活動を多くの方に知って頂きたく「チチハル事件フィールドワーク」
を企画しました。ぜひご参加ください!

【企画】撫順の奇蹟を受け継ぐ会 東京支部 担当:李樓080-35076651 
【協力】化学兵器CAREみらい基金・中国人戦争被害者の要求を支える会

≪旅行企画・実施≫クラウン観光社 
東京都大山東町4-2 Tel:03-3962-8475 Fax:03-3962-8478

********≪ご参加希望書/2月29日締め切り≫******
※お名前、送付先住所、電話番号をご記入の上、FAX又は電話にてご連絡下さい。
手配旅行社より手続き書類を送付致します。

※Fax:03-3962-8478 Tel:03-3962-8475 
クラウン観光社「チチハルとハルピンフィールドワーク」担当宛


CML メーリングリストの案内