[CML 015280] IK原発重要情報(80)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2012年 2月 27日 (月) 20:51:49 JST


       IK原発重要情報(80) [2012年2月27日]

  私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先  [1月1日より新住所です。御注意ください。]
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844、FAX03-6914-3884)
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

―――――――――――――――――――――――――――
  原子力安全委員会 大飯原発をめぐる動き 伊方原発 署名運動               

 私たちは、「IK原発重要情報(78)」で、斑目原子力安全委員会委員長が、17日、ストレステストの一次評価と原発の再稼動は関係がない、と発言したことを知らせましたが、それは20日の原子力安全委員会で確認され、原子力安全委員会の見解となりました。原子力安全委員会が賛成していないのに、また、ストレステストの1次評価での運転再開反対が広範な世論になりつつあるのに、政府が独断で運転再開ゴーというサインを出すのかどうか、という重大局面を迎えました。また、原子力安全委員会では、大飯原発3号機、4号機のストレステストの1次評価について、かなり厳しい意見が出ているようで、この点も非常に注目されます。
http://www.alterna.co.jp/8410
http://news.livedoor.com/article/detail/6299257
http://mainichi.jp/select/biz/news/20120222k0000m020034000c.html

  福井現地では、緊迫した局面が続いています。
 原子力発電に反対する福井県民会議と原発設置反対小浜市民の会が「2・20声明『第二のフクシマ、若狭原発震災』の前に、広範な、深い論議と行動を!」を発表し、活動を強めています。
 山本太郎さんを先頭に、福井県議会の傍聴活動も行われています。
 美浜の会などは、「周辺」自治体への働きかけも強めています。
 京都市長も、京都府知事も、政府の動きに抵抗の姿勢を見せています。
 福井県知事は、まだ政府に屈服していません。しかし、東京電力福島第1原発事故を踏まえた新たな(!)暫定的な(!)安全基準が政府から(!)示されれば運転再開を認めるような発言も福井県知事はしているので、引き続き、全国からの激励・要請行動が重要と思われます。
http://www2.interbroad.or.jp/shimada/denuclear/seimei2.20.pdf
http://www2.interbroad.or.jp/shimada/denuclear/nuclear-freehukui.home.html
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/24/kiji/K20120224002697750.html
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/osaka_rep20120223.htm
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/politics/33225.html

 大飯原発と同じように緊迫の度を強めているのが伊方原発です。保安院としては、大飯原発、伊方原発を「手柄」にして、4月からの原子力規制庁への移行をたくらんでいるようです。大飯原発3号機、4号機の保安院の審査が終了したいま、伊方の審査の終了も近いようです。保安院の現地調査も終了しました。
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20120225ddlk38040623000c.html

 「原発再稼動に待った! 全国署名」が始まっています。署名の要請項目は、以下の3点です。

1 原発運転の再開の判断は、国会の事故調査委員会の結果を踏まえること。
2 原発の事故の影響が及ぶ可能性のあるすべての自治体および住民に、十分な説明を行い、意見を聴取すること。
3 原発運転の再開の判断にあたっては、関心を有する国民の声を幅広く聴取すること。全国の主要都市において、公聴会を実施すること。

 誠に時宜にかなった署名運動です。この運動を全国で、それぞれの地域の原発の運転再開反対の運動と結びつけて展開することにより、全国が一つになった運動を発展させることができるのでは、ないでしょうか。
 オンライン署名は、こちらからお願いします。
 http://goo.gl/R8FKc
  詳細は、以下のサイトにアクセスしてください。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-658d.html

―――――――――――――――――――――――――――――――
                         以上


 詳細は、以下のサイトにアクセスしてください。署名用紙も










 
 



CML メーリングリストの案内