[CML 015259] 【報告】第313日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 2月 27日 (月) 07:37:26 JST


青柳行信です。2月27日。

★ フクシマ〜フクオカ、核なき未来へ
   さよなら原発! 3・11 福岡集会
第3回実行委員会
日 時:2月28日(火)18:30から21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
    http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階
   ※1階アジア美術館受付の左横の専用エレベーターで10階へ

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第313日目報告☆
呼びかけ人(4月20日座り込みから2月26日現在総数2055名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】をつのっています。
       
★さよなら原発! 3・11 福岡集会:http://0311fuk.blog.fc2.com/
★「原発なくそう!九州玄海訴訟」:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告を募集しています。(九州以外の方もO.k)

              <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

★ 横田つとむ さんから:
青柳 様
きょうは ツイッターデモに参加しました。
寒さもあり、前回より少な目の参加者でした。
こじんまりとしたデモで 子供連れの方が多かったです。
毎月 やるそうです。
定着して 根付いてくることを期待します。

あんくるトム工房
福岡で ツイッターデモ    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1730
大阪市の異常         http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1729

 大阪市で行われている アンケート(思想調査)
まるで ナチスが登場するときのようです。
これを許すと 日本の民主主義が壊されてしまいそうです。
残念なのは マスメディアが 追求してないことです。
危機感を感じます。
              
★ 柳瀬 さんから:
脱、反原発を訴える皆さん、お疲れ様です。
再度、福岡における『命の糧である水』の事での話です。お疲れの所申し訳あり 
ませんm(_ _)m
福島の事故から1年近くたっても未だ解決されていない福岡市(だけでは無いの 
ですが)の水に対しての問題を、
福岡市水道局に説明(住民説明会)して頂く為に、水に対して問題意識を持ってい 
る方と、
具体的な行動をやりたい方を集めたいと考えています(住民説明会を開いて貰う 
為にはある程度の人数が必要なのですが、
既にお膳立てされているので時間、労力はあまり必要ありません)。今後の為に 
も重要な事では無いでしょうか?
http://arienai.tvで問題とされている事実を確認して下さい。只し、まとまり 
に欠けているので、
クリック出来る所は全てクリックして下さい。YouTubeも!
事実を確認された上で、水道局による住民説明会に参加したい方のお返事を待っ 
ています。
dekirukoto at hotmail.com
拡散も希望!よろしくお願いします。

★ 吉田典子 さんから:
ハンガリーの方が、福岡に飛んできた放射性物質の資料を、役所に公開させた、 
という御話よんで、私は思わず顔がチェシャ猫してしまいました。
今に始まった事ではなく、敗戦後ほとんど一貫して、政治家はじめ公務員は、白 
人系『外圧』に弱い!
原発会社や役所、警察庁に、たくさん外国人をけしかけるのは、有効かも?
同国人の要求に対する木で鼻を括ったような態度が、外国人に対しても取れるな 
ら、褒めてつかわすぞ、公務員。
文部省は『日本人の子供の教育は日本人がする。
阿片戦争はついこの前の話だというのに、薬の廻し打ちでエイズにかかるような 
子供を育てているなんて、あんたら歴史教育の内容、間違ってないか?
他国の教科書に干渉するより、そっちを先にどうにかするがいい』
とすら言えないくらいだから、
表面はどうでも、内心は『あー、また厄介な代物を…』と舌打ちさせるくらいの 
ストレスにも、十二分になりますよ。
アメリカ型スーパーが出来ているくらいだから、福岡市博多の周辺に住んでいる 
外国人は、多いでしょう。
語学が得意な方、ネットで外国人に、お役所や原発会社での脱原発活動、呼び掛 
けてみては?
『全国の原発周辺の海水や魚貝海藻類の放射能検査の要求をしませんか?』とか。
「ワタシ達は、ニホンの美味しい寿司を、安心して食べたいのデース」って!!

★ 久保多美子 さんから:
毎日お疲れ様です!
早速ですが、本日 百道文化センターでの反原発集会に小5の息子と参加してきま 
した。
集会の内容はすべての原発いますぐなくそう
全国会議・福岡呼び掛け人の中村修一郎さんのあいさつからはじまり…
佐賀大学教授 豊島耕一さんの『再稼働阻止』で脱原発の大道を という講演
中学生シンガーソングライター 反原発メッセージ
そして特別アピールで 北九州八幡西区・熊手町クリニック院長の吉本哲郎さんが
『核と原発をなくし、生きるための診療所を福島につくろう』というアピールで 
した。
その後も闘う仲間からのアピールが続き 何度も 頷いたり胸が熱くなる時間を過 
ごす事が出来ました。
そんな貴重な時間の中 集会の準備などされた NAZEN福岡の方から
  3月11日さよなら原発 福岡集会のカンパのお願いの時間を頂き
お陰様で 合計 12573円のカンパを頂きました!
  ご協力頂いた皆様本当にありがとうございました
本当にありがとうございました。
水曜日 テント広場にて必ずお渡しします!
今後も3月11日にむけて皆さん頑張りましょう。

★ 野上勇次 さんから:
青柳様、お疲れ様です。
2月20日、21日の「志摩の会」有志による街頭行動・チラシ配布について「志摩 
の会」よりメッセージが届きましたので
遅れましたが、ご報告いたします。
「志摩の会」よりメッセージ
福岡県糸島市の『志摩の会』(住民本位の糸島市政つくる志摩の会)有志は、2 
月20日〜21日に
原発反対の宣伝行動を志摩地区で行いました。「さよなら原発、3.11福岡集会」 
のポスター50枚を貼り、
チラシ1千枚を配布しました。
玄海原発に近い岐志漁港では、カキを焼く漁民達が、「大変心配だ、爆発したら 
逃げるだけ」と言っていました。
共同代表の溝口宏敏しは、ハンドマイクで宣伝。「玄海原発1号炉は国内一危険 
な原発!2号炉も同様!3・4号炉は
最近事故を起こし原因不明!全炉定期点検停止中。再稼働させずに廃炉に」と呼 
びかけました。志摩の住民は熱心に聞いていました。
ポスター貼りには、公的機関も協力しました。(場所提供)
昼食に入ったラーメン屋は、店内外にポスター貼り、店にチラシを。
ハンドマイク修理の電器屋さんは、外にチラシを・店にポスターを、と協力して 
くれました。

★ 韓国・ひつじのショーンこと久保 さんから:(2月26日)
テントに集う皆さん、お元気ですか? お元気ですよね? 
仲さんの具合はその後どうなんでしょう? 何度か携帯に掛けてみたのですが繋 
がりません。 どなたか様子をお知らせください。

直方の梅崎さん、お便りありがとうございました。 やっぱりな〜、と思います。 
でも周囲の無反応、冷たい視線は気にしないことにしましょう。 彼らもいつか 
は変わりますよ。 真実を知っていけば変わらざるを得なくなると思います。 
私がリヤカーで回っていても同じなんです。 たま〜に声が掛かる事があって嬉 
しいのですが、それも平均すると一日に一人か二人です。 20〜30kmを移動する 
4〜5時間の間でです。 走りながら街を眺めて、この平和で美しい通りや公 
園、人々が生活している場所が突然廃墟に変わり果てる、そんなことをいつも想 
像してしまいます。 私のアピールは 「仲間に勇気と力を!ろくでなしどもに 
不快感と自己嫌悪を!」 のスタンスでやっていきます。 梅崎さんもめげず 
に、無理をせず続けてくださいね。 後に子どもたちに 「ママはあなたたちに 
安全な環境を残したくて精一杯がんばったのよ」 と言える様に。

きのうの午後はネット中継で 「原発を問う民衆法廷」第1回公判を見ました。 
金子譲さん所属のIWJが提供したものです。 感謝。 視聴者数は1,600人超 
だったと思います。
約6時間の長丁場でしたが見ごたえがありましたね。 
判事が冒頭に述べた、「民衆法廷では裁く者も裁かれる」 という言葉が印象的 
でした。 
国や東電の責任をきっちり問うと同時に、そんなろくでもない政府や電力業界の 
在り様を結果的に容認してきた我々国民の責任と反省を問うものでもあるのです。
 申立人の一人武藤類子さんの、静かな語り口の話は聞きながら涙が出ました。 
長い反原発活動のキャリアを持つ彼女は著書もあり、すでに有名な人でした。
次のURLで 昨年の9・19 さようなら原発5万人集会でのスピーチが読めます。
是非ご一読を。
http://hairoaction.com/?p=774      
私たちも 「思いつく限りのあらゆることに取り組んで」 いきましょう。

証人の一人山崎久隆さんの証言もとても良かったです。 傍聴人席から何度も拍 
手を浴びていました。 彼もキャリアの長い人だそうで、被告にまつわる事実を 
分析し、その罪を明快な論理で証明するので聞いていてとても愉快でした。
今なら http://iwj.co.jp/wj/open/archives/4524 で見られますので時間を 
作って早めにご覧になることをお勧めします。 掲載期間(いつまでなのかは不 
明)が過ぎると会員限定になるそうですから。

★ 徳永由華(「原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団・弁護士法人奔流) さん 
から:
青柳さま
お疲れ様です。
昨日2月26日(日曜日)は,13時30分〜
【原発再稼働にNO!いのちが大事!さようなら原発九州総決起集会】@佐賀市 
どんどんどんの森広場
に原告団のみなさまと参加してきました。
佐賀県平和運動センター主催で,玄海原発をなくすためにみんなで団結して頑 
張っていこうと,
佐賀,福岡のみならず,鹿児島や宮崎等,九州沖縄各県から沢山の団体・ 
2100人余りが参加しました。
団体だけでなく,家族連れやカップルの姿もあり,原発に対する関心の高さを感 
じました。
佐賀平野の冷たい風が吹く中,原告団の皆様が元気に原告募集のビラを配布され 
ました。
おかげで,九州玄海訴訟の横断幕や30本程ののぼり旗でアピールした
「原発なくそう!九州玄海訴訟」特設原告受付コーナーへ原告希望者も多数来ら 
れました。
集会では,長谷川照原告団長(前佐賀大学学長)も決意表明をされ,
参加者全員で佐賀駅周辺,九州電力佐賀支社前をデモ行進してきました。
訴訟関係者だけでなく,みんなで協力して,原発をなくしていきたいです。

★ 黒木 さんから:
転送です。
放射能から、宮崎県へ避難してきている
  東日本大震災・福島原発事故避難者を支える会「うみがめのたまご」の古田ひ 
ろみさんインタビュー
http://www.dailymotion.com/video/xoy3eo_2012-2-3-yyy-yyyyyyyyyyyyyyy-yyyyyyyy-citizen-s-group-of-earthquake-and-nuclear-plant-accident-refug_news 


★ たまちゃん から:
有名ブログにともすれば絶望しそうな私に答えをくれたような記事がありました 
ので送信させて頂きます。
以下その内容です。
今回の原発事故を通じて明らかになったことがあります。
  一つは、この国の政府(政党、政治家、官僚組織)は国民を守ることができ 
ないこと。
その最大の原因は、政権中枢がアメリカをフロントとする外国勢力のコントロー 
ル下に置かれているためです。
たとえ首相という肩書きを持ったとしても、個人の判断で政治を行なうことはで 
きないメカニズムになっているのが見て取れます。
決して政治家の資質の問題だけではないのです。
  まじめに国益を大切に考える政治家は失脚させられたり、(自殺や病気を 
装って)殺されたりしますので、そのことを知らされた段階でどのような政治家 
も手なずけられてしまうのです。
  政権末期に突然「脱原発」を唱えて首相職の延命を試みた前首相の菅さんが 
あっさり放擲されることになったのを見てもそれがよくわかります。
この間、問題はあったにせよどちらかと言えば国益派に属していた安部、麻生と 
いった自民党出身の首相に対してのマスコミの攻撃ぶりと、アメリカや中国のい 
いなりになっている民主党の首相に対するマスコミの風当たりの違いから見ても 
それが感じられます。
 
  今回の原発事故に関して、あえてプラスの面を見るとすれば、(直接犠牲に 
なった福島の皆様には申し訳ない言い方になりますが)電気をはじめとするエネ 
ルギーに過度に依存する今日の社会のあり方に警鐘を鳴らし、多くの人の気づき 
のきっかけを与えてくれたことを挙げるべきでしょう。
また、政府や行政、東電といった公益を重視するはずの組織が、国民の命よりも 
自らの立場を守ることを優先するという事実も確認することができました。
  何よりも、早くから「トイレのないマンション」と言われ、処理のめども 
立っていない危険な核廃棄物を子供たちに残すことになる原発を、目先の便利さ 
のために意識することもなく使い続けてきた私たちの暮らしのあり方にも問題が 
あったのです。
解決できないとわかっていながら問題の先送りをしてきたことのツケが、今回の 
事故によって一気に表面化し、多くの人に気づきのきっかけを与えることになっ 
たと見るべきでしょう。
  それでもなお、原発推進をやめることができない人たち(原子力村の人た 
ち)がいるのは残念というよりお気の毒と申し上げるしかありません。
その人たちを憎み、断罪する必要はありません。
いずれは、他人に危険な物を押しつけて自らが得をするという道を選んだ「我善 
し」のツケを払わされることになるのは間違いないからです。

  今回の原発の事故によって、現時点でもっとも悲惨な状況に置かれているの 
は福島県とその周辺に住む人たちであるのは言うまでもありません。私は、昨年 
の12月5日〜6日に、仕事の関係で飯舘村や南相馬市などの被災地を見て回り 
ました。
  バスで通過した飯舘村では、地震による被害が見られず無傷の状態の家々が 
並んでいるのですが、人影は全くなく、ひっそりと静まりかえっていました。
目に見えない放射能の恐怖を実感させられました。
バスの中でも約3μシーベルト/時という高い線量率が計測されました。(他の 
エリアではほぼ1μシーベルト/時以下でした)
  原発事故による放射能汚染のために、生活の基盤が町ごと、故郷ごと奪い去 
られてしまっているのです。
  しかしながら、放射能の影響は日本全国に及びますので、少なくとも日本の 
国土の上で生活している限り、その影響から逃れることはできないのです。
福島第一原発の事故は、食べ物を通じて、あるいは汚染した瓦礫の処理を通じ 
て、日本全土を放射能汚染列島にしてしまいつつあります。

  「善いと思ったことは実行に移してください」
  「しかし、そのことによって起こることもすべて必要なこととして受け入れ 
てください」
  私たちの行動には動機(目的や目標)がありますから、ある結果を期待して 
います。

「この国から原発をなくしてしまいたい」という目標を持って反原発の運動を進 
めた場合、理想とするのは政府や電力会社が原発を止めてすべて廃炉にし、大量 
に生み出されている危険な核廃棄物を将来的にも安全な状態で適当な場所に保管 
してくれることでしょう。
  しかしながら、産業としての原発に依存している勢力や関係者にとっては、 
それは死活問題となることですから、さまざまな抵抗や反撃が行なわれる可能性 
が高いと思われます。
何しろ、彼らは私たちが無条件に払わされる電気料金によって潤沢な資金を手に 
していますので、そのお金で政治家(政治資金)やマスコミ(広告料)、学者 
(研究費)などの権力や権威を手なずけることができるからです。
  反原発の声はさらに強めていく必要はありますが、その運動に参加すること 
による挫折感やいらだちなどが心の習慣になることは避けなければなりません。
そういう意味で、自分にできる最大限の努力はしても、結果について悲観した 
り、恨んだりすることはしない、という心構えが大切です。
それは、「結果などどうでもよい」という気持ちでテキトーにやればよいと言う 
ことではありません。
「全力を尽くすが、結果は神様に任せる」という考え方です。
  ここで大切なことは、行動を起こす動機が何かということです。
「我善し」の気持ちでなく、全体利益のために行動しているかどうかがポイント 
になります。
「善いと思ったこと」という場合の「善い」「悪い」の判断は個人に任されてい 
ますが、大きく分類しますと次のように定義することができます。

  ●「善い」と判断する物差し
   他者(人に限らず)の幸せに貢献すること。
   自己の成長・進化に資すること。
   「善くない」はその逆ということになりますが、あえて表現するならば次 
のようになるでしょう。

   他者の迷惑は考慮せず、ただ自分(家族などの身内も含む)の利益のために行
    なうこと。(我善し)
   苦労を避け、現在の自分が楽をする道を選択すること。(刹那主義)

  少し解説をしておきますと、「善い」の,砲△襦崑昭圈廚箸蓮△泙困蓮崋分 
の家族や身内、恋人など」から始まり、住んでいるマンションの人たち、勤務先 
の仲間、地域社会の人、日本国民、世界の人びと、地球の生き物や自然、……と広 
がっていきます。
どこまでを自分の一部として実感することができるかが、魂の磨かれた度合いと 
見ることができます。
  基本的には、より遠くにある存在を自分と同一視して大切に考えられるよう 
になることが進化のバロメーターと言ってよいでしょう。
原発に反対する動機も、単に自分の今の暮らしが壊されるからという場合と、日 
本の子供たちの未来の安全な生活のために行動する場合では動機に微妙な違いが 
あります。
さらに、この地球の自然や生き物たちを放射能の汚染から守りたいという広い心 
を持つことができれば、その動機はさらにレベルの高い物になり、本物の「善」 
と言えるでしょう。
  しかしながら、普通の人にとって地球の自然や生命を自分の今の暮らし以上 
に大切に考えることは難しいと思いますので、スタートは「自分の家族や住んで 
いる町や村のため」という動機でもよいのです。
いずれにせよ「善い」と思ったら、自分のできることから実行に移していくべき 
だと思います。
  その上で、結果については自分の思惑通りにならなくても、そのことで悲観 
したり、失望したりしないほうがよいのです。
最大の努力の結果が自分の期待した内容と違っていたとしても、それは「天の配 
剤」ということで、必ず意味のあることなのだと信じることです。
  「受け入れる」ということの意味は、「精いっぱいの努力をしたうえで、そ 
の結果については不満に思わずに受け入れる」という意味に解釈すべきです。

★ 浅井健治@週刊MDS編集部 さんから:
原発大国フランスで、福島原発震災1周年の3月11日にヨーロッパで最も原発が集 
中している
リヨン・アヴィニョン間200キロメートルを人間の鎖でつなごうという取り組み 
が準備されています。
日本語で読めるサイトがあります。
http://chainehumaine.org/日本語?lang=ja

★ 諸留(モロトメ)能興(ヨシオキ)《パレスチナに平和を京都の会》さんから:
 前回、定期検査(定検)中の『核燃料の再配置問題』を指摘しました。
 しかし、これとは別に、定期検査(定検)中のもうひとつの、更に重大な危険 
があります。
『インターロック(安全装置)解除問題』です。
 この「インターロック(安全装置)」とは、一般的には、安全装置・安全機構の 
考え方の一つのこと。ある一定の条件が整わないと、他の動作も稼働しなくなる 
ような仕組み(システム)になっていることを意味します。
 例えば、燃料や水位が一定レベル以下の低いレベル(ある一定量以下)の時は 
ボイラーは燃焼を始めないとか、バスなどの乗降ドアがまだ閉っていない時には 
運転手はアクセルペダルを踏み込めないなどがその例。

 原発の場合も、勿論、「多重防御システム」は「設計段階では」いくつも組み 
込まれています。しかし、定期検査(定検)などの実際の作業現場では、この 
「インターロック(安全装置)」が、原子炉設置許可違反を承知で、定期検査(定 
検)現場では「意図的に解除され」て「運用」されてきているのです!

 定期検査(定検)では、炉心内部にカメラを(丁度「胃カメラ」のように)挿 
入して炉内構造物を点検しなくれはなりません。また(核分裂連鎖反応が始まっ 
ている)稼働中の炉心内の燃焼状態の確認には炉心内の中性子線量の検出が不可 
欠なのですが、その中性子線検出器の定期的交換も必須不可欠の作業です。超高 
濃度の放射線に長期間被曝され続ける検出器の寿命は大変短いからです。

 一方、前回も指摘したように、数十億単位のカネの問題が、すなわち原発効率 
の問題が、常につきまといます。その関係から原発会社は、検出器交換は最短日 
時で済ませたい。しかし、検査や点検・交換など、各種作業の効率アップを図る 
ためには、炉心内を大量に占拠している制御棒が邪魔になるという訳です。

 そこで、核燃料棒を炉心から引き出さず、「燃料棒を炉心内に残したまま」の 
状態で、定期検査(定検)作業の邪魔になる制御棒だけを炉心から引き抜くこと 
が必要になります。そための制御棒引き抜きを稼働させる装置と連動している 
「インターロック(安全装置)」も意識的に解除しているのです!
 東京電力側も、この原子炉設置許可違反に反して、定期検査(定検)現場での 
「インターロック(安全装置)」の「意図的解除」の事実を認めています。
 しかも、その説明(開き直りの言い訳)が傑作です!傑作というより「子ども 
ダマシ」の「おふざけ」以外の何ものでもありません!
 以下が東京電力原子力管理部マネージャーの渡辺沖氏の、その「子どもダマ 
シ」の「言い訳」です。

 「インターロックを設置しなさいと(設置基準で)いわれているのは、きちん 
と未臨界を確保しなさいということだと思います。同等の管理をすることで安全 
上の担保をしたのだから、十分に安全な状態なのだから、インターロックの解除 
(除外)は問題ない。したがって設置許可違反ではない」と開き直っている。
 要は、設置許可と同じような状況の安全策を施したからOKだ!という考えな 
のですね!
 ご多分に漏れず、国(原子力安全・保安院)も、また、ここでも東京電力のこ 
の「たわけた」考えを支持してきています!

 原子力安全・保安院の原子力発電検査課班長の今里和之氏も、以下の3点を挙 
げることで、インターロック(安全装置)を、「造る」と「運用」とに巧妙に使 
い分ける「詭弁」を駆使して、東京電力の上記の主張を援護射撃し、開き直り、 
国民を欺いている。

(1)、インターロック(安全装置)が設置許可通り造られていれば保安院として 
はOK。
(2)運用は保安規定に定める。
(3)東京電力がインターロックに関する条項を保安規定に盛り込んだのは 
2000年以降からだが、それ以前にも、保安規定には「必要な制御棒が炉内に 
挿入されていることを確認すること」との文言がある
(4)以上(1)〜(3)をもって保安院はインターロックの解除はOKと判断する・・・
 と述べている。

(1)は当たり前の事!設計製造段階で設置許可を満たしていないものなど論外で 
あるから・・!
(2)設置許可基準とは切り離して、別に「運用」という形で、現場でどう運転稼 
働操作するかの権限は、更に別の「保安規定」で定めるという、いわば二重帳簿 
(裏帳簿)方式で、ホンネとタテマエ論を使い分けることで、ここでも国民を欺 
いている!
設計製造段階と現場の運用段階とでは天と地ほどもの「違い」があることは、元 
原子炉設計現場主任で一級配管士資格者の故平井憲夫氏の数々の重要な証言から 
も明らか!

(3)に至っては、噴飯ものである!「必要な制御棒が炉内に挿入されていること 
が必要だ」などは、子どもにも解る当たり前の話しだ!そもそも、必要な制御棒 
が炉内に挿入されていないような状態の原子炉炉心に、一体誰が近づけるという 
のか!!確かに停止状態であっても制御棒が完全に引き抜かれた状態で核燃料棒 
集合体だけが「丸裸状態」に置かれていることは動かせない事実であるにも拘わ 
らず・・!

 核燃料棒が炉心内から全て撤去され、炉心内には核燃料が完全にカラッポ状態 
であるのであるなら(3)の理屈も成立するであろうが、炉心内では、以下で述べ 
るように、核燃料棒を全部引き出したくても、引き出せない事情が絡んでいるのだ。

 炉心内部では上部から見ると、制御棒は、その断面が「十字形」をした細長い 
棒状の構造で、それが「田の字」型に並んでいる4個の「燃料集合体」で取り囲 
まれる形で装着されている。そして問題の制御棒は燃料集合体の中央部に挿入さ 
れる構造になっている。その為、燃料を取り外してしまうと制御棒自体も倒れて 
しまう構造になっています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%87%83%E6%96%99%E9%9B%86%E5%90%88%E4%BD%93

 こうした「制御棒の倒れ」を防ぐ方法として、本来の核燃料棒の代わりに、同 
じサイズの「模擬燃料棒」と「置き換える」方法があります。
 しかし、それを満たすだけの模擬燃料棒を定期検査(定検)に備えて、常時炉 
心内に保管しておくとなると、その置き場所に困ることになる。たとえ模擬燃料 
棒であっても、高濃度放射線被曝環境に数日間置かれるのであるから、原子炉建 
屋以外の野外倉庫などに、軽々しく保管など出来ない、超高濃度放射線汚染物質 
というシロモノである!保管場所は、当然、」炉心内にならざるを得ない。
 そんなこんなを合わせると、電力会社にとって、最も効率的かつ経済的な方法 
は、定期検査(定検)時には、この「田の字形」の「核燃料集合体」をそのまま 
にしたままで、その中央部に挿入されている全部の制御棒を引き抜くしかないこ 
とになる。
 以上が、定期検査(定検)中の『インターロック(安全装置)解除の危険』な問 
題点である。
 以上が、停止状態であっても制御棒が完全に引き抜かれた状態で、核燃料棒集 
合体だけが「丸裸状態」に置かれているという危険な状態・・これが定期検査 
(定検)期間中に起こっているのです。
 以上は『朝日新聞』2012[H24]年2月14日(火)「プロメテウスの罠 原始村に住 
む7 違反ではありません」(依光隆明記者署名入り記事)その他を参考にしま 
した。

【追記】
 前回、核燃料棒1本の値段が
1850万円とお伝えしたのは以下の
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%87%83%E6%96%99%E9%9B%86%E5%90%88%E4%BD%93
ウィキペディアが出典です。
 これに対し、下の情報では
燃料棒1本の値段が11万6274円。もっと安いようです・・・。
http://blog.livedoor.jp/beamazed/archives/1312004.html

 このように情報に大きなバラツキが出てくる理由は、こうした核燃料棒の価格 
の場合に限らず、キチンとした「値」が、政府の責任で、国民に提示・公表され 
ていないことが最大の原因と思われます。
 ここでも、また、可視化されねばならない原発産業の暗部が潜んでいます。


●○●
★ フクシマ〜フクオカ、核なき未来へ
   さよなら原発! 3・11 福岡集会
3月11日(日)13:30集会開始 14:30デモ出発
ブログ:http://0311fuk.blog.fc2.com/
  集会場所: 須崎公園  福岡市中央区天神5丁目8
   地図: http://tinyurl.com/6od2twa
主 催: さよなら原発! 3.11 福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう!九電本店前ひろば
    090-1324-8588(ひろば)080-6420-6211(青柳)
チラシ設置場所
http://0311fuk.blog.fc2.com/blog-category-5.html
「このお店(など)にもチラシを置きました!」という情報をお持ちの方は、
ホームページ掲載の許可をお店(など)に取っていただいた上で、
「店名/業種/住所/電話番号/HP」の情報を0311.fukuoka at gmail.com
までお寄せください。随時、更新していきます。

第3回実行委員会
日 時:2月28日(火)18:30から21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
連絡先:090-1324-8588(ひろば・テント)080-6420-6211(青柳)

★原発労働者・梅田(うめだ)隆(りゅう)亮(すけ)さんの裁判提訴をご支援くださ 
い!!
 原発労働元作業員・梅田隆亮さん 『原発労災給付不支給処分取消請求事件』 
裁判提起。


★《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
               青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内