[CML 015114] 3.2院内集会&市民集会:「平和の碑」の少女が問いかけるもの 「慰安婦」問題 日本政府は主体的な解決を!!

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2012年 2月 20日 (月) 15:54:13 JST


前田 朗です。
2月20日

転送です。

 <以下、転送歓迎>
 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 3.2院内集会&市民集会のお知らせ
 
 「平和の碑」の少女が問いかけるもの
 「慰安婦」問題 日本政府は主体的な解決を!!
 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
 昨年8月の韓国憲法裁判所の決定を受けて、9月と11月の2度にわたり、韓国政府
 が日本政府に日本軍「慰安婦」問題にかかわる二国間協議を申し入れましたが、
 日本政府は未だに返答すらしていません。12月14日には、ソウルの日本大使館
前
 で20年間続けられてきた水曜デモが1000回目を迎え、韓国や日本、世界各地で
様
 々な取り組みがおこなわれました。そして、直後の12月18日の日韓首脳会談で
は
 李明博大統領が「慰安婦」問題の優先解決を求めるに至ったのです。日本政府
が
 これ以上、無視できない状況が生まれています。
 20年もの歳月、名誉と人権の回復を訴え、平和を祈り続けてきた日本軍「慰安
 婦」被害者たちの思いを実現する最後のチャンスが訪れているのです。このチ
ャ
 ンスを活かすために、韓国から挺対協の尹美香代表が緊急来日し、水曜デモ
1000
 回以降も活発に続けられている韓国での活動、韓国政府の積極的な対応や世論
な
 どについて報告してくださいます。日本の市民の叡智と力を集め、今、何をな
す
 べきか、共に考え、行動する機会にしたいと思います。是非ともご参集くださ
い。
 
 内容:尹美香(ユン・ミヒャン)韓国挺身隊問題対策協議会常任代表の報告と
    行動提起
     ―日本大使館前の「平和の碑」について
     ―憲法裁判所決定後の韓国内の動きと現状について
     ―日本軍「慰安婦」問題の解決とは何か
 
 *夜の集会では、韓国水曜デモの様子を映像で紹介します。
 
 <昼の院内集会>
 日時:2012年3月2日(金) 11:30-12:30
 場所:参議院議員会館 特別会議室
 
 <夜の市民集会>
 日時:2012年3月2日(金) 18:30開始
 場所:韓国YMCA 9F会議室
 
 主 催:日本軍「慰安婦」問題解決全国行動2010
 協 力:戦時性暴力問題連絡協議会
 問合せ:e-mail:ianfu-kaiketsu at freeml.com fax: 03-3202-4634






CML メーリングリストの案内