[CML 015059] たんぽぽ舎講演

Ken Masuoka kmasuoka at jca.apc.org
2012年 2月 18日 (土) 08:12:17 JST


みなさま

脱原発活動を長くやっている「たんぽぽ舎」での講演会のご案内です。
転送します。ほかに学習会やアクションのスケジュールが
http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=202
にあります。


---- 以下、転送歓迎
【学習会】「議論はどのようにゆがめられたか 報道と専門家の発言を読む」
  影浦峡
【日時】 2月 21日 (火), 18:45 〜 21:00
【場所】千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル4F「スペースたんぽぽ」
【開場】18:30
【お話】影浦峡さん・東京大学大学院教授(メディア・言語論)
    著書:3・11後の放射能「安全」報道を読み解く―社会情報リテラシ
       ー実践講座
    リテラシー(情報についての知識を持ち意味を理解する力)を身に着け
    れば、自分で判断する手がかりが得られます。
    東大柏キャンパスの空中放射線量に関し、東大本部のホームページ上の
    不適切な記述を修正するよう申し入れた東大教員有志の世話人の一人。
【参加費】800円(学生400円)

脱原発・反原発で活動する人よりも、「今色々メディアで言われていることは何
か変だ」、「どうすればよいのか」と感じている人へ。
---- 以上、転送歓迎




-- 
Ken Masuoka <kmasuoka at jca.apc.org>


CML メーリングリストの案内