[CML 015017] Re: 知事が「やつ」・・・ 脱原発宣言を迫りましょう

hayariki.net info at hayariki.net
2012年 2月 15日 (水) 22:56:45 JST


罵るよりも埼玉県知事として実効的な対策があります。不買運動です。満天下に迷惑をかける不当な企業と考えているならば、電力を購入せず、1円も払わないことです。残念なことに一般消費者は電力会社を選択できませんが、大口需要家は電力自由化によって電力会社を選択できます。
実は埼玉県では2005年から電力を入札により調達しており、電力調達の先進自治体です。しかし、日本の電力自由化は抵抗勢力に骨抜きにされ、発送電の分離が不完全な不十分な自由化であり、入札しても東京電力が落札するケースもあります。不当な企業と考えているならば契約しないことです。
電気料金の値上げもあって、自治体の入札による電力調達は広がっています。脱原発を掲げた保坂展人氏が区長に当選した世田谷区では2012年度から111施設を対象に競争入札を始める予定です。入札によって電気料金を2千万円程度節約できる見込みとしています。保坂区長の支持集会では「世田谷電力」構想も打ち上げられました(林田力「保坂展人・世田谷区長は世田谷電力で脱原発!?」)。
http://www.hayariki.net/shimokita.html
原発に反対する市民が原発推進企業から電気を購入しなければならないことは大きな不合理です。せめて自分達の代表である自治体には競争入札を導入し、原発推進企業を排除してもらいます。それによって経済原理による脱原発が促進されます。

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://hayariki.net/
http://hayariki.zero-yen.com/


CML メーリングリストの案内