[CML 014969] IK原発重要情報(76)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2012年 2月 13日 (月) 21:45:09 JST


        IK原発重要情報(76) [2012年2月13日]

  私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先  [1月1日より新住所です。御注意ください。]
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844、FAX03-6914-3884)
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

―――――――――――――――――――――――――――
   2.11行動 大江氏らの訴え 保安院 小林よしのり

 2月11日に「さよなら原発1000万人アクション・イベント」が東京・代々木公園で行われ、1万2000人が都内をデモ行進しました。参加した皆さん、寒い中、ほんとうにご苦労様でした。
http://ameblo.jp/asianrally/entry-11162926750.html
集会での福島のお母さんの訴えと藤波心ちゃんのメッセージに、ぜひ、耳を傾けてください。「分かっている」と言わないでください。必ず、新しく得るものがあるはずです。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1509.html
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1508.html

 大江健三郎氏らが、7月16日にも東京・代々木公園で10万人規模の「さよなら原発集会」を開催すると発表しました。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012020902000028.html?ref=rank
同時に、大江健三郎氏らは、原発立地自治体首長への要請文を発表しました。おそらく、各首長の下へは、すでに届いているはずです。この要請文は、なかなかいい文章です。
 自治体の首長や自治体の議員に対し、ひきつづき住民側の要請行動を展開することが強く望まれます。その際の申し入れ文書の作成や説得工作の内容については、大江健三郎氏らの要請文と2月4日の関西びわこ集会の決議が参考になるのではないでしょうか。
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/5869019.html
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/shiga_ketsugi20120204.htm

 保安院が、大飯原発3号機、4号機のストレステストの結果を妥当とする審査結果を原子力安全委員会に報告しました。近日中に地元への公然たる同意工作が始まるものと思われます。私たちの闘いも急がなければなりません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120213-00000023-mai-soci
『北海道新聞』が「大飯原発評価 これで稼動させるのか」という社説を発表しました。すばらしい社説です。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/349764.html

 漫画家の小林よしのり氏の見解については、脱原発を目指す人の中でも賛否両論があるかも知りません。しかし、氏が日本の若者に大きな影響力を持っていることは間違いの無い事実です。その小林よしのり氏が『SAPIO』2月22日号で『脱原発論』
を書いています。私(河内)は、何よりも小林よしのり氏の勇気に敬意を表したいと思います。

――――――――――――――――――――――――――――
                      以上









 
 



CML メーリングリストの案内