[CML 014795] Re: 脱原発国民投票は絶対にいけません

hagitani ryo liangroo at yahoo.co.jp
2012年 2月 12日 (日) 10:16:54 JST


永野さん、レスありがとうございました。
facebookで、谷川俊太郎氏の国民投票賛成の発言を引用して、なんで直接民主制 
の芽をつぶすのかという疑問を投げかけていた方がおられたの で、先日の私の 
発言をお送りしたところ、即座に理解してくれました。以下の通りです。
 なお、別のMLで、法律論の観点から、私の発言の不備を指摘してくださる方 
があり、それもなんとか加味して、あちこちに広めたいと思っていま す。この 
指摘のなかに、国民投票と市民投票、住民投票をきちんと区別しなければいけな 
いとの一言があったので、今はそのように改めています。 

facebookでの反響
• nさん 
• 余りに軽い気持ちでした。こういう取り組みも原発への意思表示の場として有 
効と期待しました。萩谷さんが指摘されていた「日本国民」に限定、あるいは 
2022年までの段階的閉鎖という趣旨だと知って恥ずかしく思います。マスコミの 
報道でしか知らず、住民投票と同じものと見る安易さでした。憲法 改悪のため 
の国民投票法を我々が「改正」というのは、誤導ですね。いつ、改憲が発動され 
るかも分からない情勢です(閉会中も憲法審査会は活動しま す)。また、我々の 
やって来た全ての原発の即時停止とは全く違うものであり、寧ろ、原発容認派の 
主張ですね。今、国民投票法を呼びかけるサイトも 確認しました。
• http://kokumintohyo.com/kokumintohyo/proposal国民投票の実施手続市民案 
| みんなで決めよう「原発」国民投票 
kokumintohyo.comこの市民案は、国民投 
票の第一人者である南部義典氏(慶応義塾大学大学院法 学研究科講師)と今井 
一事務局長が作成した素案をベースに、東京、大阪、名古 屋での賛同者と...続 
きを読む

  





tkさん 私も深く考えず、石原・橋下批判の一環として書いたので 
すが。。。
• 確かに直接民主制の制度には危うさがあり、今井一さんはヤバイですが、原発 
住民投票をしたら、憲法「改正」の国民投票につながる、というのにも飛躍があ 
り ませんか?10時間前 · いいね!



• 

TMさん 萩谷さんに100%同意します。今井氏がやっていることはプロ 
パガンダ・恐怖のネガティブキャンペーンであり、そういう意味では手法はもち 
ろん思考も、石 原・橋下と同族です。憲法改正が飛躍?彼は昔からそれを目指 
していますから。。。国民が決めるということの勘違いはなはだしい輩としか言 
いようが ありません。結局のところ、国民なんて
• 言葉で排外主義を横行させるところを見ると大衆に寄り添ったふりを見せる 
ファシストかもしれません。
• 一ジャーナリストがまき散らす、誤った国民主権は「改憲」という気安く触れ 
てはいけないものまでも、有事の国民不安をあおり付け込み一ジャーナリストの 
思 想の押し付けという陳腐な茶番に大衆が流されるのを阻止しなければなりま 
せん。福島の事なんか1%も考えていないでしょう。9時間前 · いいね!



• 萩谷 良 ご理解いただき、ありがとうございます。ほんとうの直接民主制をめ 
ざして、一歩一歩を大事にしましょう。21分前 · いいね!





(12/02/05 21:18), 永野勇 wrote:
> 萩谷様 
>
>  市原市の永野 勇です。
>
> 私は昨年の5月に「原発問題についての国民投票に反対する」というメールを出し
> ましたが、30人くらいの方から返信がありました。
>
> そのうち国民投票に賛意を表したのは3通に過ぎませんでした。もちろん萩谷様は
> 国民投票に反対の立場を明確にしました。
>
> そのとき私が一番大きな反対理由としてあげたのが、今国民投票を実施したら、
> 国民投票で原発容認派が多数を占める危険性が高くその結果既存の原発を固定化
> することになるからというものでした。
>
> 既存の原発が地方に存在し、その電気の使用者が大都市であることを考えた場合
> 国民投票で原発容認派が多数を占めることは、容易に想定できることである。
>
> 言い換えれば、現在沖縄にある米軍基地について、沖縄県民の反対の総意を、国
> 民投票により踏みにじる危険性が高いことをやろうとしているのが、今回提案の
>
> 国民投票なのである。これは、いかなることがあってもやってはいけないこと
> であります。と書きました。
>
> 今私は脱原発1000万人署名のため各個訪問をしておりますが、まだまだ
> 多くの方が、原発の立地により地方が苦しんでいることを理解していません。
>
> このような状況ですので、今国民投票を実施した場合、本当に原発容認派が
> 多数を占めてしまう危険性を肌で感じています。
>
> 今私たちが一番でなすべきことは、現実に原発を立地している地方に連帯し
> 原発反対の大きなうねりを作り出すために粘り強く行動することだと思います。
>
> 萩谷様の考えに賛意を表します。
>
> 原発の国民投票を提案した方、またそれを支持している方に、国民投票の本当
> の危険性についてようく考えてもらいたいものである。
>
>
>
> 2012/02/04 16:17:15 +0900にhagitani ryo<liangroo at yahoo.co.jp>さんに頂いた
> 「[CML 014767] 脱原発国民投票は絶対にいけません」への返事です。
>> 萩谷です。知人の方々にBCCでお送りしております。重複はご容赦ください。
>>
>> 街角で国民投票、市民投票をしているみなさん、
>> あなた方の活動は、たんなるお祭り騒ぎであるばかりか、脱原発の自殺行為だから、
>> ただちにやめてください。
>> 私はこのことを、国民投票を発案・推進している河内謙策弁護士に繰り返し理由
>> を説明して
>> 質問していますが、彼は一切答えていません。
>>
>> 1)フクシマのことはまずフクシマ に。フクシマに原発を押しつけて電力を
>> 使ってきて、石原 に投票した都民がフクシマ県民と同じ票の効力をもつとい う
>> のは不公平です。
>>
>> 2)フクシマのことは一国民だけでなく全世界の問題で す。
>>
>> 3)フクシマの放射能を浴びるのは在日外国人もいっ しょです。
>>  しかし、河内、今井両氏の推進する国民投票では、 外国人投票権は、認 める
>> のと認めないのの自由選択です。なぜはっきりと、 外国人にも投票権を与えよ
>> うと言えないのでしょう。こ れは外国人に対する侮辱だと思います。
>>
>> 4)国民投票は改憲のためにある制度ですから、 利用してはなりません。
>>
>> 5)イタリアでは国民投票で脱原発を決めたという例を引き合いにだして、日本
>> でも、と言っているひとは、イタリアについて、次のことを思い浮かべ てほし
>> いものです。
>> イタリア人は、ムッソリーニを自分達で捕 まえました。日本では天皇の退位す
>> ら実現しませんでした。
>> イタリア人は、ベルルスコーニもやめさせ ましたし、彼の出した有害な雇 用法
>> 改正案は毎日300万のデモで廃案に追 い込みました。イラク戦争反対も100万単
>> 位のデモが出 ました。イラクで左翼新聞の女性記者が人質になると、殺 さない
>> で、という嘆願デモが毎日数十万繰り出し、記者が無事帰還したときは、ベルル
>> スコーニですら、特別機で迎えに行って、彼 女を抱擁するという、心にもない
>> サービスをせざるを得なかったのです。日本では小泉首相が、3人の日本人が
>> ファルージャで人質になるといち早く 「テロには屈しない」と言って、率先し
>> て3人を危機に追い込みました。
>> ローマのコロッセオには超大型の照明装置があって、世界のどこかで死刑の減刑
>> や廃止があるとライティングをして祝います。人情味豊かで、さばけ た、人生
>> の楽しみを知る人たちの多いラテン文化の面目がよく現れています。
>>
>> 6) 直接民主主義は必要です。それでヨーロッ パでは、熟議の民主主義といっ
>> て、ひとつの課題に ついて1年以上かけて国民的議論をすることが、最近増えて
>> います。ところが今井、河内両氏は、去年の暮れに なってもまだ、今年の
>> 311に 間に合わせて国民投票などと言っていました。・・・ これでは、電力
>> 企業、政府、マ スコミ、財界、労組のデタラメな情報に騙 されている国民が原
>> 発についてま ともな認識を持つような時間はまったくありません。まったく杜
>> 撰です。自分達自身が熟議の姿勢を持っていま せん。
>>
>> 7) 国民投票の選択肢(稼働を認める /2022年までの段階的閉 鎖)ですが、
>> どういう根拠で10年待つのでしょうか。それ自体が国民的熟議の議題であるべき
>> ことを、勝手にジャーナリストと弁護士だけで 決めているのは、軽率だし傲慢
>> です。
>>
>>
>>
>>
>>



CML メーリングリストの案内