[CML 014897] 【報告】第296目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 2月 10日 (金) 07:20:54 JST


青柳行信です。2月10日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第296日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから2月9日現在総数2025名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】2月9日1名
           土岡小竹絵
  <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

★ 横田つとむ さんから:
青柳 様
お疲れさまです。
カナダからのメール 、うれしかったですね。
訳して、メールと一緒にブログに掲載しました。

あんくるトム工房
カナダからのメール   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1707

★ 直方市 梅崎 さんから:
今日は本当にありがとうございました。
初めてひろば・テントに来た私たちをみなさんが温かく迎え入れてくださって嬉 
しかったです。
おいしいシチューやパンまでご馳走になり…まさかテントでお腹いっぱいになる 
とは思いませんでした。
ご馳走さまでした。そして我が家の送電線の話も聞いてもらって励ましてもらっ 
て…嬉しかったです。
ありがとうございました。
帰りに、今日いただいたポスターやチラシを掲示できないかと人に訪ねてみたの 
ですが、
反原発のポスターだとわかると相手の方がすごく引いていくのを感じました。
(なかなか難しいので自分の車の後ろに貼ってみました)やっぱりそうだろうなと 
思いながら、
青柳さんやテントのみなさんはどれだけのこんな思いやこれ以上の思いを繰り返 
してきたことだろうと思いました。
原発の話を友達や周囲の人たちとしたいなと思いながら出来ない雰囲気のような 
ものがあり、
一人で悩み苦しくなります。
本当は事故の話、福島の子供たちの話、話したい事はたくさんあるのに正直に話 
すことができず辛いです。
でもテントに来ると原発の話が普通にできる、本当に話したい話ができるので…
この当たり前の事がとても大事で精神的に支えてもらったように感じました。
テントがなければ、原発は嫌だと思いながらもどうせ無理よねってすでに諦めて…
また無関心に逆戻りしてたかもしれません。
テントのみなさんにお会いして改めて正直でいようと心に決めました。
沖縄の本当にひどい話も聞き、腹が立ち自分は何も知らない、もっと知りたい勉 
強しようと思いました。
明日会う人たちにも、これまで自分の話は一切してきませんでしたが、チラシを 
渡してみようと思います。
また近いうちにテントに行きます。
今日は本当にありがとうございました。

★ 田中輝子 さんから:
青柳さま
本当に連日寒いですね。
その中でのテント座り込みに頭が下がると同時に、ご体調を崩されないよう切に 
祈っております。
テントまでうかがう時間の取れない身なので、せめてみなさまの尊い活動を忘れ 
ずつながっていようと思い、
日中家では暖房を使わずにいますが、着込んでも今日はくじけそうなくらい寒 
かったです。
が、思い立って、普段は布団でだけ使う湯たんぽを抱くようにしたら、寒さは解 
消できました。
みなさまからの貴重な情報にも感謝でいっぱいです。

★ ひろば 上條 さんから:
<テント報告>
ひろばの電話に「さよなら原発!3.11福岡集会」のチラシ・ポスターの
問い合わせがありました。チラシ・ポスターはテントひろばに用意しています。
賛同金も宜しくお願いします。

昼に私がテントに着いたら机の上に差し入れが多くありました。
Fさんがご飯とシチューを作って持ってこられ、八朔、天然酵母のパン、
あんこが普通の三倍入ったアンパンなどもありました。

沖縄北部の高江から土岡小竹絵さんが来訪。
高江の北部基地、ヘリパットに対し、テントを張って反対しているそうです。
H夫妻が来訪。朝日新聞の連載記事『プロメテウスの罠』を切り取り、まとめた 
ものを下さいました。

韓国在住の久保さんが福岡に戻ってきました。今週から来週にかけて
佐賀市にリアカーを引いて出向き、その後玄海町に向かうそうです。
夕方にはおでんの差し入れがあり、ちょうど人々が集まりだしていて
みんなで分け合って食べました。
雪が降ったりやんだりの天気でした。風が冷たかったです。

★ 毛利 奈穂 さんから:
  青柳 様 メールありがとうございます。
広島、長崎の経験が、アメリカの軍事機密のため、
日本では十分研究されていないことを知りショックを受けました。
広島、長崎のぶらぶら病
原発事故の作業員のドキュメンタリー
湾岸戦争で、劣化ウラン弾を使用した兵士
チェルノブイリの事故
そして福島県在住の方のブログ
それらの症状は、似ているように思えます。
暗い情報が続いていますが、希望になるのではいかと友人が教えてくれました。
日本が原油輸出国になる可能性?!
http://www.youtube.com/watch?v=xt3jVJjmRf8&feature=share
今回の福島の原発事故の影響で、研究がどこまで進むか分かりませんが、楽しみ 
ですね。

★ 吉田典子 さんから:
2月8日、珍しくコンビニで毎日新聞を買いました。
そしたら『はがき随筆』に宗像の77歳男性のエッセイが採用されているのを見 
つけました。
題名は『メジロが来ない』
言われてみれば…。
私の部屋の窓からは、三階建ての建物より、まだ高い毎年、赤い実をつける樹 
(ナナカマド?)が見えます。
近くには、小高い山を覆う森林もあって、いろんな種類の沢山の鳥が、忙しく鳴 
き交わしながら、
ナナカマドと森を行き来して、赤い実を食べるのです。
でも、事故後、私はそれを見たでしょうか?
あの喧しくも嬉し気にさえずりながら飛び交う沢山の鳥達を。
レイチェル・カーソン著『沈黙の春』は、鳴き交わす小鳥の声、
小さな命の気配が全くしない無音の春の場面の描写から、
散布される農薬の害についての話が、始まっていました。
農薬ならぬ放射能のチリは、人間より遥かに小さなものの命から、摘み取り始め 
たのでしょうか?
福島から、こんなにも離れた場所に生きるものにさえ、何らかの影響が現れてい 
るとしたら、
果たしてあちらでは、どれほどの事が起こっているやら!
半世紀以上前のアメリカの話としてではなく、日本の今の現実として、
私達は今年『沈黙の春』を、経験するのでしょうか?
土筆を摘みに出た野で、巨大タンポポの葉を見る事に、なるのでしょうか?
太田光征さんが寄せた鳥の情報と、同じ土地に住む老人の日常の鳥の観察結果に 
は、薄ら寒いものを感じます。
蚯蚓の次は鳥…。
鳥の次は?
その次は?
その次は?
国土に棲む様々な無数の命を絶やしてまで人が手に入れたいと願っているもの守 
ろうとしているものは何なのでしょう?

★ 谷本 美毅 さんから:
お疲れさまです。
 動画のアドレスを変えました。
 『九州 脱原発 人間の鎖 No.6 小出裕章さん』
 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=yr-vBRDp8mo
 よろしくお願いします。

★ 佐野陽子 さんから:
先日1月29日に行われた「脱原発デモ@TwitNoNukes九州」について様々な感想を 
寄せていただいて、ありがとうございます。
メンバー一同、大変励みになっております。今後ともよろしくおねがいします。
次の「脱原発デモ@TwitNoNukes九州」は2月26日(日)となっております。
前回と同じ警固公園にて13:30 集合/14:00 出発
今回はまたコースに工夫を凝らしておりますので是非ご参加ください。
詳細はこちら
http://twitnonukes9syu.blogspot.com/    TwitNoNukes九州

★  松元 さんから:
みなさまへ    
小出先生の「たね蒔きジャーナル」2月7日、8日分の転送です。
8日はグリーンアクション代表で、ユージン・スミスさんとともに水俣病の写真 
集で著名なアイリーン・未緒子(みおこ)・スミスさんが小出先生との話、そし 
てその後のお話がありましたので紹介させていただきます。
小出先生もアイリーン・スミスさんも、「海外メディアに較べて日本のメディア 
は、ただ政府の言っていることを垂れ流すだけ」「不思議な国だ」と語っています。
長年、水俣の被害者と歩んで来られたアイリーン・スミスさん、「被害と被害者 
に対する企業、政府の対処の仕方、原発と水俣がたいへんよく似ている」と警告 
しています。
●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。
http://hiroakikoide.wordpress.com/

=====2月7日のお話=====
 永岡です、毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日も毎日放送アナウン 
サーの水野晶子さんの司会、毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で 
放送されました。
このところの野田内閣のごたごたで、時事川柳もにぎわっています(笑)。ま 
た、平野さんは、米軍が岩国と言うのは観測であり、アメリカは現実的な選択 
で、このままでは辺野古移設は無理としびれを切らし+財政難で、日本にはチャ 
ンス、普天間閉鎖にかじを取るべきで、日本政府は梯子を外されたとの指摘があ 
りました。アメリカの発表は13日の予定が早くなり、日本の混乱で早めたとのこ 
とでした。

 原発のニュース、原発事故で圧力容器の圧力が高まった時に、ベントのための 
フィルターを付けることが決定し、沸騰水型には付いているものの、フィルター 
付きはなく、放射能を取って外部に出し、出る放射能を1/1000に出来るとのこと 
です。これで再稼働したいのです。
 放射能汚染の砕石が工事に使われていたこと、枝野氏、基準の見直しをして、 
問題の砕石は1000か所以上で使われ、100か所で放射能が出ており、この基準です。

 そして、小出先生のお話、2号機の温度上昇について心配している人が多く、 
50℃→70℃になり、ホウ酸を入れたのです。ホウ酸を入れるのは、核分裂の連鎖反 
応を抑える=再臨界の疑いあり、なのです。ホウ酸を入れて再臨界を防ごうとし 
ても温度は下がらず=再臨界ではない(多分)、のです。見ることも、測定器も 
なく、小出先生もニュースを聞いて推理をしており、小出先生が間違っている可 
能性もあるとのことです。

 平野さん、電流の変化で温度を測ると誤差が20℃あると指摘され、100℃になる 
とアウト、冷温停止で安定にしたいが、圧力容器に水を張り炉心があっての話 
で、水を液体で冷やせる、圧力釜の底が抜けて炉心は下にあり、残った炉心が泥 
のようになりあちこちにへばりついて、圧力容器の温度を上げているのでは?で 
あり、温度計は3つあり、ひとつの温度が上がり、その付近に泥となった炉心が 
あると思われるのです。

 東電は注水量を増やすと言うものの、「直接には期待できない」、水を増やす 
と泥の位置が変わり、温度は部分的なところを測り、他のところは不明で、温度 
を参考に見ているだけなのです。
 誤差が20℃あるということで、もし90℃の可能性もあり、他で100℃を超えている 
ところがあるかも知れない(これが困るが、どうしようもない、ロボットも入れ 
ない)のです。原子炉内の様子は何も分からないのです。内視鏡で、水の位置す 
ら分からないのです。何年経っても見られない、それが原発事故であり、国の収 
束宣言は、外国から呆れられているのです。 今日は、温度上昇の続きをお知ら 
せいたしました。

=====2月8日のお話=====
永岡です、毎日放送のたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新 
聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。辺野古に関して、近藤 
さんは、アメリカ政府が、日本政府が沖縄を説得する力はないと見ていると言わ 
れました。また、政府は消費税、TPPというものの、震度5のたびに国民はお 
びえているのであり、最もやらないといけないことから政府はずれているとの指 
摘がありました。

 原発関係のニュース、定期検査で停止している大飯の再開、ストレステストは 
妥当と保安院は判断し、3,4号機について、IAEAの勧告も踏まえて妥当とし 
たものの、市民は別室での傍聴で、抗議しているものの、市民は水素爆発への備 
え、格納容器の耐震性への批判がありました。政府は、地元の理解を得ないとい 
けませんが、福井は微妙です。

 そして、小出先生のお話、今日はグリーンアクションのアイリーン・スミスさ 
んが来て、小出先生はアイリーンさんとお馴染みで、アイリーンさん、地震が心 
配で、福島での地震を心配しており、大きな地震で、4号機の使用済み燃料のこ 
とが聞きたい、地下水の汚染について聞きたいと言うことで、小出先生のお話、 
4号機のプールは宙ぶらりんで、東電は補強したものの、猛烈な被曝下であり、 
余震が来たら小出先生も東電も不安で、工程表で4号機の燃料を取り出したいの 
に出来ない(3〜4年と東電は言うものの、これについては不明)、大きな余震が 
来ないように祈るしかないのです。 
 地下への汚染、日常的に漏れており、建屋の地下、トレンチが割れていないは 
ずはなく、一刻も早くタンカーに移せと言ったのに、1年放置されているのです。

 アイリーンさん、経産省の前で座り込みをされており、小出先生は政治に絶望 
と言われているのですが、原発問題への関わり方は、アイリーンさんが自分より 
エライ、活動的と小出先生言われました。
 アイリーンさん、小出先生は政治に絶望と言われても、行動は希望を持ってと 
言われていると指摘され、小出先生が活動的と言われました。

 近藤さん、原発と何十年向き合ってきたお二人であり、3・11以前は認識でき 
ていなかったとの水野さんの指摘に、技術過信の時代に関して、多くの人が発言 
し、膨大な空白を過ごしていたと指摘され、原発誘致の自治体がハコモノを建て 
てもらい、地元の思いもあるものの、住民の命を担保にして金が流れ、東大の原 
子力村に金が流れている、金にまみれて実態があるのに、それが続いているこの 
国の在り様に、痛みを覚えず走る役所があるなら、国民を幸せにしてくれるとは 
到底思われないと言われました。近藤さん、絶望もせず、限界を感じつつ立ち上 
がると言われました。

 3・11はアイリーンさん、アメリカにおられて、当時、海外は警告していた市 
民のインタビューを受けたのに、日本のメディアは接触がなく、警告してきた学 
者へのインタビューがなかったのです。外国は、日本を地震国と見て、ドイツは 
原発の延命を止め、しかし、事故の起こった国での選択は注目されているとのこ 
とです。

 小出先生、海外の人の取材を受けて、「日本は不思議」と思っており、マスコ 
ミ、ジャーナリズムが政府の報道を垂れ流すのはなぜかと小出先生が聞かれて、 
答えられないのです。日本のマスコミ、ジャーナリズムの人に、考えてほしいの 
です。 今日は、アイリーンさんと小出先生の対話をお知らせいたしました。

=====アイリーン・未緒子(みおこ)・スミスさんのお話====
 永岡です、たね蒔きジャーナル、続いて、水俣病の写真集で話題を呼び、脱原 
発運動にも関わられているグリーンアクションの代表、アイリーン・未緒子(み 
おこ)・スミスさんのお話がありました。スタジオに来られて、小出先生とのお 
話に続いて、水俣病と原発事故のことについて語られました。

 ご主人のユージン・スミスさんと一緒に、水俣のことを発表されたアイリーン 
さん、水俣病と原発事故が似ていると言われて、その意味、被害が出た後の国の 
やり方であり、ユージンさんと一緒に行ったのは公式発表の15年後(72〜74 
年)、今55年経っているのに、救済されていないのです。

 水俣病って過去の話と思っている人は多いが、今年、来年が正念場であり、 
人々の救済がなされるか(1956年公式に認められた)なのです。何が原因か特定 
されるまで時間がかかり、水俣湾の魚に毒があることが分かっていたのに、対策 
をやらず、何万人も被害を受けたのです。

これは福島と同じで、水俣は原因が分からないのに、魚に問題があるのは分かっ 
ているのに、国が動かず、それは言い訳であり、水俣湾の毒が全て毒と言う証明 
がなく放置された。福島も、子供たちの住んでいる地域の7割は、原発なら子供 
が立ち入り禁止なのに、今まで1ミリシーベルトの被曝を、20ミリにしたこと、 
誰も責任を取っていない(安全委員会、文科省も認めていない)。これ以下は、 
自主避難しても補償がなく、被曝を減らすことが大事で、食べ物を安全にしない 
といけないのに、被害が大きいと見せたくないので、対策を取っていない、水俣 
と同じで、水俣はこれで被害が拡大した、福島も同じと思われるのです。

 福島の事例、チェルノブイリより日本の基準がひどく、ソ連だと5ミリで避難 
であり、1〜5ミリでの避難でも補償が出たのに、日本はしていない。旧ソ連より 
日本が進んでいると思われているのに、実態は日本が遅れているのです。

 近藤さん、足尾銅山の田中正三の闘いと似ていると言われて、症状がないと認 
めないことから始まり、議員立法が出来たのが2004年の最高裁判決以降で、排水 
規制の責任が認められ、半世紀かかり、損害賠償を求めている人は、これで納得 
していない。最高裁判決でも、国は責任を認めていないのです。

 アイリーンさん、福島の事故は、1年近く経って、10年後をどう見るか、30年 
後をどう見るかで、水俣は子供だった人が今50代で裁判を闘っている、福島も、 
30年後に裁判を行うことにアイリーンさんはなってほしくない、大人たちは何を 
やっていたかと言われないように、子供が放射能の影響を受けないように、との 
ことで、子供を守りたい、出たい人は出られるように、と言うことです。

 近藤さん、菅政権が情報を隠匿しており、それをオープンにしたらかなり防げ 
る。議事録がないと済ませられない、菅元総理を国会に呼んで、何を認識してい 
たか、海外の新聞に応じるくらいなら、今オープンに出来る資料を公開せよ、10 
年20年後では遅いと言われました。

 アイリーンさん、脱原発立ち戻ることにしたら日本はすごいと思われるもの 
の、このままナアナア、ストレステストを通したが、福島の事故がどうなったか 
分からないのに、再稼働を認めるのは、若狭湾の原発銀座で問題であり、ナアナ 
ア+運転再開=もう一回の事故で日本破滅、なのです。

 アメリカ人は事故なら80km離れろと言われており、若狭湾から80kmなら、事故 
の際に大阪も入るのです。

 リスナーより、水俣病と原発事故は、棄民政策で同じという意見があり、棄民 
政策で経済繁栄、犠牲を出す国に未来はあるのかと質問があり、アイリーンさ 
ん、その通りで、それを変えないといけない、福島に住んでいる、汚染のひどい 
ところに住んでいる人はみんな被害者で、政府は被害者同士が対立するように 
(父と母が大事に子供を育てても、父は大丈夫、母は危ないと喧嘩している、政 
府が上手く混乱するように、何を信じたらいいか分からないようにして、卑怯で 
ある)しており、これは水俣でもあった。自分が被害者になったら、一生懸命考 
える、かわいそうというのは失礼なのです。

 公害企業で、そこで働いていたら会社が大事となるのですが、女性の、命が大 
事との感覚が大切と、近藤さん言われて、貧困も女性が多い、女性の言っている 
ことを評価する社会が大事(政府、電力会社は男ばかり、コミュニティが大事と 
言うところは男女のバランスが取れている)のと指摘がありました。
 近藤さん、男と女の考え方の違いについて、親子の情、母親が子供を抱きしめ 
るのが大事と言われました。女性の出番、将来を守るとアイリーンさん締めくく 
られました。

●○●○○○●○●○●○

★ 福岡県知事への申し入れと懇談会。
昨年の11.13『さよなら原発 ! 福岡 1万人集会』集会実行委員会として、
  集会参加者1万6千人の「集会宣言文」の手渡しと
原発の廃炉・安全協定・防災計画についての申し入れ・懇談会。

  2月14日(火) 13:00〜13:45
  福岡県庁 9階(北棟) 消防防災課の隣の会議室
    地図:http://tinyurl.com/7zu4ev4
  30名(MAX)程度の部屋だそうです。

事前打ち合わせ
2月14日(火) 12:45〜
福岡県庁 1階中央ロビーにて
* <昨年は12月13日、九州電力への申し入れと12月22日、佐賀県知事
への申し入れを行ってきました。>

★ <<ご一緒に参加しませんか!>>

裁判は初めて!
裁判ってめんどうで そして、なんだか少し怖いな?
裁判とは?
原告とは?
原告になると困ることがでてこないかな!
裁判で原発(原子力発電所)をとめられるの?
いろいろ 疑問???

新聞・ラジオ・テレビ で

「原発なくそう!九州玄海訴訟」
1月31日佐賀地方裁判所に1704名の原告が国と九州電力を被告として、
原発差し止めの裁判を提訴。(第1陣)
裁判は、引き続き第2陣、第3陣等とつづく。

どうして?
こんなにたくさんの人々が関係している裁判ってなんだろう!?

聞いてみよう。

日 時: 2月18日(土)14:00〜16:00
場 所:「ホテルサンライン福岡博多駅前内」2階会議室
     福岡市博多区博多駅前4-11-18 電話 : 092-409-2121
     JR博多駅博多口を出て、代々木ゼミナール(対面・ANAホテル)前を
     住吉神社の方向に歩き、最初の交差点を左折した先です
 地図・交通アクセス http://www.h-sunline.co.jp/bbb/access/
参加費:無料

・長い間、公害裁判をしてきた 馬奈木昭雄 弁護士さんの話しも聞けるよ。
・裁判の内容や原告の意味などについての報告。

主 催:「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団
ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

東京電力の福島第一原発事故で、原発の安全神話は完全に崩壊しました。
佐賀県の玄海原発が事故を起こしたら、佐賀・長崎・福岡・熊本・大分の北部九
州全域に及ぶことは明らかです。

★「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)
ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
 原告(第1陣)1704名、1月31日佐賀地方裁判所へ訴状を提出。
 原告第2陣の提訴は3月12日予定。 
 連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

★  フクシマ〜フクオカ、核なき未来へ
   さよなら原発! 3・11 福岡集会
3月11日(日)13:30集会開始 14:30デモ出発
集会場所: 須崎公園  福岡市中央区天神5丁目8
   地図: http://tinyurl.com/6od2twa
主 催: さよなら原発! 3.11 福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう!九電本店前ひろば
    090-1324-8588(ひろば)080-6420-6211(青柳)
     福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
 地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html

第3回実行委員会
日 時:2月28日(火)18:30から21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
連絡先:090-1324-8588(ひろば・テント)080-6420-6211(青柳)

★《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内