[CML 014839] <テント日誌 2/6(月)>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2012年 2月 8日 (水) 00:51:09 JST


<テント日誌 2/6(月)>
   「再稼働NO!テントを守ろう!」 2・11前段集会
  →さよなら原発1000万人アクション全国一斉行動in東京
  に参加を!
  ―― 経産省前テントひろば 149日目 ――

2月6日(月) 今日は一日中雨、時々強く降りしきる。それでも今日は比較的暖かく、先日来までの寒さがウソのように思える。

 今日、椎名さんが福島からテントに帰還。早速福島の状況についてお伺いする。
子ども達の被曝の症状が現れてきているとのこと。甲状腺腫の症状が3割もの子ども達に見られるという。チェルノブイリよりも進行が速いようだ。ともかく「土湯ぽかぽかプロジェクト」のような早急な保養が求められている、との感を強くする。
他方では、これまで沈黙していた人々の間で(とくに女性)、メッセージボードを提げて街角に立つ人の数が多くなっているそうである。また、なんとか”除染”に縋りつくように望みを託してきた人々の間で、それではどうにもならないことが歴然としてくるに従い、別の選択と行動へ踏み出そうとする流れが強まってきているということであった。
 その中で、3・10ー3・11行動が取り組まれる。3・11は「原発いらない!福島県民大集会」と決定されたそうだ。前日祭も中味がさらに練り上げられて固まってきているということであった。
 夕刻頃、第2テントは女性達の来訪が相次ぎ、賑わう。

 夜、1000万人アクションの2・11実行委員会があり、出席した淵上さんより説明を受ける。「再稼働を許すな!2・11さよなら原発1000万人アクション全国一斉行動in東京」と名称も決まり、代々木公園で2万人規模の集会→デモの予定だという。
大飯原発の4月再稼働に向けた動きが浮上してきている中で、2・11ー3・11は一体のものとして、正念場としての今年の闘いの今後を決定していく重要性を持ちつつある。 

 この2・11集会に向けて、テントひろばはたんぽぽ舎等協力諸団体と一緒に、「再稼働NO!テントを守ろう!」を強く訴えていくべく、前段集会を開催する。テントは当初から再稼働阻止!を前面に掲げ、それを経産省に対峙させてきた。今、それは正念場を迎えようとしている。その拠点として、1/27に示された”テントを守る”意志を広くアピールし、テントを磁場とする人々の結びつきと意志空間を広げていくべきであろう。
 2・11集会の2万人の間ではテントはあまり知られていない。だからこそその人々の中にテントをアピールし、結びつきを創り出していくことが重要なのだ。
 前段集会は11時〜12時、けやき並木渋谷口(NHK前)で行われる。そして全員で5000枚ビラまきを行い、午後1時半からの本集会に参加する。
 皆さんの参加を呼びかけたい。                                      ( Y・T )

★テントひろば・ライヴのお知らせ
   2月12日(日) 午後6時〜8時
   ボーカル; 栗原 優   サキソフォーン; 鈴木 峻

●訂正; 前回(148日目)の日にちが2月6日(月)とありましたが
      2月5日(日)の間違いでしたので、訂正致します。



CML メーリングリストの案内