[CML 014817] 原発推進・天皇出席の震災追悼式典―全国一斉黙祷反対!実行委(準)のよびかけ

吉田 宗弘 mnhryoshi at yahoo.co.jp
2012年 2月 6日 (月) 17:13:08 JST


反戦反天皇制労働者ネットワークの吉田です。

私たちは、天皇出席の東日本大震災一周年追悼式に反対する行動を呼びかけています。多くの参加・賛同をお願いします。

--------------------------------------------

原発推進・天皇出席の震災追悼式典―全国一斉黙祷反対! 
実行委員会(準)のよびかけ

 政府は、天皇出席の東日本大震災一周年追悼式を3月11日に東京・国立劇場でおこなうと発表しました。衆参両院議長や遺族代表などの参加で、天皇明仁が「おことば」を述べ、地震発生時の2時46分に黙祷をおこないます。藤村修官房長官は「被災自治体で同じ時刻に開く式典と同時中継で結び、一体感を持たせる」といいましたが、それを通じて全国民の「悲しみの一体感」をつくりだそうというわけです。
 今回のような政府主催の式典は災害では前例がありません。なぜ、政府は前例のないことをするのか。それは、東電福島第一原発の大事故がつくりだした恐怖と怒り、「原発犯罪人」(歴代の政府、東電など電力資本、東芝など原発メーカー、鹿島など建設資本、金融独占資本、東大などの大学、原子力関係の御用学者など)にたいする責任追及と賠償請求、停止中の原発の再稼動と原発輸出を承認しない民衆の強い気持ちを、まずは沈静化させるためではないでしょうか。親しい者の死、無念の死、希望の見えない生活、こうした民衆の耐え難い怒りと悲しみに、国家と天皇が同情し、ともに悲しんでくれる、というわけです。つまり、国家や天皇が追悼という形式で民衆の恐怖と怒りと悲しみを簒奪し、そうす
ることで追悼に批判的な人々を「遺族の悲しみ」を理解しない「非国民」とのデマゴギーを捏造して民衆に分断を持ち込み、国家と天皇の「ありがたさ」を強要するのです。もちろん、原発犯罪人たちはこうした国家追悼式で民衆の責任追及と原発廃絶の要求がなくなると思っていないでしょう。しかし、国家追悼というパフォーマンスが、戦後も「天皇の臣民」に決別できていない日本の民衆を国家に統合する最強の手段であると知っており、「大震災一周年」はまたとないチャンスだと考えたにちがいありません。
 考えてみれば、天皇制は大災害、ましてや今回のような国家体制が根幹から揺さぶられかねない「国難」(危機)の時こそ、自らを含む国家体制の維持のために「国民統合の象徴」としての役割を発揮するのだと、改めて思います。天皇明仁は、昨年3月16日には「ビデオ・メッセージ」を発して国民に「国難」に立ち向かう覚悟の要請、国を挙げての救援活動の重要性の強調、“秩序ある行動をとれ”との被災した人々への説教、“被災した地域と人々に長く心を寄せよ”との国民への説教をおこない、「元首」としての態度を示しました。そして、被災地「巡行」では国家・独占資本の原発犯罪責任にまったく触れず「悲しみを共にする」という見え透いたパフォーマンスを繰り返してきたのです。今回の追
悼国家式典はその一つの集約であり、彼らの危機乗り切り策だと思います。
 この追悼国家式典が成功するなら、政府は8月15日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とした前例にならって「震災被害者を追悼する日」を設け、毎年この日に天皇出席の国家式典をおこない、式典中の一定時刻に天皇の黙祷とあわせて全国民の一斉黙祷を勧奨(強制)するかもしれません。原発の恐ろしさを身に沁み、原発事故とその後始末、つまり被ばくの恐怖から長きにわたって逃れられない民衆の怒りの爆発を未然に防ぎ、国家体制(原子力立国=原発・核兵器戦略)の危機を回避しつづける必要があるからです。
 私たちは、政府など支配階級が企てる天皇・皇后出席の東日本大震災一周年追悼国家式典の悪辣な目論見を断じて許すことができません。こうしたおためごかしを糾弾し、原発大事故の真相究明、原発犯罪者の被災労働者と住民にたいする謝罪と賠償、原発犯罪人の処断、そしてすべての原発と核施設の即時廃絶を求め闘いを続けます。とりわけ停止中の原発再稼動と原発輸出の阻止に全力を傾け、核・原発推進の悪巧みを粉砕しなければならないと考えます。
 私たちは、天皇と共にする一斉黙祷を断じて拒否します。2時46分に国家追悼式弾劾、原発即時廃棄のシュプレヒコールをこそあげたい、このような3・11反原発闘争をつくりたいと思います。
 集会実行委員会(準)への参加・賛同をよびかけます。ともに闘いましょう。

                         2012年2月3日
                         反戦反天皇制労働者ネットワーク
       -------------------------------------------------------
 3・11集会実行委員会(準)参加申し込み

▼名前  団体/個人(肩書)

▼連絡先

▼公表の可否     可    否


反戦反天皇制労働者ネットワーク
 連絡先 大阪市淀川区十三東3丁目16−12
	TEL&FAX 06−6303−0449
	E-mail  hanten_net at yahoo.co.jp 
	振込み先: 郵便振込  00900−8−168991
	 口座名  反戦反天皇制労働者ネットワーク 
	 


CML メーリングリストの案内