[CML 014796] ●福島原発、恐ろしい実態…鳥の脳が小さくなった!生殖能力も低下。(共同)2012.02.04

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2012年 2月 5日 (日) 22:16:48 JST


nakataです。重複おゆるしください 
メールをいつも送らせていただき、ありがとうございます。
 
(以下拡散転送歓迎)
■------------------------------------------------------------------------------■
  ●3日付の英紙インディペンデントの記事を、共同通信が配信され流れました。
  鹿児島のtwitterメンバーがこの情報をつぶやいて発信してくれました。
  ご紹介させていただきます。
 ■------------------------------------------------------------------------------■


(貼り付け開始)
*********************************************************************************
<twitter>
 
MagaruUsagi まがるうさぎ 
▲福島原発、恐ろしい実態…鳥の脳が小さくなった!生殖能力も低下 - 政治・社会 - ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120204/dms1202041438004-n1.htm


 
MagaruUsagi まがるうさぎ 
▲100ベクレル以下は放射能がない扱い、自然に受けている量と変わらない。自然に受けているなら、それ以上受ける必要は無い!別な方法で被災地支援なら歓迎だと思うが。→知事「見てきたから安心」発言も.対話進まぬ神奈川の被災地がれき受け入れ問題 http://www.cyzo.com/2012/02/post_9764.html


**************************************************************************
●福島原発、恐ろしい実態…鳥の脳が小さくなった!生殖能力も低下

2012.02.04

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120204/dms1202041438004-n1.htm

福島第1原発

 ▲3日付の英紙インディペンデントは、東京電力福島第1原発の事故による環境への影響を調べている日米などの研究チームの調査で、▲同原発周辺で鳥の数が減少し始めていることが分かったと報じた。調査結果は来週、環境問題の専門誌で発表される。

 研究チームは、1986年に事故が起きたウクライナのチェルノブイリ原発と福島第1原発の周辺で、放射性物質放出による生物への影響を比較調査するため、両地域に共通する14種類の鳥について分析。

 ▲福島の方が生息数への影響が大きく、寿命が短くなったり、オスの生殖能力が低下したりしていることが確認されたほか、脳の小さい個体が発見された。このほか、▲DNAの変異の割合が上昇、昆虫の生存期間が大きく減少するなどの影響も見られた。(共同)



********************************************************************************************




CML メーリングリストの案内