[CML 014776] 本性を剥き出した原子力村民の牙!

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2012年 2月 5日 (日) 08:20:44 JST


みなさまへ    (BCCにて)松元

京都の諸留さんから、原子力ムラ112名連名でNHKに「抗議」がなされた件について、警告、啓発の投稿が寄せられましたので紹介いたします。

諸留さんの言われるとおり、日本が辿って来た歴史に照らし合わせて考える必要があります。「安全、安心」と推進してきた彼らが、事故への反省もなく内部被曝への深刻な洞察と危機感もなく、NHKへの抗議をよそおった国民への傲慢な脅しであると、私(松元)も思います。

【ご参考】
●NHK:低線量被ばく 揺らぐ国際基準 追跡!真相ファイル 

http://www.dailymotion.com/video/xnb9h8

●NHKへ寄せられた原子力産業OBからの抗議文
http://wwwsoc.nii.ac.jp/aesj/snw/media_open/document/nhk_kougi120112.pdf

=====以下転送=====

《パレスチナに平和を京都の会》
"Peace for Palestine" in Kyoto Movement(PPKM)
諸留(モロトメ)能興(ヨシオキ)です
**転送/転載/拡散歓迎**
------------------------------------

 昨年暮の12月28日(水)PM22:55から放映されたNHK特集ドキュメント 追跡!真相ファイル「低線量被曝 揺らぐ国際基準」[30分]に対し、原子力村の中核の、原発推進者、軍需産業企業、核武装推進論者から、当番組制作のNHKに対し、激しい抗議文が、寄越されています。

 正直言って、私(諸留)はNHKは嫌いです。大嫌いと言い切れるほど嫌いです。レバノン戦争でも、湾岸戦争やイラク戦争でも、アイヌ先住民族問題でも、沖縄問題でも、パレスチナ問題でも、ユダヤ人問題でも・・いやというほどインチキ報道を、垂れ流し続けてきていますから・・

 しかし、今はそんなこと言っている状況ではない。そのNHKに対してですら、原子力ムラから、激しい攻撃が加えられてきています。「核爆弾無き核戦争」が、いまや公然と、原発推進派=核武装論者=軍需業界から、NHKだけでなく、わたしたち市民に対し、攻撃の牙が向けられてきています!

 以下の抗議文の文末に、ズラリと並んでいるのが、原子力発電所および核兵器製造を画策してきた原子力ムラの村民の面々です。まさに国家総動員体制、国家独占資本主義の、オンパレードです。

 この非難、攻撃は、NHKだけに向けられていると思うのは大きな間違いでしょう。

 「核の恐怖の無い、豊かないのちを大切にした自然社会環境で、平穏に生きたい!」と願う、私たち市民、国民一人一人にもピタリと照準を向けられている恐ろしい「牙」です。

 明治維新(1868年)からアジア太平洋戦争開戦(1941年)までが73年(満州事変までだと63年)。ナガサキ・ヒオシマへの原爆投下の敗戦(1945年)から福島第一原発事故(2011年)までが66年。

 両者とも約70年ほどの歳月を費やして築き上げられてきた、軍国主義の天皇制絶対国家体制であり、核エネルギー依存主義のアメリカ依存国家体制です。

 満州事変やアジア太平洋戦争開戦直前に、戦争反対を唱えることは勿論、創業期の維新の大業が軍国主義をめざしていたと批判することまでも一切がタブーであり、非国民視されたように、それと全く同様に、福島第一原発事故の発生した現在でも、核エネルギー利用反対を唱えることは勿論、敗戦直後の戦後経済復興の大業がアメリカの核戦略支配に絡め取られた原発賛美主義であったと批判することも一切タブーであり、非国民扱いされ兼ねない今の状況・・・

 かって天皇絶対主義国家体制(いや、今もなお天皇体制ですが)下の昭和農村恐慌で、生活に困窮した東北農民が、大挙して満州・朝鮮侵略に走り、とどのつまりは敗戦時に真っ先の犠牲者になりました。

 それと全く同じく、敗戦戦後の大陸から引き上げで開拓入植したフクシマの土地で(福島第一原発のあるあの土地は、かって大陸引き揚げ者が入植した開拓村でした!)アメリカ至上主義制の独占資本主義国家体制の下で、今再び、放射能(=核エネルギー)の犠牲者とされ「根こぎ」され、原子力村民らの「牙」によって喰い殺される東北農民・・・

 恐ろしいほど酷似してませんか?

「国際原子力機関(IAEA)」至上主義は、とりもなおさず、「国際原子力機関(IAEA)」を牛耳っているアメリカ核戦略構想至上主義です。

 明治維新以降、天皇制絶対主義が吹き荒れたように、敗戦直後から66年間、アメリカ至上主義=IAEA絶対主義の烈風が、福島第一原発事故もなお、東北フクシマのみならず、全国津々浦々を、放射能粉塵と共に、激しく吹き荒れ続けています。目には見えないけれど、体と精神を確実に蝕みつつある点まで、両者は酷似していませんか?

 この「牙」は、原子炉内核燃料溶融や、原子炉圧力容器の爆発以上に、恐ろしい「牙」です。その「牙」が、今また着実に蠢動し始めました。私たち、みなさん、一人一人の力量が、今こそ問われています。

 以下の原子力ムラ側の抗議文の中に、みなさんは何カ所の「真っ赤な大嘘」「科学的客観性を擬装させた誤り」「傲慢尊大さ」「民衆蔑視思想」を発見できたでしょうか?

 何ヶ月かけてでも、何年かけてでも、この原子力ムラから、私たち市民に再び向けられてきた、「いのちを脅かす牙」を検証し、しつこく問いただし続けましょう!
 「科学的な擬装を凝らした、露骨な政治的価値観のすり替え」を、徹底的に暴露し、論証し続けましょう!

 以下のNHKへ寄せられてきた抗議文(という牙)は、昨夜、東京の小松梨津子さま経由で、送ってもらいましたので、まだ精読してません。

 ざっと目を通しただけでも、少なくとも4〜5ヶ所は、明らかに間違いや、問題のすり替え、検証無しの独断的価値観の押しつけ、意図的な歴史的認識の欠落・・・のあることを、私(諸留)も、確認しました。

 皆さんも一緒に考え、間違いと欺瞞とすり替えを見つけだし、指摘し、抗議の声を上げましょう!

 「原発や放射能なんて、専門的なことだから専門家に任せておけばいい・・」と、思われる人がいれば、そういう人に私は尋ねます!

 「あなたのように、専門的な事は専門家に任せれば良い・・という考えが、専門馬鹿の横行を許し、その結果が、福島第一原発事故の悲劇を招いたのでは?」

「科学や技術の根底には思想があり、思想の根底には、いのちにたいする畏敬の念がなければならない。いのちを尊ぶことをおろそかにして、科学者の権威の前に膝を屈するあなたは、あなたが盲従し、崇め祀っている、その科学をも冒涜することではないですか?」

「以下の文中の随所に、専門家を自負する原子力村民たちの、思い上がった傲慢さが、はっきり読みとれませんか?」

 ・・・と、このように、その人に、私は尋ねたいです・・

第一次責任者は東京電力であるが、東京電力の原発事業を基底部で支え、賛美し、支援し、支持してきた連中である。その意味で、以下の「原子力ムラ」の連中こそ、福島第一原発事故の責任者である。
 その「原子力村民」がそれほどまで「安全だ」と言い張るのなら、またそれが「科学的に正しい真理である」と言うのなら、「原子力村民」であるあなたがたが、真っ先にレベル放射能汚染の原発敷地内で汚染機械の処理修復に従事すべき。

 それほどまで「安全だ」と言い張るのなら、高濃度に汚染したフクシマ県の避難退去圏内に永住し、福島県産農産物や魚貝類を食すべき。そうすることで、少しでも汚染度の低い食品を幼児・児童・生徒に回す筈では?

 しかし、あなたがた「原子力ムラ人」の圧倒的多数は、決してそんなことはしない。放射能の被害の無い、少ない場所で、のうのうと生活を営んでいるではないか・・あなた方のいう安全論・客観的科学論が欺瞞でしかないことは、あなたがた「原子力ムラ人」の行動が、雄弁に証明しているではないか!


※なお、問題の番組を見逃した方はサイトにアップされている動画をPCで閲覧できます。
また、不幸にして削除された場合は、私(諸留)までお知らせ下されば、CPRS非対応のCD画像でもお届けできます。

**転送/転載/拡散歓迎**
******************
真の文明は
山を荒らさず
海を荒らさず
村を荒らさず
人を殺さざるべし (田中正造)

社会が激動している今この時
歴史に残る最大の悲劇は
「悪しき人々」の過激な言葉や暴力ではなく
「善良な人々」の沈黙と無関心である
我々の世代が後世に恥ずべきは
「暗闇の子」の言動ではなく
「光の子」が抱く恐怖と無関心である (M.L.キング牧師) 


*******************
《パレスチナに平和を京都の会》
"Peace for Palestine" in Kyoto Movement(PPKM)

※当会(PPKM)に連絡希望の方はこのメールの差出人のアドレス宛へ連絡下さい



------------------------------------
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19
TEL/FAX : 011−882−0705
E-Mail : y_matsu29 at ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538 
------------------------------------ 



CML メーリングリストの案内