[CML 014765] 原発再稼動阻止!全交首都圏交流会2.8

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2012年 2月 4日 (土) 12:52:25 JST


前田 朗です。
2月4日

転送です。

**********************************

原発再稼動でボロ儲けを狙うのは誰だ!
 
 
 
 1月10日の日経新聞は、三井住友銀行など主要金融機関が、東京電力に対し
て昨年春の2兆円規模の緊急融資に続き1兆円規模の追加融資を4月にも実施す
る方向で調整に入ることを報道した。
 
  “主要金融機関が追加融資の前提条件としているのは電力の値上げと原発の2
年後の再稼働。東電と賠償機構は2年後をメドに停止中の柏崎刈羽原発を再稼働
させる方針を主要金融機関に示した。2年後に原発を再稼働できるかは政府の判
断に依存するだけに、主要金融機関は再稼働に向けて政府に働きかけを強める方
針だ。”とのこと。
 
 
 
 人の命よりも儲け!儲け!儲け! 3大メガバンクを始めとするグローバル資
本・東電・政府の癒着と本音があけすけに語られています。怒りを結集し、金融
資本に対する闘いを開始しなければなりません。
 
  交流会では、原発の再稼動、輸出、電力値上げを貫く、儲けのシステムにつ
いて分析し、3大メガバンクに対する闘いをどう開始するか討議します。加えて、
ガレキ問題、食品汚染新基準問題についても学習・交流します。
 
  ご参加下さい。
 
 
 ●日時:2月8日(水) 19時―21時
 
 ●場所:中央区八丁堀区民館、7号室
 
 アクセス:東京メトロ日比谷線またはJR京葉線八丁堀駅下車A2番出口 徒歩2分
 
 住  所:東京都中央区八丁堀四丁目13番12号
 
 ●内容内容:
 
  ◇再稼動、電力料金値上げでボロ儲けを目論む3大メガバンク・政府の動向
(報告) 
  
 ◇ガレキ問題、食品の放射能汚染新基準と子どもの命を守る取り組み(交流)
 
 ◇2・11集会、2・25原発政策を裁く民衆法廷、3・11行動など今後の活
動方針 
 
 
 ●参加:自由・誰でも参加出来ます(資料代500円)
 
 ●主催:平和と民主主義をめざす全国交歓会、MDS(民主主義的社会主義運動)
 
 ●連絡先 高瀬:携帯番号(080−1082−9980)
 





CML メーリングリストの案内