[CML 014726] 2 / 8(水)エネシフジャパン第 16 回「 "3.11" 後の「食のリスク」 とどう向き合うか」(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 2月 3日 (金) 02:19:37 JST


                                                    紅林進です。
   
  エネシフジャパン第16回「"3.11"後の「食のリスク」とどう向き合うか」
  のご案内を転載させていただきます。
   
   
  (以下転載)
   
  転送大歓迎!
  HP(http://www.sustena.org/eneshif/)よりお申込ください。
  __________________________________
  

  原発にも、石油石炭天然ガスにも頼らない日本を創ろう。
  

  エネシフジャパン第16回
  「"3.11"後の「食のリスク」とどう向き合うか」
  

  要旨
  福島第一原発事故によってもたらされた、現実にある放射能とどう対峙し、
  命と健康を守るための選択肢をいかに増やせるのか…今回は、食の安全を
  テーマに考えます。
  第一線の専門家が、食品の放射能測定・表示への取り組みを報告し、科学
  技術社会論・リスク論の観点からの提起を行います。
  

  

  講師:
   戎谷 徹也(えびすだに てつや)さん
    (株) 大地を守る会 放射能対策特命担当
  

   (株) 大地を守る会は「自然環境と調和した、生命を大切にする社会の実現」
  を社是とし、独自の食品放射能測定システムを構築しています。昨年11月には、
  生活クラブ生協連合会、パルシステム生協連合会、カタログハウスとともに
  「食品と放射能問題検討共同テーブル」を創設。放射性物質の規制値(基準)
  のあるべき姿を提示する試みが注目を集めています。そうした試みについての
  最新状況を報告します。
  

   神里 達博(かみさと たつひろ)さん
    東京大学大学院工学系研究科 特任准教授
  

   福島の事故によって広範な食品リスクに対する不安が広がっている状況は、
  一般的な意味での「科学的安全性」の観点だけからは解きほぐせない問題を
  含んだ、いわば「トランス・サイエンス」的状況であると言えます。この点につい
  て、科学技術社会論あるいはリスク論などの観点から、若干、掘り下げて考え
  てみます。
  

  

  

  日時:2012年2月8日水曜日 午後5時〜7時
     (午後6時まで入館パスの配布を建物玄関にて行っています。お早めに
  お越しください。)
  場所:衆議院第一議員会館 多目的ホール
  お申し込み:http://sustena.org/eneshif
  

  

  

  ※定員を越えた際には立ち見となることがございますので、ご了承ください。
  

  

  呼びかけ人------------------------------
  相原久美子(民主党)
  石津政雄(民主党)
  大河原雅子(民主党)
  小沢鋭仁(民主党)
  櫛渕万里(民主党)
  首藤信彦(民主党)
  辻  惠(民主党)
  長島昭久(民主党)
  前田武志(民主党)
  松野頼久(民主党)
  村越祐民(民主党)
  山田正彦(民主党)
  若泉征三(民主党)
  太田和美(民主党)
  山崎 誠(民主党)
  長妻 昭(民主党)
  加藤紘一(自民党)
  鴨下一郎(自民党)
  川口順子(自民党)
  河野太郎(自民党)
  高村正彦(自民党)
  西村康稔(自民党)
  茂木敏充(自民党)
  山田俊男(自民党)
  遠藤乙彦(公明党)
  加藤修一(公明党)
  吉井英勝(共産党)
  阿部知子(社民党)
  服部良一(社民党)
  福島みずほ(社民党)
  浅尾慶一郎(みんなの党)
  川田龍平(みんなの党)
  水野賢一(みんなの党)
  亀井静香(国民新党)
  下地幹郎(国民新党)
  園田博之(たちあがれ日本)
  田中康夫(新党日本)
  荒井広幸(新党改革)
  小島敏郎(青山学院大学)
  飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)
  信藤三雄(アートディレクター)
  澤井正子(原子力資料情報室)
  越智隆夫(前衆議院議員)
  高橋 公(ふるさと回帰支援センター)
  藤田和芳(大地を守る会会長)
  加藤好一(生活クラブ連合会会長)
  若森資朗(パルシステム連合会)
  高見裕一(グリーンマーケティング協会代表)
  飯田祥久(OMソーラー社長)
  中野民夫(ワークショップ企画プロデューサー)
  山崎 亮(studio-L)
  マエキタミヤコ(サステナ代表)
  Candle JUNE(LOVE FOR NIPPON)
  伊勢崎賢治(東京外国語大学)
  松永泰行(東京外国語大学)
  竹内昌義(東北芸術工科大学)
  池田秀紀(弊めおと)
  池田菜衣子(弊めおと)
  鈴木かずえ
  枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長)
  鎌仲ひとみ(映画監督)
  田中 優(未来バンク理事)
  坂本龍一(音楽家)
  足立直樹(サステナビリティプランナー)
  満田夏花(FoE Japan)
  池田 徹(生活クラブ風の村理事長)
  南兵衛@鈴木幸一(アースガーデン代表)
  佐藤潤一(グリーンピース・ジャパン事務局長)
  谷崎テトラ(構成作家)
  丹羽順子(J-WAVEナビゲーター)
  後藤素彦(日本青年会議所顧問)
  青木陽子(編集者)
  羽仁カンタ(参加型社会創造NPO・FLAT SPACE代表)
  シキタ純(アースデイ東京理事)
  末吉里花(フリーアナウンサー)
  大和田順子(LBA共同代表)
  辻 信一(明治学院大学)
  宮台真司(社会学者)
  中沢新一(社会学者)
  孫 正義(ソフトバンク社長)
  杉浦正吾(杉浦環境プロジェクト)
  鈴木敦子(環境ビジネスエージェンシー)
  保坂展人(世田谷区長)
  安在尚人(ジャーナリスト)
  斉藤純夫(風車ファン)
  古南幸弘(ナチュラリスト)
  郡山昌也(IFOAM理事)
  大野たくお(緑の社会フォーラム)
  水野誠一(Think the Earthプロジェクト理事長)
  上田壮一(Think the Earthプロジェクト)
  中村 真(ecocolo発行人)
  山田海人(海洋科学ライター)
  斉藤貴男(ジャーナリスト)
  いとうせいこう(作家)
  大野ケイスケ(放送作家)
  川廷昌弘(CEPAジャパン)
  善養寺幸子(エコエナジーラボ)
  崎田裕子(環境ビジネスウィメン代表理事)
  鈴木菜央(greenz.jp発行人)
  田口 歩(コレクティブハウスかんかん森)
  黒田哲二(森ビル)
  渡辺サブロオ(ヘアメイクアップアーティスト)
  いしだともこ(アーティスト)
  筑紫みずえ(グッドバンカー代表)
  上原公子(元国立市長)
  渡邉智恵子(アバンティ社長)
  孫 泰蔵(モビーダジャパン代表)
  北山晴一(立教大学名誉教授)
  SUGIZO(ミュージシャン)
  重信メイ(ジャーナリスト)
  次原悦子(サニーサイドアップ社長)
  濱川一郎(国家ビジョン研究会)
  東野翠れん(写真家)
  加藤登紀子(歌手)
  見城美枝子(青森大学教授)
  森本千絵(コミュニケーションディレクター)
  宮島達男(東北芸術工科大学副学長)
  大森正之(明治大学教授)
  粂川麻里生(慶応大学教授)
  西村孝実(彩生舎社長)
  河口真理子(社会的責任投資フォーラム共同代表)
  岡本京子(23区南生活クラブ)
  ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
  後藤政志(元原子炉格納容器設計者)
  松田美由紀(女優)
  岩井俊二(映画監督)
  小山薫堂(放送作家)
  茂木健一郎(脳科学者)
  

  事務局------------------------------
  

  村越祐民事務所
  衆議院第二議員会館1213号室
  

  山田俊男事務所
  参議院議員会館809号室
  

  加藤修一事務所
  参議院議員会館1207
  

  阿部知子事務所
  衆議院第一議員会館424号室
  

  浅尾慶一郎事務所
  衆議院第二議員会館614号室
  

  サステナ
  東京都渋谷区富ヶ谷1-46-7
  プレミアブラン代々木公園706
  03-5465-1704
  

  -------
  2012年2月2日現在
  
  -- 
エネルギーシフト勉強会「エネシフジャパン」 
このメールはエネシフジャパンの案内を希望された方、または過去にエネシフ
  へ参加しメールアドレス を提出された方へ送信しています。 配信専用ですので、
  メッセージを投稿することはできません。 
 
お問い合わせ 
info at sustena.org 
 
お申し込み 
http://sustena.org/eneshif/







 


CML メーリングリストの案内