[CML 014699] 【報告】第289日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 2月 1日 (水) 23:13:42 JST


青柳行信です。2月1日。

  フクシマ〜フクオカ、核なき未来へ
  さよなら原発! 3・11 福岡集会
3月11日(日)13:30集会開始 14:30デモ出発
集会場所: 須崎公園  福岡市中央区天神5丁目8
   地図: http://tinyurl.com/6od2twa
主 催: さよなら原発! 3.11 福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう!九電本店前ひろば
    090-1324-8588(ひろば)080-6420-6211(青柳)
     福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
 地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第286日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから1月31在総数2017名
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。  
      匿名4名
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳 様
お疲れさまでした。
実行委員会は たくさんの意見が出ました。
いい流れだったと思います。

テント村で 見せていただいた玄海の資料
貴重な資料ですね。

さよなら原発 3・11 準備会  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1698
玄海原発 資料          http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1697
九電 今後も パーティ券 買う http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1696

   今日は 盛り沢山の お知らせです。

ひろば 上條 さんから:
<テント報告>
久留米のO親子が来訪。お菓子を差し入れ。
11月13日の一万人集会に参加したという男性が署名。
3・11の集会の案内をしておきました。
千葉から福岡に避難されたという女性が署名。

先日ある方が持ってきた過去の九電資料を見ました。
それには玄海原発3・4号機の図面や当時の建設中の
写真が載っていてとても貴重なものだと思いました。

今日は来訪者が少なかったです。

18時半から福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)で
「さよなら原発! 3・11 福岡集会」実行委員会結成集会を
開催。延べ65名の参加でした。

徳永由華・弁護士法人奔流 (原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団) さんから:
青柳さま
「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告第1陣が提訴しましたので,報告します。
1月30日は,提訴前夜集会(@佐賀めーとプラザ)へのご参加ありがとうございました。
内容は,原告団長・佐賀大元学長の長谷川照先生の選出,弁護団から訴訟の説明だけでなく,被災者・宇野さんのお話や野中牧師の弾き語り,スライドや歌等盛り沢山でしたね。
おかげさまで,約320名もの参加があり,にぎやかでとても楽しい集会となりました。
その後の懇親会も,熱く楽しく,弁護団も原告や支援者の方々からたくさんのパワーをいただきました。

1月31日,佐賀地方裁判所へ原告(第1陣)1704名分の訴状を提出してきました。
裁判所が狭いため,原告全員で…とはいきませんでしたが,約100名の原告の方々と弁護団で佐賀弁護士会館から裁判所まで行進し,訴状は,無事受理されました。
提訴行動,提訴報告会や記者会見に至るまで,マスコミの関心も高く,かなりのカメラの数でした。
★「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)
ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
  原告(第2陣)を募集しています。(九州以外の方もO.k)
原告第2陣の提訴は,3・11が日曜なので,翌日の3・12の予定です。
さらに,第3陣,4陣…と追加提訴をする予定です。
原発いらない!原発なくそう!という世論を裁判所へ知らしめるために,これからもたくさんの方々に原告になっていただきたいです。
3・11集会も楽しみです。これからもよろしくお願いします。

諸留(モロトメ)能興(ヨシオキ)《パレスチナに平和を京都の会》さんから:
  肥田舜太郎医師のアッピール
 さる2012[H24]年1月27日、自由報道協会および日本記者クラブにおいて、呼びかけ人:肥田舜太郎、大石又七、矢ヶ崎克馬、松井英介、沢田昭二、高橋博子、岩田渉の諸氏(順不
同)による、「市民と科学者の内部被曝問題研究会」の設立記者会見が行われました。

 ここで発表された「日本政府への提言」がホームページに公開されました。
非常に大切な、的を得た指摘です。是非お読み下さい。この提言についてのコメントは 
次回にします。

記者会見のリンク先とあわせてお知らせいたします。
 「市民と科学者の内部被曝問題研究会」の「日本政府への提言」及び
同会への会員入会ご希望の方は以下の
■内部被曝研のホームページ
http://www.acsir.org/
から閲覧と申し込みができます。

「市民と科学者の内部被曝問題研究会」の設立記者会見の様子は
以下のURLで閲覧できます。
■自由報道協会記者会見
http://www.ustream.tv/recorded/20030116
■肥田舜太郎医師の会見(自由報道協会記者会見より)
http://www.youtube.com/watch?v=E3hbk39TjHM&feature=player_embedded#t=11s
■日本記者クラブ記者会見(重要な見解が整理されて述べられています。)
http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2012/01/r00023779/

 なかでも、日本記者クラブでの「市民と科学者の内部被曝問題研究会」の設立記者会見の席上での、呼びかけ人の一人の肥田舜太郎医師の発言は、大変重要な指摘があります。
また、非常に深い感銘を受ける力強い内容です。
 東電、政府、自治体、科学者、医者、司法界、マスコミなどの言う
「放射能安全基準値」が、如何に非科学的なものでしかなく、
低線量被曝を意図的に考慮しない政治的な、
「放射能被曝我慢強制値」でしかないかを、
低線量被曝量の危険性を肥田舜太郎医師も、切々と訴えておられます。
以下、その全文を掲載します。

----以下、肥田舜太郎医師の呼びかけ発言-----
※以下の文中の[◆註]は諸留が適宜付しました。
※この肥田舜太郎医師の会見の映像は上記URLからも視聴できますが
パソコンを使ってのDVDでの視聴もできます。
DVDご希望の方は諸留までご連絡下さい。

------以下、肥田舜太郎医師のアッピール----

 私は1917年生まれです。28歳の時に、広島陸軍病院で軍医として勤務していました。原爆が投下された8月6日の前夜はたまたま病院に泊まっていたのですが、深夜の午前2時半頃
に、かって一度だけ診察したことのある農家の子どもが、心臓弁膜症で発作を起こしたので診察に来て欲しい、ということだったので、緊急往診に連れ出されました。

 当時、将校は勤務の無い夜間とか、命令などの何も無い時は自由ですから、診療活動は出来ます。ただ、報酬は貰ってはいけないということだったんですね。そういうことで、原
爆の落ちた朝、6キロ離れた戸坂(へさか)村[◆註:1]へ行っていて、病院を離れていたために助かりました。

[◆註:1]
爆心地から東北方向へ約6キロにあった広島県安芸郡の村。1955(昭和30)年4月10日に広島市に編入合併し消滅。[註:オワリ]

 病院は爆心地から350メートルという至近距離にあったため、瞬間的に病院は無くなりました。病院の中にいた597名は3名を残して即死したようです。私が戸坂村で被曝した時の様
子などをお話ししていると時間も無くなりますので割愛します。

 私がこの戸坂村にいて、午後になってから広島から逃げてきた大量の被爆者が、その小さな戸坂村にどんどんどんどん入り込んだんですね。でも、被爆者たちが村に入ってきても
村の内もやはり爆風でほとんど壊されていて、入れるような家もない。沢山収容できる小学校も、二棟あった校舎も全壊してどこにも収容できる所がない。結局、広島から逃げて来
た人たちは前身火傷の、皮膚がズルズルに焼けただれた大変な重症者たちは、結局、道路と、学校のグランドと、それから村の空き地ですね、そういう地べたに皆、寝転がったんで
すよね。
 で、そういうような重傷の被爆者たちを私たちがどうしても治療しなくちゃならなくなったんですよね。その日の夕方、たまたま偶然、4人の軍医が集まりました。その夜の戸坂村
の記録によると、6000人の患者が村に入ったんですよね。しかし、治療する道具は何にも無い、薬も何にも無いという状態で、見る見る皆が死んでいくという状態に我々医者は立た
されました。

 その日3日間、結局、薬も無し何にも無しという状態で、我々はただ手をこまねいて死んでいくのを見るだけ、と言われても仕方がないような状態でした。

 4日目の朝、「それまで死んだ人は全部火傷で死んだのだ」と、我々は常識的にそう思っていました。ところが、4日目の朝から、火傷でない状態で死ぬ人が現れ始めました。その
日は朝から、村の記録によると2万7000名という被爆者が村に入ったのですね。診療するほうは、前の晩に九州と四国から軍の命令で応援が来ました。医者の数は確か27名になったと
思うんですが、何しろ治療しなければならない相手が、2万7000名という膨大な患者数ですから、どうしようもないんですよね。

 でも、どういう症状が出始めたかっていうと、まず、40度の熱が出る。40度という高熱は内科の医者でも、あんまり診たことが無いほどの高熱なんですね。マラリヤで死ぬ時と、
肺炎の末期と、チフスの時に出るだけなんですよ。それで「何でこんな高熱が出るんだ?」って思って被爆者を診ると、まず目と鼻と口から血が出ます。目から出る血というのは、
医者でも見たことが無いんですよね。鼻や口から出血するのはそれまでにも何度か見たことがありますが。

 でも、目の、ここの、アカンベーをした時の、ここから血が出る、というような患者は医者でも見たことがないんですよね。そのうちに、熱が有りますから、当然扁桃腺を診るん
ですよね。扁桃腺が腫れれば高い熱が出ますからね。そう思って、非常に苦労して被爆者の口の中を診ますと、医者が自分の顔を被爆者の口に近づけて持って行けないほど、もの凄
く臭いんですよね。これは、単に口臭があるというような匂いなんかではなくって、腐敗している匂いなんですね。人間がまだ生きているのに、何で口の中が腐っていくのかが解ら
ない。
 そのうちに、火傷をしていない綺麗な肌はまだ残っているんですよね。その綺麗な肌に紫色の斑点が出るんですね。丁度、鉛筆のお尻に紫色のインクを付けて、こうやってポンポ
ンポン・・っていうように皮膚に押し当てると紫色の痣のような色が付きますよね、丁度そういうように紫色の斑点が出てくるのですね。でも、それも何故なのかが解らないんです
ね。
 最後に、これも不思議なんですけれど、筵の上に寝ている患者がですね、あと大体数時間しか生きていないっていうようなそういう人間が、何気なく自分の頭をこうやって、頭髪
を後の方に手で撫で上げるんですよね。するとそうやって触った自分の手のひらに毛がすうーって、こう取れるんですよね。あの・・・脱毛、脱毛って・・よく被爆者の事が書かれ
ていますよね。

 でも、脱毛っていうのとは違うんですよね。触ると取れるんですよね。これは僕らしか見たことが無いんですよね。その後、世界中のどこを見ても、こんな現象は有りません。あ
の時だけだったんですよね。で、それは後で解ったんですよね。だいぶ10年ぐらい経って、20年くらい経ってから、なぜそういうことが起こるのかっていうことが、アメリカから伝
わってきました。
 それは毛の根本っていうのは毛根細胞っていいますよね。こうやって手で髪の毛をプツンと抜くと、手で触ると毛の付け根に肉が付いていますよね。この肉が毛根細胞って言うん
ですよね。これが頭の頭皮の肌にくっついているんですね。この毛根細胞というのは人間の体の中にある細胞のうちでも一番勢いの良い、生命力のある、どんどん伸びる、分裂する
細胞なんですよね。こういう細胞分裂が活発な細胞が、一番先に放射線にやられるらしいんですよね。

 で、爆発した原爆の相当強烈な放射線がまず頭上を照射する。で、その放射線で毛根細胞が全部即死したんですね。結局、頭皮の地肌から離れた毛が毛穴につっ立っていた。そん
なこと知らないから患者はこうやって手で頭を撫でると、すーっと毛が取れちゃう。これがあの時の脱毛なんですね。

 で、そう言う見たことの無い症状が出ると、大体1時間から2時間ぐらいで全部死んでいくんですね。で、30名、50名の被爆者が、こう地べたに寝てるんですけど、そういう所で
誰か一人が死ぬと僕らが呼ばれて行って、その死んだ人の所に行くんですね。するとその死んだ人の周りで寝てる患者が、そういう丁度毛が抜けて、また死んで行くところにぶつか
るんですよね。

 だから僕らの経験でいくと、あのピカドンに遭った人は、こういう症状で死ぬんだなぁ・・っていうことが、理屈じゃなくですね、数多くそういうことを目撃した経験から教えら
れたんですよね。これが、後から付けられた「急性放射能症」。つまり原爆の放射線でやられた最初の急性症状で、2万7000人の人が、どんどんどんどん死んだんですね。

 その次に僕らがビックリしたのは、本人が「軍医殿、わしゃぁ、ピカには遭っておりまへんで・・!」って言うのがいるんですよ。「どうした?」って聞くと、「その日は広島に
はいなかった!」って言うんですよね。「原爆投下された8月6の日二日後に自分は広島に帰って、自分の子どもが帰って来ないのがいるから、焼け跡を探して歩いた」って言うんで
すよね。「大体二日くらい歩いたら、どうも体の調子がおかしくなって、それで診てもらおうとおもってここへ来たんだ」って言うんですよね。

 僕らの持っている医学の知識でいくら診てもですね、具合が悪いってところが見つけられないんですよね。当時の事だから、難しい検査なんてものは出来ません。でも常識的にこ
れはおかしいと・・。で、そう言っているうちに、変な症状が出て死んでいっちゃうんですよね。この人は一体何で死んだのか?っと・・・。ピカにも遭っていないと。こりゃ何
だ?・・って言うのが自分の放射線病との出会った最初ですわ。

 それから、今言う、いわゆる「内部被曝」。当日広島市内にはいなかったのに、1週間・・そうですねぇ・・法律の上では数日以内に広島市内に入ったというのが被爆者と認めら
れているんですが、この連中の中から僕らの診ていない病気がうんと出てきたんですね。

 つまり、今現在は、内部被曝という言葉があるけれど、当時は僕らは「入市被曝」って呼んでいました。本人は原爆が炸裂した当日には広島にはいなくて、後から町へ入ちゃっ
て、こうなった・・と。で、その原因が、全然僕には解らなかったです。

 その後、30年、そういう患者をずーっと診続けて、1975年にアメリカに私行きました。第一回の原水爆実験禁止の国民代表団として国連に要請に行ったんです。その代表の中に入
れてもらって国連へ行った時に、アメリカの医者で、たった一人、内部被曝の患者ばかりを診て、ちゃんと理論を作って、アメリカ政府に対決している博士がいたんですよね。ピッ
ツバーグ大学のアーネストス・スタングラス[◆註:2]という医者です。まだ生きています。僕より2つほど歳下ですけど。

[◆註:2]Earnest J.Sternglass
 1923年ドイツのベルリン生まれ。アメリカのピッツバーグ大学医学部放射線科名誉教授。専門は放射線物理。スタングラス博士の「低レベル放射線の人体影響」に対する研究は、
広島原爆による放射線影響を過小評価した論文がきっかけとなった。博士はアメリカにおける核実験からの死の灰により、幼児の過剰死が起こっていることをいち早く発表した。そ
の後、原子炉周辺でも同様に過剰死や健康障害が起こっていることを発見した。
 これらの綿密な分析に基づいた名著『Secret Fallout』(邦題『赤ん坊をおそう放射能』)を著した。アメリカの著名な統計学者ジェイ.M.グールドと非営利団体「放射線と公衆衛
生プロジェクト(RPHP)」も設立。更に研究を通じ、一見健康な人の間でも、学力低下や、免疫力低下、感染症へのかかりやすさ等、社会全体としての質の劣化が生じているという理
論を展開している。[註:オワリ]

 このスタングラスが僕に会った時にですね、僕が「広島から来た」って言ったら、「お前は何でアメリカに来たのか?」って彼が言うから、「原爆に遭わなかった人間が解らない
症状で死んで行くので、これを教えてもらいたいから来たのだ・・」って私が言うと、「あぁ、お前の見たそれは、放射線が体の中に入った時に起こる病気だ。アメリカにもおなじ
ような患者がいっぱいいる」って、そう言うんですよね。「それは核実験で被曝したアメリカ軍の兵隊が皆、全国的に発症して出ている。俺がそのことで本を書いたから、その本を
お前にやる」、って言うんで、その時に私は初めて低線量被曝量内部被曝の理屈を、そのアーネストス・タングラスという先生から教わったんですね。

 それで日本に帰ってきて、その本を日本語に翻訳して、お金がありませんし、本屋はそんな本なんか出版してくれるようなところなんかも無かったのですが、時事新報社っていう
ところが、その本のことを気に入ってくれて、本として出版してくれました。でも、この本が、日本で出た低線量放射線の内部被曝の初めての本[◆註:3]ですけれど、ほとんど誰も
読んでないと思います。
[◆註:3]『死に過ぎた赤ん坊---低レベル放射線の恐怖』(Low Level Radiation,肥田舜太郎訳,1978年,時事通信社)。この増補版に『赤ん坊をおそう放射能---ヒロシマからスリーマ
イルまで』(Secret Fallout:Low-Lexel Radiation 
from Hiroshima to Three Mile Island,反原発科学者連合訳,1982年,新泉社),『Before 
 the Big Ban』(Four walls Eight Windows,New York,1997)の著もある。

 ラルフ・グロイブとアーネスト・スターングラスの著『人間と環境への低レベル放射能の脅威―福島原発放射能汚染を考えるために―』肥田舜太郎・竹野内真理共訳[あけび書
房/2011年6月25日初版]は、
3.11福島原発事故原因の評価から、被爆国日本にある原発の矛盾、今後の賠償問題、モニタリングポストやホールボディーカウンタの限界、内部被曝と外部被曝の違い、「安全基準
値」批判、「ペトカウ効果」とは何かなど・・・低線量被曝をめぐる重要な指摘など綿密な調査研究書。[註:オワリ]

 まぁ、そんな事が縁で、私は放射線医学をやってきたんですが。私が一番言いたい問題は、ヒロシマ・ナガサキを経験した日本が、なんで53基もの原発を日本に作ったのか?とい
うことです。これは外国の人の疑問なんですよ。「何でそんな事をしたのか・・?」って。

 原因はひとつなんですよ。1945[H20]年の9月1日にダグラス・マッカーサーが厚木飛行場に着きました。で、最初に対日占領方針を発表したんですよね。彼、マッカーサーがずるい
ことに、文書では出さずに、全部口頭でその占領方針を言ったんですよね。で、日本政府の要人が通訳者と速記者も連れて、マッカーサーが口頭で言った事を全部筆記して、そして
当時の厚生大臣が広島にいる僕らのような医者たちのところに通知してきた。

 その中味のうちで関係の無い事は僕は知りませんけど、「原爆によって広島・長崎の市民、兵隊が沢山被曝した。中には死んだ者も沢山おる。それから現在、怪我をし病気をし入
院して寝ている者もおる。しかし、彼らが今被っている被害は、アメリカの軍の軍事機密である。これについては本人は勿論、それを見た者も、聞いた者も、絶対に口外してはなら
ん。これに逆らう者は厳罰に処す」と・・。

 それから「日本の医師、医学者は当然こういう被曝した人間から診療を求められる。その場合は医者としての義務として診療はしても宜しい。ただ、その結果を詳細に書いて複数
の医師同士で研究をしたり、論文で学会に出したり、日本の医学界が放射線の被害について研究、調査することは一切いけない。これに違反した者は厳罰に処す・・・」と。

 これがマッカーサーのやった事なんです。で、その指令が出たもんで、被爆者は全部、黙りました。それに逆らった時のアメリカ占領軍や日本政府からの処罰が、おっかないです
からね。それと、まず真っ先に、広島大学と長崎大学が黙ってしまったんですね。あとは、開業医の層がね、患者が来て「先生、実は私は広島で被曝しましてね・・」ってこう言い
かけるとですね、それを聞いた開業医の方から「あぁ・・その話は言わんで下さい!私が聞いた事が解ると、私がGHQ[Genelal Head of Quaters 連合国軍総司令部の略号]から睨
ま 
れますから・・」っていう、そういう形で、被爆者は医師からも相手にされなくなったんです。

 中には良心的に診た医者もいるけれども、当時の医学は放射線の診断は全く出来なかったんですね。どこが、どう悪いのか、当時の医学的知識も情報も何んにも無いんですね。で
すから、私は外人が良く質問するように「何故日本が、原爆の被害というあの経験をしながら、政府も専門家の、なぜ原子炉をそんなにたくさん作ったのか?」という疑問に多逸し
ての答えは、今述べたことしか無いんですよね。

 それがそのまんま、アメリカの対日占領政策が終わってアメリカが日本から帰った後も、日本が独立しても、日米安保条約を結ばされて、アメリカの核兵器に不利になることは一
切やってはいけないという、内規みたいなもので日本は縛られてきている。だから、福島でああいうことが起こっても、あの放射線被害について本当に心配している人間は、今のこ
の日本にもいないんですよ。

 「安全だ!安全だ!」っていうことは皆、言います。どうしたら良いか、ってことは、本人が出来もしないような「遠くへ逃げろ!」と。「食べる物は放射能で汚染してない物を
食べろ!」と、みんなこの二つを言う。現地の人で、それが出来る人は、福島県の人口の一割もいませんよ。もし福島県のすべての県民皆が移ったら、行く所なんか日本にはありま
せんよ。そういう狭い国の中へ、あれだけの原発を作るっていう大間違いを、日本の国民が選んでやってきちゃったんですよ。

 それは、放射線の被害をなんにも教えられていない。ヒロシマ・ナガサキ、って言うと、「あぁ、あのケロイドが出来て、すごい火傷をしたあれね!」って・・いう具合に、目に
見える被害しか知らない。放射線の被害については誰も知らないんですよね。

 だから私は、これから日本国民はもう一度勉強し直して、放射線被害というものが、下手をすると人類が滅んでしまい兼ねない、恐ろしい敵である。治療の方法も無ければ、防護
の方法も無い、そういう恐ろしい敵であるということを、もっともっと皆で勉強して、これを機会に放射線というもにに対して縁を切る、そういう国にならなけれればいけないっ
て、私はそう思っています。

 今、私はは、方々から頼まれて講演に行きます。何を頼まれるか?って言うと、「どうしたらいいか教えろ!」って聞かれるんですね。そんなこと僕に解る訳でない。「でも先生
は被爆者もたくさん診てきたから、何かきっと良い智慧があるに違いないから教えて欲しい」って、よくそういう質問をされるんですね。

 ひとつ、あります。それは、私は日本被団協に縁を持つようになって、組織の中のたった一人の医者なんですkら、被爆者に病気を発病させないで、最後までガンにならないで、
放射線に勝って長生きする方法、これを皆で勉強しよう・・・って、そういう思いで30数年間、ずっとやって来ました。で、その結果、皆で到達した結論って言うのは、要するに自
分が最高の健康の状態を保ちながら、放射線による病気の発病を予防するということ、病気を起こさないで長生きする、って言うこと以外に手は無いんですね。

 お医者さんに行っても放射能による病気に効く薬は何にもないんですよね。困難でも、それをやろうじゃないか、ってことですよね。それは何をやったらいいだろうか?私はいろ
いろ考えてですね、4億年前に、この地球の上に人間が生まれたんだそうですけど。その頃の生まれたばかりの人間は、自然界にある放射線と紫外線で、どんどん殺されていったとい
う。
 しかしその放射線と紫外線殺で、されても殺されても、人間はそれでも生まれてきてですね、それと対決して、免疫を作って対決して、こうやって現在までいのちを繋いで続いて
きた。それには何千万年という時間がかかっている。そんなに長い時間の間、人間は太陽と一緒に起き、太陽と一緒に寝た。生き残るにはこれしか他に手が無かった。明かりも無け
れば、熱も無い、エネルギー何にも持たず、それで生き延びてきたんですね。だからその時の状態、太陽と一緒に起き、太陽と一緒に寝るという、その生活が基本になって人間の免
疫を作っている。
 だから我々の持っているこの僅かな貴重な免疫を磨り減らさない為には、今述べたようなその生活に努めて近い生活をすることが、大事だろうと・・言うことで、朝寝、夜更かし
は止める。朝起き、早寝で生活する。健康に悪いと言われることは一切やらない。タバコはやめる。食べ過ぎもやめる。食事の際には30回噛め、って言うなら30回噛みましょ
う。・・っていうようなことを何十万人という被爆者たちが一生懸命に実行して、やってきたんですよ。

 だから、今21万人と言う被爆者が、歳をとってはいるけれでも生き延びています。これは自然に生きたのではなくって、被爆者が努力して、放射線と闘って長生きしてきたんです
よね。今、こうやって講演しながら、これを私は教えて歩いているんですよね。そんな事でも頼りにしてくれます。私しか、そんな話をする人は他にはいないんですよね。だから、
もっともっと被爆者が生きてきて、闘ってきた歴史、それをもっと皆で勉強して下さい。彼らは放射線と闘った先輩なんですよね。

 自分で自分のいのちを守ってきたんですよね。だから、医学が進歩して治療法が解るまでは、当面は、先輩の言うことを勉強しながら、日本は、政府は政府なりに国民の健康を
守って、これ以上、放射線の被害を増やさない、というこの事に努めるべきです。そう思って私は95歳になっても、今、全国を歩いて、ほとんどど連日、講演をして歩いてます。こ
れは私しか出来ないから私がやるしか仕方がないんです。明日死んでも、明後日死んでも、やっぱりやるべきだと思ってやっています。

 でも、たった一人の人間がやることには、限度がありますよ。なんぼやったって、とても一億の人間に、ものを解らせる訳にはいかないんですよね。だから頼りになるのは皆さん
なんですよ。マスコミが本当の放射線被害というものを、本当に掴んで頂いて、政治的な立場なんかじゃなくって、人間のいのちを守る立場から、これを国民に広げて頂きたい。本
当にそう思っています。
終わります。(拍手)
**転送/転載/拡散歓迎**
******************
真の文明は
山を荒らさず
海を荒らさず
村を荒らさず
人を殺さざるべし (田中正造)

社会が激動している今この時
歴史に残る最大の悲劇は
「悪しき人々」の過激な言葉や暴力ではなく
「善良な人々」の沈黙と無関心である
我々の世代が後世に恥ずべきは
「暗闇の子」の言動ではなく
「光の子」が抱く恐怖と無関心である (M.L.キング牧師)

松元 さんから:
みなさまへ
小出先生の「たね蒔きジャーナル」1月30日分の転送です。同日、関西テレビで報道された「核のゴミの特集」についても紹介されていますので、あわせてお届けいたします。
環境省の除染の行程表について、小出先生、セシウム半減期から物理的に半分近くになるので、「それは可能だ」が、「年20ミリシーベルトは到底人が住めるところではない」、「1
ミリには到底できない。何百年もかかるでしょう。故郷は失われるのです」と語っています。
また、「だれも責任をとらないようにやってきたことが、今回の事故を招いた。」といいます。
●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。 
http://hiroakikoide.wordpress.com/

=====小出先生、30日のお話=====
 永岡です、毎日放送のたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。
 原発のニュース、福島で水漏れ、東電によると、6時20分に配管つなぎ目で30リットル水漏れで、水には放射能があり、冷え込みで凍結、水漏れが相次いでいるのです。
 福島から転出した数は転入を3万人以上上回る転出超過で、43年ぶり、岩手、宮城も足すと4万人以上転出、西日本への転出で、関西では転入超過なのです。東京圏は転入超過なも
のの、一昨年より減っています。

 そして、小出先生のお話、除染の指針があり、50ミリシーベルト/年以下を20ミリ以下にすると言うのですが、可能かについて、「可能である」、今の汚染はセシウムで、外部で
はセシウム134が7割、半減期が2年で、6割くらいには物理的には減り、除染で半分にすることはできる。しかし、年間20ミリは特殊な放射線業務従事者の数値で、そこまで下げても
住んで、子供たちを住まわせてはいけないのです。本来は1ミリ/年であり、「実現させてもダメなのに、どうして国が駄目と言わないのか」なのです。それに見合った工程表になっ
ており、人が暮らしてOKではないのです。1ミリに減らすのは到底できない(何百年かかる)のです。

 平野さん、国は戻すのではなく、別のところで住んでもらうべきと言い、小出先生も平野さんの言う通りと言い、「地域は家族」、集落であり、家族単位ではなく、集落単位で移
住させないといけないのです。そうしても大変だが、なのです。

 20ミリ以下なら住めると役所が言い、細野氏、原発担当で環境担当と矛盾しているのです。内閣参与の小佐古氏、被曝は怖くないと喧嘩してきたのに、年間20ミリのところに人を
住まわせると国が言って参与を辞任し、20ミリシーベルトを子供に許す政治家がいるなら、その人がそこに住むべきなのです。

 工程表が出来たらそれで終わり、しかし、飯館村は信用できないと独自の除染をしており、科学的には飯館村の方が正しいが、飯館村が1ミリ/年以下にはならないのです。

 多くの人の人生が変わるのです。

 政府の会議、議事録がなく、原子力災害関係、5月に議事録がないのが分かり、枝野氏、全面公開と言っていたのに作っていなかった、小出先生失笑され、録音をしていないわけは
ない、議事録は作ろうと思えばできるのに、議事録を作りたくない思惑がある。去年10月、小出先生は原子力学会の会長に呼ばれて、原因究明のために小出先生のお話を聞きたいと
言うことで、チャタムハウスルール(証言する個人の名前を伏せて、不利益にならないようにすること)で聞きたいと言ったので、それだからダメ、個人が自分の責任をかけて発言
しないとダメなのだと言い、誰も責任を取らない原子力、それが一切の根源であり、録音はあり、今からでも議事録は作るべきなのです。

 今日も、小出先生のお話をお伝えいたしました。

=====行き場のない核のゴミ=====
 永岡です、関西テレビのニュースアンカーで、核のゴミの特集がありました。
 日本では98年に東海村の原子炉の廃炉作業を始めたものの、全く進まず、完了するのは2020年以降と言われています。
 そして、ドイツ、福島事故以降、脱原発を始めたのですが、核のゴミの処分は全く決まっていません。
 原子炉1基を廃炉にするのは500億円以上かかり(当初の見積もりの25%増し)、ドイツ全体の廃炉に1.1兆円かかる模様なのです。

 そのドイツのゴアレーベン、核廃棄物の処分地として、候補に挙げられていますが、核廃棄物は10万年経たないと安全になりません(永岡注:小出先生のお話では100万年です)。
このゴアレーベン、他に産業もないのに、豪華な温泉施設、公共施設があり、もう、お分かりの通り、日本と同じで、核廃棄物の一時貯蔵による補助金で、ゴアレーベンの収入140万
ユーロのうち実に80万ユーロが補助金です。補助金漬けで、自立できなくなったと、ゴアレーベンの農家は語りました。

 そして、このゴアレーベン、岩塩層であり、3億年前に出来たため、候補なのですが、10万年安全かは、全く不明です。
 この岩塩層に取材陣も入りましたが、万一のためにガスマスク&酸素ボンベを持っての取材なのです。
 日本から、山本太郎さん、福島の人が来て脱原発を訴えました。山本さん、原発を止めても核のゴミは残る、このままだと日本は核のゴミの置き場にされてしまうと訴え、また福
島の人は、ドイツが脱原発を決定し、日本はやっていないことに泣いておられました。
 脱原発を決めたドイツですら、この困難なのです。日本ではどうなのでしょうか?
 気の遠くなる時間がかかるのです。
関西テレビ、なかなかいいものを報道してくれました。これを、お伝えいたしました。
●○●○○○●○●○●○

★《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
              青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内