[CML 021692] ■中道左派=リベラル退潮の理由・溝埋められぬ旧左翼と市民運動

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2012年 12月 20日 (木) 10:44:24 JST


M.nakata です。重複おゆるしください。
メールをいつも送らせていただきありがとうございます。
 (以下転送拡散歓迎)
◆--------------------------------------------------------------------------------◆
  ダイヤモンド・オンライン配信記事から【第25回】 2012年12月20日 
 ■中道左派=リベラル退潮の理由
  溝埋められぬ旧左翼と市民運動 、、、、山田厚史
  (ジャーナリスト 元朝日新聞編集委員)ご紹介いたします。
◆--------------------------------------------------------------------------------◆
  ずっと、ヨーロッパなどは党派を超えて、共闘が出来るのに、、、、
  なぜ日本は、自分達の所属する党を絶対として●「組織」を守ることが再優先するのか?
  死守すべき「聖域」とするのか???、、、、
  
  これを守ることが先ず最優先するのか? この問題について、私も首をかしげて、
  問い続けていました。
  
  権力に対抗する民衆勢力を分散したら、抗議する訴える力は、弱くなることは当然のこと。 
  何故、不可解なリベラル勢力の、この行動を取り続ける政党」の問題は何なのか?、、、、
  
  「分断して統治せよ」と 世界侵略していった大英帝国の、そして、アメリカ帝国の
  世界の植民地統治政策の歴史を追いかけると、
   
  それを遂行するための、暗躍する勢力の動きが、歴史の実態から浮かび上がり、
   気づくものがあるのではないでしょうか、、、
  
  3・11以降、 本土の 日本国民は、民主主義の独立国ではない事実に、少しづつ気づき始めました。
  日本は、米国の植民地であり、いや、むしろ属国である実像に、少数ですが気づき始めているといえます。

(貼り付け開始)**********************************************************************************h
http://diamond.jp/articles/-/29695/votes

DAIAMONDO  ON LAIN  【第25回】 2012年12月20日 


■中道左派=リベラル退潮の理由
溝埋められぬ旧左翼と市民運動 

山田厚史
 [ジャーナリスト 元朝日新聞編集委員] 
-----------------------------------------

【山田厚史の「世界かわら版」】
◆中道左派=リベラル退潮の理由
 溝埋められぬ旧左翼と市民運動

自民圧勝の総選挙は「中道左派=リベラル」の退潮を印象付けた。米国でオバマ

大統領を支えたのはリベラルであり、フランスのオランド大統領は社会党だ。
格差を生み出すグローバル市場主義に平等志向で対峙する中道左派はなぜ日本で
支持を得られないのか。

http://sys.diamond.jp/r/c.do?kSj_1IgJ_6S_vow

************************************************************************




CML メーリングリストの案内