[CML 021680] Fw: 「成長の呪縛」からの解放、解放の経済学―ローザ・ルクセンブルグ『資本蓄積論』再考

yo3only yo3only at jcn.m-net.ne.jp
2012年 12月 19日 (水) 22:02:09 JST


立川の岩下です。
下記の投稿を行いましたが、本文中、マルクス『資本論』の引用中、ほとんど
180度ちがう引用の間違いをしてしまいました。以下、訂正します。
具体的には、
「●資本の「成長=蓄積」の3条件が、グローバルに消失しつつある」の節中、2行目以下の
引用部分です。下記の「自由に」にという言葉を足して読んでください。

「研究の対象をその純粋性において、攪乱的な付随的諸事情から自由に捉える
ためには・・・」

ご迷惑をおかけしてすみません

From: yo3only 
Sent: Wednesday, December 19, 2012 12:33 AM
To: CML ; Labornet ; 緊急会議 
Subject: 「成長の呪縛」からの解放、解放の経済学―ローザ・ルクセンブルグ『資本蓄積論』再考

立川の岩下です。
表記の文章をBlogに掲載しましたので、ご一読を。
Blog:
http://yo3only.cocolog-nifty.com/blog/

今回の選挙では、排外主義の扇動と、お札の増刷によるインフレ=景気回復
というデマで、自民党や維新が票を伸ばし、小選挙区制のバイアスがかかって
絶対多数を確保しました。
おそらく新自由主義的な政策の下で、差別と低賃金を強いられてきた40歳以下の
若い労働者たちも、いわば一縷の望みを託して自民―維新に引き寄せられた
可能性があります。
政策レベルの討論も重要ですが、そもそも今の世界はどうなっていこうとして
いるのか、どうしたいのか、どこに可能性と現実性があるのかと、もっと話し合う
必要があると思った次第です。
そんな試みの1つとして、ご参照ください。



CML メーリングリストの案内